aiko LIVE【Love Like POP vol.13】

May 13 [Thu], 2010, 18:30
【セットリスト】

milk
帽子と水着と水平線
ヒカリ
シャッター

YELLOW
リズム
カブトムシ
恋人同士
二時頃
夏服

―メドレー―
雲は白リンゴは赤
なんて一日
オレンジな満月
花火
相合傘
指先
―メドレー終了―

beat
キスが巡る
二人
ジェット
トンネル

♪〜アンコール〜

夏が帰る
えりあし
向かい合わせ

テゴマス2nd ライブ テゴマスのあい セットリスト

May 01 [Sat], 2010, 18:30
音色
ら・ら・桜
キミ+ボク=LOVE?
ミニMC -挨拶-
ミソスープ
Chocolate
What's going on?
ミニMC
もしも、この世界から○○がなくなったら
花道からセンターステージへ移動して
片想いの小さな恋
アイアイ傘
ミニMC 
はじめての朝
ケセナイ(テゴソロ)
みんながいる世界をひとつに愛をもっとGive&Takeしましょう(マスソロ)
僕のシンデレラ
MC
Chu Chu Chu!
パスタ
はなむけ
ぼくらの空
HIGHWAY
チーターゴリラオランウータン

★アンコール
夜は星をながめておくれ
キッス・帰り道のラブソング

テゴマス1st LIVE TOUR2009〜テゴマスのうた♪〜そのC

January 25 [Mon], 2010, 21:44
アイアイ傘

タワーステージがかなり高い所まで上がっていく
PVの柔らかさ・優しさがLIVEでも十分感じられた^^

「ちゃんと今日は〜」で背中合わせだった2人が高い所でクルっと振り返る姿に萌え。(その後も何回か確認するようにアイコンタクト取っている姿にニッコリ)

この曲のハモリがすごく好き、聴いていて気持ちよい。
テゴシさんも顔以外は汗いっぱいかいているのに顔はうっすら。それに比べてまっすーはお顔テッカテカ^^

僕らしく
まっすーソロ→デュオ→テゴに歌のタッチ部分の「♪あぁ〜僕なんて」の時の「あぁ」のまっすーの表情が好き。
偶然にも!?テゴシさんが左利きさんなのでお互い自由な手が外側にあり、高い所の両端に立って手を動かしながら唄う2人が、代々木の客席を包み込んでくれている感じが+力をくれる歌詞がいいなぁ〜。

終わらないで
画面観ながらいつも一緒にクラップです
良い意味でバンド臭い感じがして大好き!!うちわやペンライトではないよなぁ〜うん。

ちょっとお客さんの間から映したカメラワークや遠目から2人を映したりそんな所もバンドっぽい(でも色紙を投げているのはアイドルっぽい!?)
マイクを通さずにまっすーはよく「ありがとう」って言っているのだけど、ここでもいっぱい言ってたね^^

♪負けたくないのさぁ〜
♪今は出来ないさぁ〜
のフレーズの「さぁ〜」の増田さんの歌声が凄くすき。たまにこの部分だけリピートするくらい好き。

「今は出来ないさぁ〜」の部分は画面に映る表情もなーんか好き。


キミ+ボク=LOVE?
曲始まった時の↑↑ポーズのまっすーがかわいぃなぁ^^
風船がとーっても似合う20代男子の2人。

まっすーが巨大風船を持ってぐるんぐるん回る所が頼もしさを感じていいなぁ〜。こういうのって男性しか出来ないもんねぇ〜^^
この曲はファンもはしゃげる曲で大好き。

テゴシさんがお馬さんから立つほど何を見つけたのかが知りたかったり。
マスダさんが、肩をすくめる表情が可愛かったり^^

ファビアーナにまたがって腰振り振りのテゴシさんだったり
ステファニーのお尻を‘ナデナデ’するマスダさんが可愛かったり^^

まっすーは、お馬さんに乗ると必ずステファニーとスキンシップとってたねぇ〜^^

そういうところ良いと思います☆


★アンコール
片想いの小さな恋
これアンコールの1曲目にしたのが凄くツボでした。
zoppさん作詞の逸品に、コメントはいらないなぁ〜と個人的に思っていたの*^^*
イントロが流れてきただけで、この曲の世界に入り込める。

本当に大好きな1曲。

以前zoppさんのBlogで片想いの小さな恋→アイアイ傘→キッス〜帰り道のラブソング→ミソスープ→ただいま おかえり とストリーある曲達と聞いて、ますます好きになった曲。
せつなく優しい歌声が染みてきてステキだったなぁ〜。

挨拶
まっすー→ちょっと息切らしながらも、ゆっくり自分の言葉で話すまっすーの姿がいいなぁ〜と。
テゴ→この時間は会場中にいる人みんなが同じ持ちで「一緒に楽しもう〜」ってお互い思い合ってるってことは絶対間違いないと思っているので・・・というコメントがステキだなぁ〜

「とりあえず言いたいのはね・・・」とマスダさん話始める(ちょっと苦笑)
そうそう、「明日からもテゴマスの歌を聞いて毎日笑顔で過ごしてほしいと思いマス」  
うんうん、私も毎日聴いて笑顔で過ごしていますよ^^
そしてDVDが発売されてからは、転んだまっすーを観て笑顔で過ごしていますよ^^

映像撮りの時に転ぶなんて、そしてniceなアングルで撮って下さっているカメラさん、good jobです

キッス-帰り道のラブソング-

もうとろけるような曲順。

テゴシさんが「2人きりの公園〜」と唄いだしただけで胸が熱くなった、こみ上げてきそうになった。

途中で「唄って」というテゴシさん。会場中の歌声が気持ち良い。

テゴマスの2人もとーっても優しい表情をしている。

大阪ではなかったけど、まっすーが下を唄ってくれて、ハモッたんだよねー♪嬉しいことよねー。

こういうniceな事をサラリと出来るまっすーがステキ。

挨拶して最後に2人で階段を上っていく姿を観て感動して、嬉しくなって

ピッタリ横に並んで、2人のTシャツのサイズの違いにニコヤカになれる瞬間がとっても幸せ^^

ずっと

大阪の2部でも福岡3部でも唄ってくれた「ずっと」

【ますてご】と呼んでいた時から唄われていた大切な曲の1つ。

テゴマスにとっての初心の1曲を最後に唄ってくれて、またここから次に向けて歩いて行けるねーっ。

このDVDを観て改めてテゴマスの2人って本当に確かめあうように、見つめあうよね^^

私すっごく好きなの。

そりゃぁ〜客席を観て、視線がドンピシャで勘違いってのも嬉しいと思うのよ、うん^^

それと同じくらい2人が見つめあって確かめあっている姿は嬉しいのよねー。

-------------------------------------------------------------------------------- 
「ジャニーズは1stLIVEは映像として残る確率高い」と言われてきたので、「出るな^^」と思ってはいたものの、何があるかはわからない、大人の事情が多い昨今、ちゃんとリリースされ、こんなに早くに映像化になるってのが嬉しくて嬉しくて。

大阪で観た時に、個人的にはとっても好きな演出で感動しまくったのだけど(Happy Lifeを送っている私にまっすー株復活並に急上昇してくれたのは、大阪初日からですからねー)、踊らないし、テゴマスの2人だけだし・・・ジャニファンには受け入れられるか勝手に心配していたけど、そんな心配する事なんて全然なくって、私が廻ったBlogやHPでは大絶賛の声ばかり。
音だけで勝負した、このLIVEが受け入れられるっていうのは、テゴマスの気持ちがちゃんと伝わった証拠だろうなぁ〜^^
本当に素晴らしい時間を夏をありがとう。そして映像に残して下さった事であの夏が笑顔をいつでも思い出すことができる事が本当に嬉しい*^^*

ようやくLIVE本編書き終えた^^;

テゴマス1st LIVE TOUR2009〜テゴマスのうた♪〜B

January 24 [Sun], 2010, 12:05
チキンボーヤ
この曲は初めて聴いた時からすっごく好きで、まっすーの表情が目に浮かんでたの。
どんな風な構成なのかなぁ?というのが楽しみだったのだけど、柔らかくてキラキラしたスクリーン、ステージの下からあったかい光(オレンジ&黄色)が照らされていてすごくステキだった。
このステージ改めてDVDで見ると素晴らしいねー、「テゴマスのうた」の文字が浮かびあがったり、下からの照明色で全然ステージの雰囲気が違う。こういうのをDVDで見ると「あぁもっとLIVE行ってこういう部分もキチンと観たい」と思ってしまうのですよね…(あかんあかん^^;)

歌の巧さが気持ちが充分過ぎるほど感じられて、あったかい気持ちになれるね。
あの頃この曲を感じながら過ごせていれば…なーんて昔を振り返ることもあったり。
ありがとう、ありがとう、だいすき」この言葉に全てが詰まっているよ、増田さん*^^*

MC
「今聴いてもらったのがチキンナゲット・・・という曲なんですが…」というまっすー。
「うーーーん^^;(このギャグに笑った方がいいの?)」 きっとこのギャグ色んな会場で言ったのだろうな。それに、毎回きっとテゴシさんは付き合ってくれたんだろうな(笑) DIAMONDツアーの時に「○万人の人が明日何するのー?NEWSのコンサートに行くって凄くない?」の話にこやしげに「ほんとそれ好きだねー」と呆れられた事を思い出してた^^;

・テゴに仮歌を「♪ラーラーラーで仮歌みたいに唄ってみて」と増田さん。「えっ?」とちょっと解らなかったテゴシにマイクはずして「♪ラーラーラー」って唄うまっすーの声もステキ。
ほんと、歌に張りがあって勢いも感じたのに、よくあれだけ柔らかい歌詞が書けたもんだねー^^

しかし、「歌詞の感想をテゴシから返事がない」の件。
まっすーって結構執念深い(!?)よねー。これと、「オレを置いてツアー中皆で外出した」のは、あちこちで読んだりしたもんなぁ〜/笑(DVDのテゴマスのうらでも話してますが…^^;)

・MCなのにお客さんを座らせているのを忘れているのに気づくテゴシさん、「話余中なんですけどまたお客さんが立ってい聞いてくれてる」 一瞬わかってなくて気づいて「あれ?」な増田さん^^;
その後の言い訳っぽい言い方のまっすー、その後タオルで頭ガシガシするまっすー、自由だなぁ(笑)

・歌詞を読んでくれたプロデューさんが「おっ、いいんじゃない?」に「マジっすかぁ〜!!」の増田さんがさっきの「馬なんて天才!!っつて」と同じポースの小さくガッツポーズ!?みたいな動きを^^

・「また来年あたりやりたいですねー」のテゴシさん。うんうん^^
・「次の曲の準備ちゃんがありますんで」「ちゃんづけ」はいつもテゴシさんからなのね^^

ら・ら・桜
私はスウェーデン盤をLIVEの後にGETしたので、LIVEで初聴きしたのだけど、とってもPOPで映像の満開な桜が綺麗で凄く華やかだった。

テゴがギターで、まっすーがタンバリンと楽器に挑戦。
何といっても2人がバンドの皆さんと絡んで楽しそうで楽しそうで^^

まっすーはこの曲だったかなぁ?コーラスの川村さんとアイコンタクトしたり微笑みあったりしていたなぁ〜。

What's going on?
ここから一気にテンポUPな曲が続きます!!ここからの流れが好きな人結構多いよねー♪
最初の「What's going on?」のまっすーの声がCDのようにもう少し枯れていたら直よかったのになぁ〜。
と思っていたら、いきなり増田さん水分補給にタオルでガシガシ(気合の表れ?)

この曲のまっすーの振りが好きでねー。
・「♪変身が上手くできなーい」での変身ポーズ。 ちょっと切れた感じではあるけど映っててよかった^^
・「あぁこんな時でもお腹空いてきたー」お腹ぽんぽん叩く所も凄く好きでね(私もCD聴いてた時からお腹ぽんぽん叩いてたんだぁ^^)
余談ですが、私もまっすーに負けないくらい(ついで言うとラチくんにも負けないくらい!?)普段から話す時によく手が動いているんだけど、そういう人の手の使い方って似てるのんだろうね?
前からラチくんやまっすーを見ていてふいに出る手の動きが「おっ!」と思う事があるのだよ^^

Chocolate
この曲は聴けば聴くほど「難しい曲だなぁ><」と思って聴いているの。
でもDVD見て、すっごく完成度が高くって感動した。
テゴシさんの声の厚みがとっても利いているなぁ〜。
大阪で聴いたのより、福岡より(ついで言うと少クラで聴いたより)この曲はこの代々木が1番私的に好きかな

HIGHWAY
・「こやしげ」も好きな曲
・小山が「テゴシがradioをレディオと唄っちゃってるのに食いつく曲」ですよ(大阪でのMCにて)
テゴマスの2人もノリノリだったな。
特にテゴシさんが「♪いつか聴いたメロディ」や曲間で激しく身体揺らしているのを観るのが好きだった。(ホールはそんなに移動がない為、結構ノリノリで踊ってた)
まっすーのシャカリキに手を左右に動かすところ、「♪また繰り返すきーっと」のありったけの声で唄っている所「全身で全霊で」ですよ、ほんと・・・。

「テゴマスのうら」で千野さんかな?リハの時に「CDをもう一度聞いてみて・・・」なお話をされていたけれど、このDVDを観てCDを聴くと改めてliveバージョンは曲のテンポがめちゃ速い。
ぶわっと汗も出ますわな…(次のファンタスティポでは一気にぶわーっと汗が)

ファンタスティポ
イントロが流れた瞬間「ぎゃぁ〜☆」と大騒ぎだった私たち。
まさか・まさかのファンタスティポ。この曲を選曲したこと自体が素晴らしい!!
基本、トラジハイジの振付をしていた2人。
大阪ではDVDよりもっとキチンとしていた、福岡ではDVDよりもっともっと自由になってた(笑)
福岡の時は変にジャンプしたりしてたっけ??
アリーナではお馬さんで後半移動だったけど、ホールではずーっと踊っているので(はしゃいでいるので?)、体力の消耗も半端ないかんじだったな(笑)

「少クラプレミアム」で流れたこの映像を観て「(DVD)出る?出る??」と期待させてくれたんだった。(少クラプレミアムで流したのと同じ映像だったねー
LASTの決めポーズのまっすーがおもしろすぎ(笑)

MC
・「ぜーぜーっ」ていうよりもっと喉から雄たけびのような??
「ちょっと休憩します」に全部濁音ついてて「ち゛ょ゛っ゛と゛休゛憩゛し゛ま゛す゛」で座り込むまっすー(それが正座なの^^)、すげー顔だな・笑。
まっすーはテゴマスではNEWSとはまた違った自由気まま人、こんな姿が見れるの嬉しいね(笑)

---続---

テゴマス1st LIVE TOUR2009〜テゴマスのうた♪〜A

January 21 [Thu], 2010, 22:27
MC 
「どうでしたか?」のテゴ。
きっとこの2曲の反応を見て、感じて確信したことって多かったんじゃないかな?

アルバムを1年くらいかけて作ったとのこと。
普通はそんなに時間かけないものなのかなぁ?
歌を大切にするテゴマスだからなの??

サイドステージの事を「サイドちゃん」というテゴマスがかわいぃ
そして何気にこれから起こることを言っちゃってるまっすー・・・(ここめっちゃ滑ると)
MCがゆるーいあぁ。
トロッコで移動のまっすーが親近感あってよいなぁ〜(どーもーとか、腕上げたり・・・ね)
タオルでガシガシ頭拭く姿も映ってた^^ (コンサートでMCになる度に水分補給か、前髪ビシッと分けてるか、タオルでゴシゴシしていた増田さん、このガシガシ拭いている姿が妙にツボでした)

砂時計
しっとりあったかい気持ちで聴いていた。
この曲を初めて聴いた時に「バラード嫌いじゃないけど、マステゴ(当時はこう呼んでた)はどうして似たようなバラードばっかなんだろう?」と思ってたこともあったけど、聴きこむとほんとーに良い曲で好きなんだよね。

もしも僕がポチだったら
私的にこの曲が1番テゴマスの声の差を感じる曲なのです。
彼らが犬として・・・(笑)
まっすー犬は、キューンと怯えて小さくなってしまうようなワンコのような子犬
テゴ犬は、自分を主張するようなワンちゃんのような声
わっ・・・わかる??(笑)

それなのに「届けないと僕の大好き」では
ワンコのまっすーが胸をトントンと叩いて意思を見せ、ワンちゃんのテゴは胸に手をやるという反対なポース。このギャップを同時にする2人って凄い!!っておもた。

「♪もうつまらなーい」等のハモリより、「届けないと僕の大好き」の同じメロディーを唄う所の方が好きなの。

そして(まっすーの)‘ツーっ’と顔の汗が落ちてくのにドキっ。
LASTのかけあいでの歌声、「ありがとございまーす」とマイクを通さずに言ってるまっすー^^

たったひとつだけ
DVD急にこの曲で音大きくならない??

そしてテゴシさんの歌が不安定^^;
明るくわらって〜」とか「返信ないな、もう寝たのかなぁ><」なまっすーがよいね^^
滑るセンターステージを通って、場所移動の時は腰を落としてスケート滑っているように移動

甘えてほしいな」、まさかのネコちゃんポーズなまっすー(ちょっと萌え)

そしてそしてセンターステージに戻っての・・・
増田さんまさかの‘スッテンコロリン’(爆笑)

あんなに派手にコケタ成人男子かなり久しぶりに見た気がするー(笑)
まっすーがコケタ」とは聞いていたけど、こんなに派手なコケ方しているとは思わなかったよ@@
かなり面白い、めっちゃ面白い、久しぶりにTV画面みて大爆笑でした。

テゴに手助けされて「ありがと」と言った後の‘ぴょん’と上がっている右足がかわいぃね^^
エアー花道あたりでは、ぴょんぴょんしているけど、絶対まっすー動揺してると思う(笑)

いやー、DVDでよかったわぁ〜これビデオだったら、見すぎてこの部分が1番最初に伸びてるやろな(爆)

そしてこの曲ホールツアーでは、2人のラブラブ度が観れたのですよね。
私は福岡でしか見てないけど、結構まっすーが攻めてました…てへ☆


僕のシンデレラ
この曲でのテゴマスちゃんはほんとーにかわいかった^^お馬さんを考えたまっすー、あーた天才!!

CMでも流れている「頭抱えて‘あぁ〜〜’っ」の顔のまっすーはきっとこれからも好きな表情BEST10に入り続けるだろうな!ぐらい大好き!!

そして「どこへ旅立ってしまうの僕のシンデレラ」のへの字口がかわいぃ^^

テゴマスちゃんすれ違ってのハイタッチにほっこり^^(それも結構前からタッチする準備している姿がよいねー)

お馬さんのお尻ペンペンに集中しすぎて、テゴシさんに「マスダさん唄ってください!」と注意されるまっすー。
これもテゴマスだからかなぁ?かなり珍しい光景かと。

最後は後ろ振り返り・振り返り・返りのまっすー。福岡では後ろではなく、横向いて・向いて・向いて 最後捌けるギリギリの所でも振り返ってた(笑)

MC
「よーしよしよしっ」とムツゴロウさんのようなまっすー。そしてチラっとテゴを見る(テゴシさんの方よね)まっすー。止めてほしかったんだよねー(笑)
「降りなさい」で「はいっ」とお返事のよいまっすー

そして自ら「いやー、まさかのマスダスリップですよー」の後の「あぁ〜転んじゃったなぁ〜」と軽く凹んでる声に萌え。

「お馬さんをまっすーが考えた」という話の中で「皆も受け入れてくれた感じ??」「馬なんて天才!!っつて」の表情がヨチくんみたい〜って私1人萌え萌えなんですが!!!(ヨチくん大好き)
まっすーを見てヨチくんみたいって初めて思ったよ!


「アイデアの宝箱」から次の曲「チキンボーヤ」の話を・・・

----続----

テゴマス1st LIVE TOUR2009〜テゴマスのうた♪〜@

January 20 [Wed], 2010, 21:20
DVDの感想を書こうと思うのだけど、自分が見た公演で感じた事も併せて書こうと思う。
ちなみに・・・大阪公演観た日の日記→2009.7.22
福岡公演→2009.8.20

私が見たのはツアー初日の大阪2部と、オーラスの福岡(1部・3部)
アリーナとホールクラスと両方観れたのは嬉しかった(Pさんありがと/私信)
この1カ月テゴマスバンドが回を重ねるごとに信頼感が深まり、楽しんでステージに立っているのはすごく感じたけど、歌の完成度は大阪初日からかなり良かった。

ミソスープ
DVDでも感じたのだけど、アリーナで見たときは後光がさすような神秘的な感じがして、ホールではそこにいるというシルエットがドキドキわくわくさせてくれた。
徐々にオレンジの照明が強くなっていくのがあったかさを感じさせてよかった^^

聴きなれたこの曲を1曲目にしてくれたからか、緊張っていうのがスーッと通りすぎた感じがしたなぁ。
テゴマスの歌声は1言・1音とってもあったかいので、このソフトバラードな曲がほんと染み込んでくる。
福岡LASTでは「1曲1曲大切に楽しんで聴こう〜」って思ってたな。

時折みつめあう2人や、「届いたよの電話♪」でいつもの歌詞に合わせての振りをするまっすーが映っててよかった^^(まっすーの歌詞に合わせての振りが好きなのデス)
最後のハモリもステキ

マルイチカラ
「マルイチカラを〜」あたりで、腰を振り振りするテゴシさんが好きだったり
ニッコニコのテゴシさんが好きだったり、「届くように〜・回せるように〜」の上ハモなテゴシさんの声が好きだったり、手をあげるように盛り上げてくれる姿が楽しかったり、ちょっとこの曲はテゴシさんの軍配!?があがるのデス。

この曲聞くとトロッコに乗ってるテゴマスを思い出すのだけど、何のツアーだったかなぁ??


僕らのうた
私はほとんど手ぶらでコンサートに参加しているのだけど、この曲手拍子するのがすごく気持ちよかった^^
テゴマスも煽ってくれたから、結構手拍子している人も多かったなぁ。
最初の歌詞なしで歌う所(スキャットでいいのかな?)から、大好きな曲。
曲に合わせて身体揺らすテゴマスも好き。
DVDでテゴシさん、少し歌詞やばい所ありました…ね^^;

2人が見つめあってハモルのが気持ちよさそうだなぁ〜^^
最後は2人の間に;と ステキ。

MCテゴシさんの声が高い!
「マスダデス」とテゴに‘マス’の形を作りながら横歩きするまっすーがカワイすぎる!
「楽しむ準備は出来てますか?」の後に「足りないです、足りないです」と冷静に言うまっすーがオトコマエ。
その後の「僕たちは出来てます」のSっけたっぷりな顔がオトコマエ。


七夕まつり
CDだとまっすーの声からだけど、このイントロよかったなぁ〜
テゴシさんの歌い始めのドラムのリズムもよい

「七夕まつりが〜」あたりでまっすー身体をねじらせるような(でんでん太鼓のように)動きが好きだったのだけど、代々木では少なかったのね><

はなむけ
これ生で聴いて感動した1曲。
とっても柔らかい歌声で、音域の広い曲だから低音の優しさと高音の伸びやかさがステキで、2人の声がとっても伸びやかで、この2人にしか出せない声と感じて、気持ちよくって、もぉもぉ〜と胸がキュンキュンする曲。

雨のち晴れ
ブランコ〜!!この曲でブランコは反則!かわいすぎっ!!!
福岡ではブランコは上下に
まっすーはいつも足をぶらぶらさせてたね☆
てか、まっすーはフライングでも足大の字だし・・ね^^

客席から見て、右側(上手側)にまっすーが、左側(下手側)にテゴがいるので、ヘッドフォンで聴くのとちょっと同じような思い込みをして、それはそれでシアワセだった^^

POWER OF EARTH
この曲アルバムで聴いてた時から大好きだったの*^^*
「さぁ〜足踏み鳴らせ」で力強く足ふみするまっすーが好きだったなぁ〜^^(DVDではちょっと力強さが足りない、残念><)
こういうメッセージ性があって、力強い曲もテゴマスってすごく似合ってると思う。


くしゃみ
CDで聴いてた時に「せつない><」と思ってたのだけど、大阪で聴いた時に一気に心奪われた曲。
CDで聴いて想像していた以上にまっすーがせつなく唄っている表情がドキュンときたわぁ〜><
毎回「まっすー泣いてる?」と思うほセツナクテ・セツナクテ・・・;;
「♪LOVE LOVE LOVE LOVE ・・・」の歌声はちょっと掠れて絶品だった!!
この曲は完全に増田さんの心ロックオンでしたな(はは♡)

そしてDVDでの
ギターを弾く千野さんの手からまっすーの表情へ
まっすーの背中からテゴの表情へ このカメラワーク最高です!!

サヨナラ僕の街
この流れ素敵だねぇ〜大人だねぇ〜。
くしゃみでは向かい合ってた唄ってたのが反対むくテゴマス。「くしゃみ」でちょっと女々しかった子が、「サヨナラ僕の街」で想い出を胸に前に進む的な演出だったのかなぁ?
そしてステージ全体を映している照明がキレイよねー。
テゴシさんのスキャット凄く素敵だったなぁ〜。それを身体揺らしながら雰囲気ある表情のまっすーもステキでした。

---続---

雨の日の森の中@感想 vol.1

December 02 [Wed], 2009, 21:30
暗転の中、ノボルの引き笑いが会場中に響き渡り・・・。
スポットライトがあたり「でねっ!ボク言ったの、人違いですよ〜って」の台詞→LAST黒い服着た幽霊(マキ)が「あの〜・・・」と扉開いて「あーーーっ」って指差して驚き、暗転・終了!まで、ノボルくんの全てがツボすぎて、何をどう書いていいのかがわからない^^;

とってもとっても満足な作品。
2009年てぃみ観劇のBEST3に入る作品です!

って事で色んな形で残したいなぁ〜と思っているのです。
舞台が決定した時に、「大阪で1公演くらい観れればいいかなぁ?らちくんの予定入るかもしれないし…」と思ったりしていたのもあって。

それが東京出張が決まって、前のりしてチケット探して+当日券で2公演観劇。
大阪は、その後もう1公演譲っていただいていたので2公演のハズだったのだけど…。

一般発売もとっくに終わってたある日、「ないだろうなぁ〜」と思いつつ掛けてみたPGの電話。
すると、「ご希望の日程を…」のアナウンス。
持っていない日の日程を押すと・・・あら!取れた!!!

って事で、気付けば大阪1公演→2公演とどんどんと増えていったのでした^^;

それは、色んな表情のまっすーが観れてキュンキュンしたのはもちろんの事、まっすーの役が本当にツボで、大切な思い出の引き出しも開いたような感じもしたり…
そして作品が単純に面白くって、解りやすくって、飽きることなく、笑って、ほっこりして、キュンときて。もう大好き!!って思える作品だったの。

まっすーがいつも「今日も(会場中が)たくさんの素敵笑顔で、明日からも笑顔で過ごして下さいね」的な事を言うのだけど、この言葉通り、本当に笑顔で劇場を後に出来たのだなぁ^^


勘違い思い違いが重なって…そこから起こるいうドタバタコメディ。
西田さんの作品は初めて観るのだけど、(あ、ドラマ「魔王」の脚本を手掛けてらしたのだけど、魔王はある程度出来上がったものがあるので、完全西田さん色でもないもんね)
さすが、お笑いをやっていた方だけあって話の展開が面白い!!
そして「アチッチ」「森田・照沼」「原・マキ」そして「ノボル・早峰」のコンビが何気に漫才コンビのようで、それぞれの人柄が活かされたコンビで…。この1人・1人のキャラクターが、コンビがより作品を楽しくさせていたように思う。

ノボルくんの「クイズターイム!」は夫婦漫才のような絶妙なボケ・ツッコミだし、「覚えてる〜」から人生を振り返るノボルの思い出話のくだりもさすが!!
そのボケ・ツッコミも本場大阪でも大好評でした^^

そしてネーミングもすごいなぁ〜と
「後藤さん」は「goto(ゴートゥー)」と掛けて、ノボルがビビる1つにもなったり、そして「強盗‘ごーとー’」もかかっているのかなぁ?とか…^^;

「ぶつぶつと」にも書いたけど、スクリーンの使い方や、ベタな道具(拾ってきたもの)や、ペンションゴトーのダサイトレーナーや、なんていうんだろう。とっても昭和なんだけど、良い意味で今のツボを押さえてる。
巧いなぁ〜と・・・

大千穐楽で、初めて西田さんを観たのだけど、良い意味で神経質っぽそうで、スパイス利いてそうな感じの人だった。
出演者の方も良い感じの緊張感も漂っていたし、最後の「舞台での思い出を語ったらどう?」でも「失敗談とか…」と言っちゃうあたりも、なんだろ? 良い意味で凄く真面目な方なんだろうなぁ〜と。
ほんわか出演者さんがそんな西田さんを信頼していて、しっかりと形にしたからこんなに面白く仕上がったんだろうなぁ〜と。

西田さんがまっすーのイメージで書いた本だけど、実際会って「思ったよりガッチリしていた」というGAP
東京で観た時より、更に可愛いノボルくんを大阪で観た時に、西田さんのGAPは埋まっているんだろうなぁ〜と感じた。
大千穐楽は、完璧な仕上がりでした。

仁美姉さんの台詞が飛んだ事も、ある意味サプライズ!!
だって、ほとんど間違えのない仁美姉さんが完全に台詞抜けて諦めてしまって・・・。
一瞬みんな素に戻って埋める事の出来ない場面を、絶妙なタイミングでまっすーが何事もなかったかのように始めたからね。
それが本当に自然で・・・カーテンコールで謝る仁美姉さんに「何かありましたっけ?」とスラリと心から言っているあたりも感動しましたよ、座長のオトコマエっぷりに!!

そんな感じの「雨の日の森の中」 
全然、登場人物のこと、台詞、出来ごとを書けていないのですが…。
これからいくつか分けて書いていきたいなぁ〜。


雨の日の森の中
計31公演
約2万人の来場とのこと。

WINTER FANTASIA 2008DCTgarden THE LIVE!!!

November 29 [Sat], 2008, 17:00
1.初雪
2.サンタと天使が笑う夜
3.SNOW DANCE
4.LAT43°N --forty-three degrees north latitude--
5.プライドなんて知らない
6.雪よ! 大地よ! ファンピーよ!
7.David T. Walker ソロ演奏(Street Life)
8.ラブレター
9.おやすみのうた
10.カノン
11.CARNAVAL --すべての戦う人たちへ--
12.MIDDLE OF NOWHERE
13.連れてって連れてって
14.冬三昧にはまだ遠い
15.WINTER SONG --DANCING SNOWFLAKES VERSION--
16.雪のクリスマス
17.LOVE LOVE LOVE
18.The Christmas Song(Nat King Coleのカバー)

aiko live tour LOVE LIKE POP add. vol11.5

September 18 [Thu], 2008, 19:00
思った事・出来事・感じた事を箇条書きで…。

・今日に限ってボスが「空いてるかぁ〜、中華料理に行こう〜」と。
・「すみませーん、今日コンサートなんです」
・「誰の??」「aiko」「いいなぁ〜〜〜」と後輩くん「えへっ☆」と私。
・19時開演って余裕で間に合うから嬉しいなり♪

・前を歩くお嬢さんがaikoっぽいなぁ〜と思ったら、会場に近づけば近づくほど似非aiko率高し!!3人に1人は似非aikoだった(いや、マジで!!)
・Wちゃんとは会場で待ち合わせだったの。少し早くついたから、「つなびぃ」にUP
・Wちゃん着いてた。さっそく座席に置いているアンケートを書きだす2人
・最初の質問「げんき〜〜??」だった(笑)
アンケート用紙にも、aikoが描いた絵付き。 こういう所がaikoらしい^^
・グッズを買ってきたWちゃんにブツを見せてもらう。
・シールとシェルアクセサリーが可愛かったなぁ〜。
・Wちゃんが「何かいる??」とメールくれてたんだけど「今回初めてだし、いいや」と言ったの、ちと後悔!?

・始まった!!
・白いドームみたいな中からaiko登場!!
・いつぞやの大野智さんみたいと思ったのは、あの会場で私だけ??(Wちゃんは感激中だから、そんな事考える余裕はないハズ)
・ピンクのノースリーブに、赤のひらひらロングベストにジーンズに白のズック。かわいぃ〜
・「♪二人」からSTART。小さい身体なのにパワーを感じるaiko
・この衣装の時の楽曲(約束まで)が、とっても綺麗で曲の良さが物凄く印象強く思った。これはCD聴いているだけだったら解らなかっただろうな。

・歌が終わり喋る度に「aiko〜」「はいよ。」のやりとりが可愛くって、ほっこり^^
・aikoの言葉が友達感覚で話をするのが気持ち良い。
・そしてめっちゃ目がいい
・客席にもっと声を届けてほしいという所から、色々質問して手を声を出させるのね。
「男子〜」「女子〜」「どっちでもない人〜」「小学生〜」「中学生〜」「大学生〜」「社会人〜」「コンビニ」「看護婦」とか職業まで…(笑)
「10代〜」「20代〜」etc
その合間合間に手を挙げている人に声掛けるaiko
そのいくつかを…
☆小学生編
アリーナ後列
aiko「夏休みどっかいった?めっちゃ焼けてんなぁ〜、海行ったん?プール?」
客:「プール」
aiko「誰と行ったん?」
客「友達と」
aiko「友達かぁ〜、おばちゃん連れてったろかぁ〜(ニヤリ)」
☆中学生編
スタンド10列目くらいの男子が手を挙げてるのをみて…
aiko:「どしたん?両手包帯でぐるぐるやん」
客:「騎馬戦で落ちてん」
aiko「そっかぁー、じゃー今日はめっちゃいっぱい汗掻いて(包帯まいてる腕あたりを指して)、このあたりが‘かいぃーなるまで(痒くなるまで)’汗掻きやぁ〜」
☆50代編
アリーナ真ん中あたり
aiko「えっ??ほんまに50代??めっちゃ若い、ほんでキレイ〜☆、なんかサプリメントとか飲んではるんですか??」
客:笑って、いいえいいえと、
aiko「好きな食べ物なんですか?」
客「なんでも食べます」
aiko「肉派?魚派??」と、めっちゃその美貌に食いついてた(笑)
aiko「これからも浪花の黒木ひとみとして頑張ってください」と^^
☆幼稚園生編
アリーナセンターあたりにいたお母さんがaikoに「このこ幼稚園」
と伝えたみたいで、
急遽aikoが「いくでー、幼稚園生」と言ったら「ハイ!」と大きく手を挙げてた^^
aiko「何?バレエならってるの??」(そういう雰囲気があったの)
「うん」
aiko「バレエの足やって〜〜」と言って3番ポジションを披露する幼稚園生(かわぃぃ〜)
その後最後の挨拶で、メンバー全員が3番のポジションで挨拶してた。
あの子にとって、凄く良い思い出になっただろうし、今日の出来事でバレエもこれからも頑張れるだろうなぁ〜^^

その他にも客席から「めっちゃかわいぃ〜」とか「好き〜」とか言われるaiko
男性に言われるのを耳にすると「ほんま?独身??」とか聞くaiko(笑)
隣にいるのが奥さんと知ると「ほら見てみぃ〜」と会話が普段のaikoを思わせるものがたくさんで、もの凄く親近感わいたなぁ〜。

aikoのLIVEでのMCは、よく行っている後輩くんに聞いてたから「これかぁ〜」と思ってたのだけど、こうやってファンと話したり、目があったように感じるくらい目を見てくれる姿勢なaiko自身がLIVEに行ってて、2階席とかにいて「自分の声が届けばいいなぁ〜」と思ってたんだって。
そういう気持ちを持ってて、10年続けてるって凄いよね☆


・You&Me bothから衣装も曲も元気で、疾走感たっぷり。
「カブトムシ」が聴けたのがすごく嬉しかったなぁ〜。
そしてとっても明るい曲なのに不覚にも涙が‘ぶわぁっ’て出てきたのが【♪キラキラ】

【キラキラ】は私の大切なお友達が「聴けない」と言っている曲なんだけど…
生で聴いて歌詞を噛みしめて、あの頃の事を思い出したりして、今の幸せを感じて…☆

遠い遠い見たことのない 知らない街に行ったとしても
  あたしはこうしてずっとここを離れずにいるよ

とか
羽が生えたことも 深爪した事も
  シルバーリングが黒くなったこと 帰ってきたら話すね

の、いなかった間の事を話したい気持とか(私の場合はお手紙だけど)

明日は来るのかな?
  きっとちゃんとやって来るよ
  仲良しの友達 励ましくれた四つ葉の緑
とか

あなたを好きという事だけで あたしは変わったとか
暑い夏の日 ひたむきに光を探してたとか・・・

なんか泣けてきてねー><
改めて「良知ありがとー☆」と思ってた(てへ)

全体を通して、どうしても私はドリを考えてしまうのだけど(決して比べる事はしない)
ドリは出来事を歌に乗せる人でaikoは心の中を歌に乗せる人というのが強く印象を持った。
aikoの歌は出来事も心が見える。ドリは心の中の言葉も目に見えるような感じがする。
2人も凄いなぁ〜〜。

そうそう、aikoがみんなと会話している時に、なんどか「aikoまた歌書くわ」と、元気をもらったり、また皆と会いたい・届けたい証を口にしてくれる気持にほっこりしたり。
「大阪でも野外LIVE〜」みたいなことを客席の人が言ったのかな?
んじゃ「(野外LIVEやりたいって)、知ってんねん」「今話し合いしてんねん」「ちょっと色々あんねん」…etc
素直に話すaikoが可愛くって「そこまでがんばってるんなら、野外あったら絶対行くよ〜☆」と思うよねー。

とっても優しく幸せになれる時間だった。

20th Century TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ<セットリスト>

May 08 [Thu], 2008, 18:30
20th Century TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ
in大阪国際会議場

▽セットリスト    緑色は良知くんが踊ったことのある曲
映像(3Dメガネ着用)
ちぎれた翼
Knock me real
GOAL
ジンクス

cool*1
BIG FORCE
Shelter(坂本昌行)
I'm so happy and high!!(井ノ原快彦)
Lookin' the world(長野博)
急げ若者
Take it easy
Knock me real


挨拶という名目のMC(笑)

映像(3Dメガネ着用)
わがままDEソーリー(長野博)
旅立ちの翼(坂本昌行&井ノ原快彦)
GOOD ENOUGH(坂本昌行)
夕焼けドロップ(長野博&井ノ原快彦)
オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ

MC

ユメニアイニ
ユメノサキ
春を待とう(井ノ原快彦)
映像(3Dメガネ着用)
X,T,C, beat
BLAZING AGE
20 sensation
愛のMelody
Next Generation

アンコール
Running to the top 〜 SAMURAI
HONEY BEAT
逢いに行こう
Theme of 20th Century

Wアンコール
Dahlia
映像(3Dメガネ着用)

トリプルアンコール
挨拶のみ


*1coolは【滝沢MASK】/嵐コンで踊ったことあります