あえて

October 20 [Sat], 2012, 2:54
兇猛な微笑を浮べてゐた。
 火は益
ますます
燃え拡がつた。鳥は苦しさうに鳴きながら、何羽も赤黒い空へ舞ひ上つた。が、すぐに又煙に巻かれて、紛々と火の中へ落ちて行つた。それがまるで遠くからは、嵐に振はれた無数の木の実が、しつきりなくこぼれ飛ぶやうに見えた。
「今度こそあの男を片づけたぞ。」
 素戔嗚はかう心の中
うち
に、もう一度満足の吐息を洩らすと、何故か云ひやうのない寂しさがかすかに湧いて来るやうな心もちがした。……
 その日の薄暮、勝ち誇つた彼は腕を組んで、宮の門に佇みながら、まだ煙の迷つてゐる荒野の空を眺めてゐた。すると其処へ須世理姫が、夕餉
ゆふげ
の仕度の出来たことを気がなささうに報じに来た。彼女は近親の喪

を弔ふやうに、何時の間にかまつ白な裳

を夕明りの中に引きずつてゐた。
 素戔嗚はその姿を見ると、急にロシア 結婚彼女の悲しさを踏みにじりたいやうな気がし出した。
「あの空を見ろ。葦原醜男は今時分――」
「存じて居ります。」
 須世理姫は眼を伏せてゐたが、思ひの外はつきりと、父親の言葉を遮
さへぎ
つた。
「さうか? ではさぞかし悲しからうな?」
「悲しうございます。よしんば御父様が御歿
おな
くなりなすつても
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grlll656l4
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/grlll656l4/index1_0.rdf