コラーゲンの老化

August 26 [Sun], 2012, 14:50
A波と同様、コラーゲンの老化や皮膚がんの要因となります。

皆さんは、シワの原因は、何だと思っているでしょう。

シミを、気にせず、ウィンタースポーツを楽しむためには、しっかりとUV対策をすることが大切です。

そこで、体の中からコラーゲンを摂り、真皮に浸透させるよう努めてみてはいかがでしょう。

電気シェーバーも便利でよいのですが、もともと、ワキの皮膚が鳥肌のようにブツブツとしている人が使うと、傷がついてしまうので、注意が必要です。

添加物が入っていない化粧品を無添加化粧品と呼ぶそうですが、防腐剤や着色料、香料が入っていなくても、刺激の強い界面活性剤を含んでいる化粧品もあり、これでは、低刺激とはいえません。

皮膚の一番外側は、表皮です。

なお、しっかり洗顔をすることで、肌が、乾燥するということも、シワができるということもありません。

ひとつ注意したいのが、抗酸化作用があるから、それだけを食べていれば大丈夫という考えです。

レチノ―ルは、ビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促進し、コラーゲンを増やす働きがあります。

ただ、ビタミンCだけですと、不安定で酸化しやすいため、ビタミンC誘導体として化粧水などに配合されているのです。

また、血管と神経が集中しているので、とても敏感な部分でもあります。

多層式化粧水は、2層以上の層からなっているもので、使用する前に、化粧水を降って混合させてから使います。ニキビケアなどに、よく使われています。

しかし、オイリー肌の気になる皮脂・・・これは、常に皮脂腺から出ており、ホルモンの作用によるものなので、自分で減らしたいと思ってもおさえることはできません。

セラミドは、角質細胞を支えて水分をキープしているのです。
P R
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる