だいいち

October 12 [Fri], 2012, 19:39

な酒癖から、松尾の子息
むすこ
ともよくけんかしたなぞという旧
ふる
い話も残っていた。
「伊勢
いせ
の方へ行った宮川先生にも、外人 彼女今度の話を聞かせたいね。」
「あの老人のことですから、山吹に神社ができて平田先生なぞを祭ると知ったら、きっと落涙するでしょう。」
「喜びのあまりにですか。そりゃ、人はいろいろなことを言いますがね、あの宮川先生ぐらい涙の多い人を見たことはありません。」
 三人の友だちの間には、何かにつけて旧師のうわさが出た。
 旅籠屋に帰ってから、半蔵らは珍客を取り囲

いて一緒にその日の夕方を送った。正香というものが一枚加わると、三人は膝
ひざ
を乗り出して、あとからあとからといろいろな話を引き出される。あつらえたちょうしが来て、盃
さかずき
のやり取りが始まるころになると、正香
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grllrl4ll4
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/grllrl4ll4/index1_0.rdf