編み物 

2005年05月22日(日) 17時55分
 
今からですが、セーターが欲しくてセーターを編んでいる。
編んでいると、初めて編み物した時のことを思い返す。
初めて編み物をしたのは、中学3年生の家庭の授業だった。
編み物初心者は10人の中で私を含めて6人いた。
帽子を編んで文化祭までに仕上げて、展示しようということでしたが、私は不器用なのでちゃんと間に合うだろうかと不安だった。
やってみると、メリヤス編みは目が不揃いなのが目立ちやすいのでなるべくどの目も同じように編むので、難しかった。
おまけに、私は目を一つ落として編んだり・・・。
失敗して、一つ目拾ってやり直している間にも、皆は失敗はあるけれども、進んでいく。
焦っても仕方がないと思うのに、焦っていた。もう嫌だとたくさん思ったけれど、やらなければいけないことなので、編むしかなかった。
家庭の授業以外では、学校の休憩時間など暇さえあれば編んでいた。
結局。私の予想通り、文化祭前日の夕方までかかった。
完成した時、私はやっと終わったなとか間に合ってよかったって思っていたら、厳しかった先生が涙を流した。
先生も、間に合えてよかったって思ったみたいで、涙が出たみたいだった。
その涙を見て、私も投げ出さずにやってよかったなって思った。
文化祭当日は、提出された私の帽子を見て、友達が提出できたのってびっくりしていた。
高校入学した後、5月に中学校を訪ねてみると、その先生は、他の学校へ転任して行ったそうです。
卒業式の時に、やればできるんだって嬉しかったことを言えばよかったのに、慌しさに取り紛れてい言えなかったことを後悔した。

あの時、頑張った思い出があるから、今編み物に取り組める私がいる。
それを実感している。
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:greenleaves
読者になる
Yapme!一覧
読者になる