アロマバス(全身浴、部分浴)

October 12 [Tue], 2010, 2:17
 エッセンシャルオイル成分を入浴によって取り入れる方法です。筋肉の弛緩、こりをほぐす、リラックスなど普段の入浴にアロマ効果を取り入れることができます。エッセンシャルオイルを好みや目的に応じて選びかきまぜてから入浴します。

 肌質や好みに合わせてミネラル塩(デッドシーソルトなど!)、乳化剤、クレイ、キャリアオイルなどとまぜ利用されることも多く、ハーブとの組み合わせも効果的です。

 一般的な家庭のバスタブでは、1回の使用量はエッセンシャルオイル5滴程度にしてください。高濃度でエッセンシャルオイルを使用した場合、肌荒れなどを引き起こす可能性があります。サイプレス、ジュニパーなど皮膚刺激が高めのものは使用を少なくしましょう。

 手浴、足浴、座浴などの部分浴は冷え性の方(部分的に冷える方)にオススメです。2〜3滴のエッセンシャルオイルを熱めのお湯の中にいれかき混ぜ入浴しましょう。



エッセンシャルオイル・オーガニックハーブ販売の『グリーンシップス・アロマ』

フェイシャルスチーム

October 11 [Mon], 2010, 3:36
 芳香浴のひとつとしてボウルや洗面器にエッセンシャルオイルを垂らして行うフェイシャルスチームがあります。お湯(70〜80℃)を張ったボウル、洗面器にエッセンシャルオイル1〜4滴を垂らし、湯気と一緒に芳香と揮発した成分を吸い込みます。(5分程度)

 エッセンシャルオイル成分の鼻からの吸入、のどや鼻のケアを目的として行います。また、毛穴を開かせ老廃物や汚れを取り除くなど、美容にも効果があると言われています。

※行う際は必ず目を閉じておこなってください。エッセンシャルオイルの成分が目の粘膜を刺激することがあります。
 
※敏感肌の方は量を減らす、時間を短くするなど注意してください。
  顔は特に肌が敏感ですので高濃度のエッセンシャルオイルにてフェイシャルスチームを行うと荒れることがあります。

エッセンシャルオイル・オーガニックハーブ販売の『グリーンシップス・アロマ』

芳香浴(香りを拡散させる)

October 11 [Mon], 2010, 2:32
 エッセンシャルオイルを空気中に拡散させてリラクゼーション効果、浄化効果を得られる方法です。主に使用される道具として、アロマライト、アロマポット、ディフューザーなどがあります。エッセンシャルオイルの香りを嗅覚を通して体内に取り入れることで、香りによる癒し、エッセンシャルオイルの持つ成分効果が期待できます。



・アロマポット
 ポット型のエッセンシャルオイル拡散器で、水を張ったトレイ部分にエッセンシャルオイル数滴をたらし下からロウソクやキャンドルで温めることで成分を拡散させるものです。ただしロウソクをなど火を使用するため引火の危険性もあるほかススなども室内に広がることがあります。

・アロマライト
 電球の熱でエッセンシャルオイルを温め、成分を室内に拡散させるものです。アロマポットと違い火を使用しないため安全で、子供やペットのいる環境での使用にオススメです。

・アロマディフューザー
 熱を使用せずに香りを拡散させるタイプのツールで、超音波で冷たいミストを発生させる『超音波式』、タンクの水を加熱し熱いスチームを発生させる『スチーム式』、空気を送りエッセンシャルオイルそのものを拡散させる『エアー式』があります。
こちらも熱を使用しないため安全に使用できます。最近人気のタイプです。

 芳香浴においては雰囲気はアロマポットがよいですが、家などで使用する際は安全性も考えアロマライト、アロマディフューザーがオススメです。

※写真はアロマライト

エッセンシャルオイル・オーガニックハーブ販売の『グリーンシップス・アロマ』
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:greenships
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/greenships/index1_0.rdf