心温まるリフォーム 

October 17 [Thu], 2013, 15:14
私の経験では、お年を召した方の多くが、茶系のインテリアを好まれます。

Aさん宅でもやはりそうなるだろうと予測しつつ、淡いサーモンピンクと、ウォームグレイの組み合わせを20センチ角の現物の色見本でお勧めしました。

「茶系やべージュ系でまとめるより、いっそうリフォームしたって感じになるわ」とAさん。

小旅行でその場に居合わせなかったお母さんからは案系じゃ平凡だもの」と意外な言葉をいただきました。

また、キッチンセットや収納扉の摘みのデザインやガラスの種類までAさん親子の暮らしぶりや好みに合わせてサンプルやカタログで事細かく決めました。

最後に、床の段差はお母様が一日のうち一番よく行き来する居間と和室の床を平らにしたのです。

そして問題の浴室の出入り口は、跨ぎの出来るだけ小さいユニットバスに取り換えることと広い踏み台を設けることで解消しました、また、当然、労母様の頻繁に通る所には手すりをつけました。

人が変わったみたい、床にはもうゴロゴロと物はありません。

「『人間が変わったんじゃないの?』っていわれてるの」そして「もう、お客さまに背を向けずにお話を続けてお料理ができるからうれしいわ」

お互い尊重しあい思いやって、そして生活を楽しんでいるお二人です。

心温まるリフォームでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:希林
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる