そういった

November 05 [Mon], 2012, 2:27

下すと、ピエロの仙次は、可笑
おか
しな身ぶりに、愛嬌をふり撒き、代って救助網を持った小屋掛人足が、意気な法被
はっぴ
を着て三人ばかり出て来るところだった。
 黒吉は、思わず掌

に浮いた脂汗を、迭
かわ
る迭
がわ
る肉襦袢の腿の辺
あたり
に、こすりつけた。
(落ちたら最後だ)
 救助網なんかは、Thailovelinks勿論名のみのものだった。この物々しさは、黒吉にとって、大した役にはたたなくとも、観客の心をエキサイトするには、充分効果的だった。
 黒吉は、ちらりと葉子の方を見ると、黙々と呼吸
いき
を整えながら、一つ二つと数えるようにブランコをゆり始めた。
 やがてそれが、大ぶりになって来ると、丸太組の小屋は、どこからともなく、鈍い軋みの音を、伝えて来た。
(アッ……)
 小屋全体が、一つグンとゆれたかと思った瞬間、黒吉の体は、一つの桃色の
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grl6l565lgf
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/grl6l565lgf/index1_0.rdf