狭心症のくすり 1 硝酸薬

July 09 [Wed], 2014, 19:07

狭心症につかうお薬、まず1つ目が、硝酸薬です



胸痛の発作が起きた時に瞬時に使われるのものこの種類の薬です


硝酸薬の

作用は2つ・・・冠動脈の拡張作用→心臓に酸素を供給する


硝酸薬・・




発作時に使いますが、効果は1〜2分で現れます!そして10〜30分効果が持続します。
口腔スプレーも同じく発作時に使います。口の中にスプレーして、口腔の皮膚から吸収されます。

効果は30分〜1,2時間で現れ、持続時間は薬によって違います。(半日、1日、2日)毎日貼る場所を少しずつ変えていく事がかぶれ防止に重要です。
注射剤は静脈注射です。




<↓特徴とポイント↓>
胸痛発作に舌下錠でよく使われる薬。ただし唾液が少ない高齢者などには口腔スプレーが処方されることもある。
発作のない安定期は、硝酸薬の慢性投与をするとお薬が効きにくくなる事があるので(耐性h)、間欠投与されることもある。
バイアグラとの併用は絶対にダメ!!!(バイアグラも硝酸薬も同じルートで末梢の血管を緩めるので、併用すると過度の重篤な低血圧になる)

<副作用>
頭痛。(血管の拡張作用によるもの。投与1〜2週間で何ともなくなる事が多い。)

<まとめ>
硝酸薬は、狭心症治療の目的である 心臓に酸素を供給する・心臓の、酸素必要量を減らす というどちらにも貢献している
色んな剤系がある(舌下錠、スプレー、注射・・・)
バイアグラなど巨人倍増不全治療薬との併用は禁忌
↑ここら辺が重要だと思われます

次回は狭心症のくすりの2つ目。Ca拮抗薬 についてお話します。
お楽しみに〜(´∀`∩

↑ 1クリックお願いします






狭心症のくすり 2 Ca拮抗薬狭心症のくすり  概論
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:greghrhfh
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/greghrhfh/index1_0.rdf