◆ 今日だけは、虚しさに泣こう。

August 01 [Sat], 2009, 0:22


■ そんな悲しみは、はじいてアワと消す ■

I never cry any more,
with such a tiny kindless memory.



* * *



でもやっぱり理不尽で、誰だって哀しいんじゃないかな?



ある日、彼女は自分が悪性の病気であると告げられました。
しかし、毎日をフツウに、むしろエネルギッシュに過ごしています。

が、彼女は、間もなく入院し手術をしなければなりません。
病気の進行を止めるためにどうしても必要なのです。

* * *

彼女は、積み上げてきたキャリアを生かせる職場に転職し、
さぁ、これから頑張っていくぞ!と思った矢先でした。
転職後1年たった頃でした。


病気が分かる前、職場での彼女は、
水を得た魚のように、日々を泳ぎ、成果を見せ始めたところでした。

…これから、でした。


しかし、病を告げた時、
会社は彼女の居なくなったシュミレーションを始め
気がつくと、後任らしき存在が現れました。



仕方ないことかもしれません。
会社にしてみれば、今もそして「その先」も大切です。

しかしながら、
それを知った彼女は、
病に打ち勝って、元気に戻ってくると誓った自らの強い意欲に、
少し陰りが見えたように感じました。


『会社にとっては、私じゃなくてもよいのだ。』


病気になることは罪であり、
将来が確実でない自分は、もう「失礼します」なのかな?・・・



彼女は心の中で一度だけ泣きました。
声をださずに、大きく叫びました。



けれど、
その哀しみを知った時から、
病気になることだけでハンディを背負う社会に、
「リスクばかり考えて、アナタを別視したのは間違いでした。」と
分かって貰える一つのケースになろう、と誓いました。

元気でそこに戻ること。
充電期間を経て、
よりパワーやスキルでふくらんだ自分になること。


今日の悲しみには、今日一日だけを使おう。
明日は、明日の夢のためにとって置こう。




BY ケロ姫


**************************************「らくらく堂」(千葉・東京・神奈川)のカウンセリングでは、
悲しみの心理学(グリーフ・セラピー)をベースにしたカウンセリングや、
研修などを行っています。
ご興味のある方はHPまで。
**************************************


◆ 終わらない想いに苦しむ

July 27 [Mon], 2009, 20:02


■ 答えはあるのでしょうか ■

You are not wrong,
Noboday can say so.


* * *


何が正しくて、何が誤っているか、誰が決められますか?



その女性のご主人は、会社生活での様々な葛藤の中、
うつ病を患い、ある日自殺されたと伺いました。

残された彼女は、子どもたちを抱え、
どれほどひとり頼りない日々を過ごしてきたことでしょう。

それは、経済的なことばかりではなく、
自分自身の心の中で「失った」という想いさえも考える間もなく、
ひたすら日々の生活を繰り返してくるだけだった・・・ということ。

彼女は、泣くことさえも忘れてしまってました、と語りました。


* * *


そんな彼女を、ひと時でも救ってくれたのは、妻帯者である男性でした。
とても優しく、彼女の話をしっかり聴いてくれて、
時々しか会えないけれど、それでも幸せでした。

「悪いことだとは思いません。彼の夫婦関係は冷めているのだから。」と
彼女は強がってはそう、何度も言っていました。

夫を亡くし、それも、突然の、例外的な死で失った彼女は、
自らの希望の光を、そこに見出して生きるしかなかったのかも知れません。


配偶者を失う経験は最大の危機であり、
過酷な挑戦です。
この悲嘆のプロセスは、
時間をかけて遣り遂げなければならない、
人生の重要な課題です。

乗り越えるのにインスタントな方法はありません。

(A.デーケン氏著より)


お話を聴くたびに、彼女は揺れている様にも見られました。
「確かなものではない」事を、
本人が一番感じているから不安なのでしょう。
ですが、
彼と別れることは、もっともっと不安で怖くて出来なかったのです。
そこにまた、再び彼女の「喪失」があるからです。
相談に来るたびに、彼女はその恐怖を語りました。


一般的な倫理観からすれば、とんでもないことでしょうか?
ヒトノモノをトルナンテ・・・



人の関係はなんて複雑で哀しいのでしょう。

ひとつの悲しみから逃れるために、
次の悲しみを抱えようとしてしまう。

誰か、この絡んだ問いの正解を見つけられますか?


BY ケロ姫


**************************************「らくらく堂」(千葉・東京・神奈川)のカウンセリングでは、
悲しみの心理学(グリーフ・セラピー)をベースにしたカウンセリングや、
研修などを行っています。
ご興味のある方はHPまで。
**************************************


◆ 喪失感は、その人のもの。

July 21 [Tue], 2009, 18:40


■ ひとつとして同じ悲しみはないから ■

I maybe cannot understand your everything,
but I could know myself.


* * *


毎日、毎日、小さな喪失が繰り返され、そして溶けていく人生。


気がつかないだけで、心の中には弾けている傷みや苦しみがあるのです。

・伝わらなかった想いを乗せた、別れた人への言葉への後悔・

・頑張ったけど認められなかった、ささやかな努力の後のテスト不合格・

・セールス成績を上げて自信があったのに、不景気によるリストラ・



その人にとってはどれも辛い、虚しい、哀しい。
だけど我慢する、「平気だもん」って言って涼しい顔で過ごす。

自分でそう決めたから?

人に迷惑をかけたくないから?


* * *


自分でも気がつかないうちに、心が風化している。

悲しむことを拒絶したり、現実を見ないようにしたり。
まるで何もなかったようにして毎日を繰り返す。



悲しみのステップを理解していたら、
その時の自分を少し客観的に傍観してみることができるのかも。

「悲嘆の心理学」
グリーフ・セラピー
「喪のしごと」



扉を開いて自分の中をのぞきこむ勇気があれば、
きっと最後に希望が見えてくるはずだから




さぁ、そろそろ
過去に私の出会った様々な「喪失」を、少しづつお話初めてみましょうか。



BY ケロ姫


**************************************「らくらく堂」(千葉・東京・神奈川)のカウンセリングでは、
悲しみの心理学(グリーフ・セラピー)をベースにしたカウンセリングや、
研修などを行っています。
ご興味のある方はHPまで。
**************************************


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:グリーフセラピスト◆ケロ姫
読者になる
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★1クリックで応援を!★
カウンセラーブログランキング


★1クリックで応援を!★
毎回クリックしてくださいね。


★1クリックで応援を!★
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


★1クリックで応援を!★
毎回クリックしてくださいね。



最新コメント
アイコン画像六兵衛
» ◆ 今日だけは、虚しさに泣こう。 (2010年06月05日)
アイコン画像あら吉
» ◆ 今日だけは、虚しさに泣こう。 (2009年08月02日)
アイコン画像ケロ姫
» ◆ 終わらない想いに苦しむ (2009年08月01日)
アイコン画像らんぷです
» ◆ 終わらない想いに苦しむ (2009年07月31日)
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/grieftherapy/index1_0.rdf