lglgrlltl

July 30 [Mon], 2012, 14:26
と思った事はなかった。もろ肌を脱いで石鹸で磨
みが
き上げた皮膚がぴかついて黒縮緬
くろちりめん
の羽織と反映している。その顔が石鹸と摂津大掾
せっつだいじょう
を聞こうと云う希望との二つで、有形無形の両方面から輝やいて見える。どうしてもその希望を満足させて出掛けてやろうと云う気になる。それじゃ奮発して行こうかな、と一ぷくふかしているとようやく甘木先生が来た。うまい注文通りに行った。が容体をはなすと、甘木先生は僕の舌を眺
なが
めて、手を握って、胸を敲
たた
いて背を撫

でて、目縁
まぶち
を引っ繰り返して、頭蓋骨
ずがいこつ
をさすって、しばらく考え込んでいる。「どうも少し険呑
けんのん
のような気がしまして」と僕が云うと、先生は落ちついて、「いえ格別の事もございますまい」と云う。「あのちょっとくらい外出致しても差支
さしつか
えはございますまいね」と細君が聞く。「さよう」と先生はまた考え込む。「御気分さえ御悪くなければ……」「気分は悪いですよ」と僕がいう。「じゃともかくも頓服
とんぷく
と水薬
すいやく
を上げますから」「へえどうか、何だかちと、危
あぶ
ないようになりそうですな」「いや決して御心配になるほどの事じゃございません、神経を御起しになるといけませんよ」と先生が帰る。三時は三十分過ぎた。下女を薬取りにやる。細君の厳命で馳

け出して行って、馳

け出して返ってくる。四時十五分前である。四時にはまだ十五分ある。すると四時十五分前頃から、今まで何とも無かったのに、急に嘔気
はきけ
を催
もよ
おして来た。細君はjapanキューピッド水薬
すいやく
を茶碗へ注

いで僕の前へ置いてくれたから、茶碗を取り上げて飲もうとすると、胃の中からげーと云う者が吶喊
とっかん
して出てくる。やむを
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:glglrelgel
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/grglrl45l4/index1_0.rdf