緑ドン攻略法〜解析・打ち方・立ち回りの極意【サラリーマンでも夕方からパチスロでがっつり勝てる方法】
2009.10.18 [Sun] 11:14

当ブログでは今話題のパチスロ教材「緑ドン攻略法〜解析・打ち方・立ち回りの極意【サラリーマンでも夕方からパチスロでがっつり勝てる方法】」の内容、口コミ、実践者の感想、評判、体験談、レビューをまとめています。
----------------------------


■サラリーマンでも緑ドンで、夕方から勝つことは可能です!
>>>なぜならば・・・


1979年生まれ。岡山県生まれ。岡山県育ち。妻子持ちの父親。今から5年前、仕事終わりにパチスロを始めました。当時は本業の稼ぎがなくなるほど負ける日々が続きました。このころは今のあなたと同じようにほんと辛かったです。

しかし機種を徹底的に解析し始めたことがキッカケとなり、少しずつ勝てるようになりました。そして副業ながら1ヶ月で30万稼ぐ偉業を達成!毎月10〜12万円以上安定して稼ぎ出すプロになりました。本業しながら年間は130万円をゆうに稼ぎ出しています。

その後、機種に特化した攻略法を、2006年初期から個人で販売し始めました。機種攻略法を個人で販売していた時期の早さは業界1位だと思います。

そのマニュアル教材を読んだことで、全国の負け組の結果を変えてきました。

現在は、現役プロと負け組スロッターをつなぐパチスロエージェントDAI氏とタッグを組み、独自の機種解析能力を使って、5号機時代の機種別攻略法を生み出しています。


「緑ドン攻略法」を作った理由は、下記のとおりです。




緑ドン攻略法を提供しサラリーマンスロッターに勝ってもらうこと。

緑ドン攻略法を提供しガセ攻略法の被害者を減らすこと。


■なぜあなたは勝てないのでしょうか?

ホールには仕組みがあります。

絶対にゆるがないルールとでもいいましょうか。

どういうことかと言うと、ホールはボランティアでは
営業しているのではなくビジネスです。

たくさんのお客さんをホールへ集め、
お客さんにたくさんお金を使ってもらいたいのです。

でも、お客さんが負けていてばかりでは、「あの店は出ない!」と悪い噂が広がって、たちまちホールはガラガラになってしまいます。そうなってしまってはもう手遅れです。

そこでホールは開放台といって、
誰が打っても勝てるような台を少しだけ投入するのです。

この開放台が少しあることで、出ている台が増え、
それにつられてお客さんが集まってくるということです。

お客が集まれば、全員に少しずつ負けてもらい
利益を出すことは簡単なので、ホールは開放台を入れているのです。

では、なぜあなたは勝てないのでしょうか

>>>その理由はこちら。


----------------------------


■実践者の声、感想

約6000ゲーム消化で2100枚ほど取れました!
H様 東京都 49歳 男性



新世紀エバンゲリオン約束の時攻略法を購入し、実践してみました。

自分の言っているホールでイベント時に実施

6台中2台が高設定です3分の1の確率でゲットできます。

時間が5時と言う事も有り、
まだでていない台が有り他の台は打っている人が少なく

ライバルが少なかった状況で、
ある程度出て捨てられている台は無視して
出ていない台に付いて打ち始め1Kで49ゲーム、

次の1Kで50ゲームプレイ

そして8K目で青7ビック

ボーナス中の子役スイカが5、
チェリー1、一枚役2、とまずまずの展開

その後黄色ビックとRBが多いながら閉店までの時間で
約6000ゲーム消化結果2100枚ほど取れました。

ボーナス合成確率1/176.1と設定6を上回り、
各子役の確率もほぼ設定6に近い物でした。

ここまで粘れて、高設定の確信が持てたのも
正当な攻略法のおかげです。

勝つための良い知識が身につきました。

今まで間違っていた思い込みなども
一切すててこの攻略法によって勝ち組への道が開けました。

まあ負ける事もあると思いますが、
今までの様な大負けはしなくなると断言できます。

良い攻略法をありがとうございます。



----------------------------


>>>続きはこちら。


当ブログでは今話題のパチスロ教材「緑ドン攻略法〜解析・打ち方・立ち回りの極意【サラリーマンでも夕方からパチスロでがっつり勝てる方法】」の内容、口コミ、実践者の感想、評判、体験談、レビューをまとめています。