痛風と外反母趾

August 19 [Mon], 2013, 14:34
外反母趾と痛風の症状の異なる点は、外反母趾は歩いて患部を動かしたときにのみ痛みを感じますが、痛風は安静にしていても激しく痛みます。「痛風ではないか」と病院に来た女性の患者さんの大半は外反母趾です。親指部分で支えるべき体重は親指付近の角質や関節で支えれられることになってしまうのです。こうなると徐々に親指が変形し始めますので、靴を履いていないときでも痛みを感じるようになってしまいます。

痛風は生活習慣病である
外反母趾の治療は、まず足の関節に負担をかけない、幅のゆったりした靴を履くことです。必要ならば、靴を履いたときに足の親指を保護する専用のサポーターを使用します。痛みが激しいときには、湿布をしたり、非ステロイド系抗炎症薬による薬物治療を受けます。関節の変形が激しい場合には、手術で修正する必要があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grey5jt
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/grey5jt/index1_0.rdf