いろいろ思ったこと 

May 06 [Sun], 2018, 10:18
ここ最近の出来事をみながら、改めて感じてることを
なぐり書きします。

スーパー雑談なので、いつまで記事で残しておくかわからないけど。。。
ま、いいか。

芸能(界)というお仕事は、他人にはない才能と運をもった人だから
第一線で活躍できるという、とても特殊なお仕事だと思うし、
一方で、プライベートの時間においても、周囲の不躾な視線に
ずっとさらされて、なかなか気が休まる時がない、窮屈なお仕事でも
あると思っています。

そんな人たちが、ストレス発散するためには、これまでなら、
多少の浮世離れや、一般とは異なる常識が通ることもあっただろうし、
色んな人たちが寄ってくる中で、本人の好む好まない限らず、
法に触れるリスクのある場所(人達)との距離が近くなってしまうことが
少なからずあるんだろうな、というのは、
色々な方々のファンとして応援してくるなかで見てきました。

でも、もう世の中は変わってきていて、
本人達にとって、ストレス源は減ることなく増えるばかりだし、
巻き込まれ事故も少なからず発生してるんだろうけど、
それでも、昔のように、関係者内だけで抑えこむなんて難しいし、
許されるという時代でもなくなってきてる。

ファンには見えない苦労や、タレントだけでは打破できないことが
たくさんあって大変だろうとはわかってるけど、それでも、

「自分たちは過度に保護される存在じゃない」

ということを、心のどこかに常に留めておいて、
羽目を外しそうになる前に留まってもらいたいなと思いました。

特に、You&J世代のグループは、昔の良き時代が残ってるような
気がして、ちょっぴり不安だったりするんですよ。

貴方たちの背中を後輩がみてるんです。
後輩に見られて、友人や家族に知られて恥ずかしくない態度、行動を
見せてもらいたいなと思います。

そして、タレントを映す鏡といわれている私たちファンも同じこと。
∞が全国に撃ってでるときに、∞が恥をかかないように、
また各地に呼んでもらえるように、とマナーを大切にしてきましたが、
改めて初心を思い出して、マナー重視で応援ができればと思います。

うん、GW、時間があったら、ちょっと真面目に考えちゃったぜ。

今月5月は、ヨコクラのお誕生日月です。
昨日のラジオでは、お兄ちゃんから飲みのお誘いがあったとか。
あれこれと課題山積だと思いますが、メンバー間で相談しながら
解決していってもらえるといいな。

以上!

無題 

April 15 [Sun], 2018, 18:36
長年、担当の発言を見たり、聞いたりしてきた経験上、

昨日の夜のラジオでのコメント一つひとつを聞くたびに、

何度も詰まらせながら思いを伝えようとしてくれる声に、

そうなのか・・・

そうなんだね・・・

と、悲しいかな、きっと、つらく淋しいお知らせがあるんだろうと
思っていました。

そういう意味では、やっぱり君はここ一番で嘘をつけない人だね。
大倉くん。
(でも、あの時点で、とてつもない制限があるなか、あそこまで
 自分の思いを電波に乗せてくれたことに、ありがとうと伝えたいです)

それでも、できれば、

「海外で勉強したいので、一時活動休止させてもらいます」

であってほしいと一縷の望みを持っていました。

でも、それを良しとしないのが、

退路を断ってでも、仲間に頭を下げてでも、

新しい場所に挑むのが、渋谷すばるらしさなんだと。

そして、そんな彼の言葉を、優しくも厳しくも受け止め、

そして、心の底から誇りに思い、寄り添い、背中を押すのが、

関ジャニ∞というグループなんだと。



今日は彼らメンバー全員の矜持を受け取る運命の日となりました。

すばるくんと∞には、一日一日、これからの時間を
大切にしてもらいたいです。

そして私たちもそんな彼らを守る存在になっていきたい。

ツイッターにも書いたけど、

いっぱい泣いたら、あとは笑って送り出す準備をしよう。

2018年始動・・・してま・・・せん!? 

March 25 [Sun], 2018, 19:07
唯一、現地参加できたカウコンでは∞を遠くに眺め、

テレビ番組はリアタイできず、

ライブDVDもGWくらいまで確認できそうになくて、

・・・

∞ごとに集中できる時間がなかなか取れません。

でも夏のツアー日程を見ながら、どうやって休みを絡ませようか
必死に検討してますんで、お願いですからツアー当ててください!

というか、早くノスタルジアのマルチアングルが見たいのよぉ!!!

2018年こんなスタートで申し訳ないです

2017年もありがとう 

December 30 [Sat], 2017, 22:44
ツアーの終わりに感想の記事を書くことすらできないくらい
いっぱいいっぱいの後半でした・・・申し訳ないです。

2017年は、ヴァレンティンに、ジャムツアーにと、
回数は厳選でしたが、とても内容の濃い一年でした。

正直なところ、毎日しんどいことが続いた、というか、まだまだ
続いていくんですけど、∞のみんなが新しいことに挑戦している姿を
見ながら、自分ももうちょっと頑張ろうかなと鼓舞しています。

2018年はちょっとの間、∞事はお預けになっちゃいますが、
それまでの間は、春に発売されるジャムツアーの映像を楽しみに
しておこうと思います。

というのも、ジャムツアー、唯一の残念だったのは、
ノスタルジアでたっちょん側に入れなかったこと。

ずーっと、ひたすら3塁側だったんですよね。
いつもながらたっちょんサイドでみれない自分の席運に
苦笑いしかなかったので、今回マルチアングルがあるようで
本当にありがたい限りなのです

そんなこんなで、明日はカウントダウンです。
∞不足、たっちょん不足を補ってこなくちゃ

こんなゆるゆるヲタですが、来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

∞ 拍手を支援の気持ちに繋げていきます ∞

∞ ブログランキング参加中。いつもクリック有難うございます ∞
 

こんなの初めて!? 

August 20 [Sun], 2017, 21:53
今回のツアーの東京公演については、お盆時期の開催だったので、
親戚の寄り合いをほっぽって行けないし欠席だなと思ってたんですよね

でも札幌公演の感想で、「1時間バンドぶっ通したようだ」というのを見て、

おっ、これは

と、閃いたわけです。 

え、何をって???

以前にこんな記事を書いたことがあったのですが、

 最近の∞評   リンクはこちら

「関ジャニのバンドだけのライブがあるなら観てみたいな。
次あったら誘ってよ」


と言ってくれた男子を思い出したわけです。

すぐに連絡をしたら予定OKとのことで、仕事のお休みを調整し、
その男子と東京ドームに出かけてきました。

初めて男子と入る∞ライブ ですよ

彼自身はいろいろ幅広いジャンルのライブに参加しているのですが、
さすがにJ事務所系は初体験ということで、

「やっぱり女子多いね(笑)」とポツリ。

「大丈夫、スタンド席からのんびり見れるし、ちゃんとペンライトも
 もう一つ持ってきたから、気が向けばお試ししてみてね(^^)」

なんて呑気に話しながら入場したら・・・

なんとまあ、3塁側サイドステージのガチ正面位置ですやん
ビジナーズラックとはまさにこのこと

予習用に事前に送ったCDをかなり聴き込んでくれていたのですが、
前半のバンドはとても良かったそうで、

「関ジャムでも上手になったなと思ってみてたけど、
 真面目に音作りしてるよね」
とおほめの言葉をいただき、また後半の部では、
次から次へと来てくれるメンバーに 「こりゃ凄いね〜」と楽しそう。

特にユニットの亮ちゃんは本当に真正面、真上すぎて、
思わず二人して「うわー」って声が出てた(笑)

そして(ほぼ私が無理やり持たせた大倉くんうちわを振りつつ)
「大倉くんってお尻しか見えないってほんとだね」と慰めのコメントも。 
(←ここにはビギナーズラックは無かった・・・)

いいんですよ、近くて遠い大倉さんにはもう慣れっこなのでね(遠い目)

最初の「男子eighter〜」は少し遠慮気味だったレスポンスも、
最後はYeah〜ってやってくれていて、
∞ライブにお誘いして良かったなと思いました。

ただね、私も思ったんだけど、PAがね惜しかったな。

音のバランス重視だったのかわかんないけど、全然音量が足りなかった。
もやの向こうで音がする…みたいな音量で、みんなが気合いっぱいに
演奏してくれてる画は見えてるんけど、それが空気の波として
全く感じられなくて・・・

演奏はすこぶる良かったのに、非常に残念でした。
もっとビシビシ音が来てほしかったな。

なにはともあれ、新規eighter候補を1人獲得してみました報告と、
近くでみたメンバーの麗しさが印象に残った東京公演でした

残り福岡2公演、あっという間に来ちゃいますが、
最後は皆で一緒にどこまでもバカになれますように

∞ 拍手を支援の気持ちに繋げていきます ∞

∞ ブログランキング参加中。いつもクリック有難うございます ∞
 

前半戦を終えまして・・・ 

August 12 [Sat], 2017, 9:54
札幌、大阪、名古屋とツアーが進んできました。

いやぁ・・・思っていた以上に楽しいんだな、これが 
頑張ってくれてる∞のみんなごめんね

東京が終わったらセトリにも触れようかなと思ってるけど、
夏のライブは、とにかく∞本人たちがはしゃぎまくっていて、
そういう姿を見ているだけでこっちもほっこりしています。

あとヤスくんの振り切れっぷりが半端なくツボ

ただ唯一難点なのが、こっちもはしゃぎすぎてて、
終演後、今日何があった?というのがあまり記憶にないところ(笑)

ま、こういう全力参加&応援のライブもいいかもね。

このまま毎公演楽しみきってほしいな

∞ 拍手を支援の気持ちに繋げていきます ∞

∞ ブログランキング参加中。いつもクリック有難うございます ∞
 

ツアー始まりました☆ 

July 23 [Sun], 2017, 9:09
私にとってのツアーが金曜日から始まりました

あのね・・・いろいろトライしてくれてていいツアーになると思うの・・・

そうやねん、いいセトリやと思うのよ・・・だけど、

あついねん

意識ときどき朦朧とするねん

まだ歌詞が体に馴染んでないやん

あとお気に曲の音ちょいちょい外れるのが気になるねん

な、金曜日から一転、土曜日は、

ちょっと涼しくなってきたよ

意識もはっきりしてきたよ

あとはラップやな

音はだいぶ良くなってきてるよ

と、徐々にええ感じになってきたなと思いました
で、慣れたころに大阪ラストなのね

あ、金髪おーくらさんをみて、アイドル帰ってきた〜と同時に
相変わらずお尻しか見えへんところが憎い奴やわ〜
ツアーならではの感覚を味わう日々です

今日もめちゃ暑やけど、がんばろー おー

∞ 拍手を支援の気持ちに繋げていきます ∞

∞ ブログランキング参加中。いつもクリック有難うございます ∞
 

ツアー始まりましたね〜 

July 15 [Sat], 2017, 22:30
札幌組の感想がなかなかよろしいようで

今回のジャムツアーは、仕事や研修が立て込んでいて、
かなり控え目の参加になっちゃうのが、今からちょっと悲しいけど、
その分、参加回は全力で楽しんでいこうと思ってます。

期待してるよ〜 ∞のみんな

さて、この3連休は勉強しながらジャムをしっかり聴き込もうっと

∞ 拍手を支援の気持ちに繋げていきます ∞

∞ ブログランキング参加中。いつもクリック有難うございます ∞
 

レンジャーを読んで 

June 24 [Sat], 2017, 23:47
ただいま、おおくらジオ聴きながら書いてます

優くん「舞台とは?」

おおくら 「”エンターテイメント”」

・・・

放置プレイ笑かすぜ、優くん(笑)

ということで、好きなものは最後に楽しみたいタイプなので、
レンジャーは、いつも、赤→緑を飛ばして→黒、
そして最後に緑を読むようにしているのですが、
さすがに今週分は緑から見ちゃった

ヴァレンティンもモリーナも、きっとしあわせだったんだ。

ちょっとたっちょん・・・涙出たよ。こんなん書かんといてよ。ほんま。

たっちょんからこの言葉を貰えたことで、この舞台が本当の意味で
終わっちゃうんだな・・・という淋しさと同時に、
そうよね、きっとしあわせになれたんだよねと
ようやく愛しい二人を休ませてあげることができるんだよねという
安堵感に包まれた私でした

よし、次はライブで∞とめいっぱい遊んでやるぞ〜!

∞ 拍手を支援の気持ちに繋げていきます ∞

∞ ブログランキング参加中。いつもクリック有難うございます ∞
 



舞台が終わってしまいました 

June 20 [Tue], 2017, 22:08
理想を追い求めることに自分の存在意義を感じ、
社会との戦いに自分を鼓舞する一方で、
迫りくる様々な葛藤や孤独の中で弱い自分とも戦うヴァレンティン

自分の心にいつも正直でありたいと願いつつも、
生きづらさを感じ、自分を愛することさえ見失いそうになるなかで、
無償の愛を見いだしたモリーナ

 「一人の人間としての尊厳を誰にも傷つけさせない」

この台詞がとても心に残っています

もう自分は一生この牢を出ることはないであろうことを解っている彼
そんな彼の置かれている状況と孤独を誰よりも解っている彼女

相手を思いやる気持ちを誰よりも持っているにも関わらず、
誰かに受け入れてもらうことに渇望している彼女
そんな彼女に貴方はもっと人から愛されるべきなのだと語りかける彼

二人にとっては、身体のつながりは、心で触れ合うための
仮の道具にしかすぎなくて、
最後は、彼は彼女に自分の全ての思いを託そうとし、
彼女はそんな彼の思いを何とかしてつないでやりたいと思う

二人のそんな姿がたまらなく愛しく、そしてたまらなく切なくて・・・

うぅ・・・書いてるだけでもいろんなシーンを思い出して泣けてきました

演出も、そして二人の演技も、とても丁寧で美しく、
作品自身が持つ力と、二人の魅力とが見事に交じり合っていて、
役をここまで引き寄せてきた大倉くんの努力に拍手するとともに、
いっけいさん、裕美さんの導きに対して感謝するばかりです

もうあの二人には会えないと思うと、喪失感ばかりが先立ちますが、
きっとそれぞれが自分なりの尊厳を大切にしながら、
自分らしさを貫けたんだろうと信じて昇華させてあげたいと思います

あと最後になりましたが、
「大倉くんのことを大好きな方に入ってもらえたら嬉しいです」
と、沢山の方にこの舞台とのご縁をいただきました

千秋楽にあっては、これ以上ない場所で観劇させていただいて、
カーテンコールで達成感いっぱいの大倉くんに拍手を送ることもでき、
改めてお礼を申し上げたいと思います

毎回、終演後に感想を書かせてもらいましたが、
舞台で感想を書くのは初めてで、気持ちも字もそぞろで、
多分読み物にはなっていないと推察・・・本当に申し訳なかったな

最後になりますが、大倉くんファンとして幸せな3週間を過ごさせて
いただいたことに、沢山の有難うという気持ちでいっぱいです

蜘蛛女のキス、無事閉幕です

∞ 拍手を支援の気持ちに繋げていきます ∞

∞ ブログランキング参加中。いつもクリック有難うございます ∞
 


ご訪問のみなさま

ブログランキング参加中

ランキングを始めました。
皆様の応援が励みになります。
よろしければポチッ☆と
押してやってくださいm(_ _)m



2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

petit-photo

メールフォーム

TITLE


MESSAGE


ジャニトモ