1000mw緑色レーザーポインター マッチに点火可能 電池、充電器付セット最も人気のある

December 21 [Sat], 2013, 10:59
1000mw緑色レーザーポインター マッチに点火可能 電池、充電器付セット附属品

1* 1000mw グリーンレーザー懐中電灯

3* 16340 充電電池

1* 輸出保護 セット

1* 充電器

1* ボックス
機能および使用方法

1. デリケートな部分をポイントしてもブルーレーザーポインター照射面を傷つけない為ショールーム、展示場、博物館での説明など、さまざまなシーンで活用できます。

2. 建築現場や土木工事などの危険な場所で、離れた場所からの作業指示にも最適です。

3. 天文学、提示、個人指導およびオフィスの会合の使用のために完成しなさい。

4. 節電、耐久ですから信頼できます。

<応用範囲>

耐衝撃対応緑色レーザーポインター・LEDライト

〜指示にはレーザー、暗所ではLEDを点灯〜

ボールペンを搭載したマルチで活用できるレーザーポインター

◆倉庫・建設現場・水周り等でも活躍するタフボディモデル

⇒他にもトンネル工事や発掘調査に、航空整備等

活躍の場は無限です!!

バーチャルなのか、リアルなのか?レーザースキャナーが創り出す3Dの世界

いやあ、これも驚きのレーザーテクニックで必見です!



レーザーは全てをスキャンして、こんな感じでリアルを簡単にバーチャルへと変換できるのです!!



対象の物体にレーザー光線を当てて、50mwレーザーポインター50mwその跳ね返りを受光してソフトウェアで計算させると、その照射した点や線の三次元空間内での座標軸を記録する事が出来るのです。



このレーザーのテクニックは『LIDAR』と呼ばれるものです。



更にレーザーでスキャンし続けると、点が線がや面になり、次第に3D画像が出来上がっていくのです。



それも正確に素早く出来るので、これも正にレーザーしか実現できないオンリーワンのアプリケーションでしょう。



非接触で計測する事が出来るので、小さい精密なモノから、遠方やかなり巨大なモノでも楽々とスキャンする事が可能です。



”街”をスキャンするのは大変な訳ですが、この様にヘリコプターの上空からでもスキャンできるので意外と楽々と出来る訳です。



このレーザースキャンのテクニックを用いれば、本物の町もほらこの通りに再現されてしまいます・・・。

もう3Dゲームの世界ですよね。

しかも恐ろしい事に、これが本物の町と寸分変わらないのですよ・・・。



リアルな世界をバーチャルにしたエキサイティングなゲームは、もう当たり前の様にすぐそこで待ち受けているのでしょう。



単純に思いつくゲームや映画などの用途以外にも、例えば建築物のシュミレーションだとかにも大変便利なのでは無いでしょうか?



これを更に普通のスクリーンではなくて、3Dレーザープロジェクターなどで映し出せば・・・、もう何が何やら、リアルかバーチャルの見分けがつかなくなる様な、それこそ今では想像出来ないような『新世紀』が生まれるのでは無いでしょうか?



メチャメチャリアルな『Second Life』を、誰かが開発しそうですね・・・。

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/greenlaser/index1_0.rdf