阪神タイガーズVS三経フェニックス〜第2戦〜 

March 29 [Sun], 2009, 21:30

阪神タイガーズVS三経フェニックス〜第2戦〜

結果

1:3

という事で開幕から見事の連勝。このまま突っ走れるか?
次の試合は明日阪神タイガーズとです。



主な試合内容↓
1番 千葉(セカンド)
2番 龍(ライト)
3番 元木(サード)
4番 宮城(ファースト)
5番 斉藤(レフト)
6番 金子(キャッチャー)
7番 佐々木(ショート)
8番 宮本(センター)
9番 力(ピッチャー)


[1回表]
元木がヒットを打つも続かず無得点でチェンジ。


[2回裏]
ツーアウトから鳥谷にツーベースヒット、矢野にヒットを打たれて1、3塁にピンチ。しかし続く関本を三振にしてこの回をしのぐ。


[3回表]
ワンアウトから千葉が出塁するも盗死でアウト。龍もゴロに打ち取られてチェンジ。


[4回裏]
この回、先頭打者の新井に先制ソロホームランを打たれる。


[7回表]
この回、先頭打者の宮城が2試合連続のソロホームランで同点。その後、ワンアウトながら金子、佐々木の連続ヒットで1、3塁のチャンス。打者宮本がファーストゴロで佐々木をタッチアウトしてる間に金子の好走塁で1点追加、逆転する。なおもツーアウト1塁の場面で代打の烈。見事にタイムリーツーベースで1点追加。


[9回裏]
7回、8回と繋いだ勝利の方程式に基づいて守護神小野が3者抑えて勝利。

勝利投手:力
ホールド:山下
ホールド:柳
セーブ:小野


千葉:4打数1安打
龍:4打数無安打
元木:4打数2安打
宮城:4打数1本塁打1打点
斉藤:4打数無安打
金子:4打数1安打
佐々木:4打数2安打
宮本:3打数無安打1打点
烈:1打数1安打1打点


[監督の言葉。]
連勝出来て良かった。守りだけでなく打撃面でも勝利の方程式が出来たみたいだ。この方程式を最後まで攻略されなかったら良いんだけど・・・

セ・リーグ開幕 

March 28 [Sat], 2009, 21:28
阪神タイガーズVS三経フェニックス

結果

1:3

という事で何と球団創立初戦で見事勝利を飾りました!この勢いで連勝なるか?
次の試合は明日、阪神タイガーズとです。



主な試合内容↓

スターティングメンバー
1番 千葉(セカンド)
2番 龍(ライト)
3番 元木(サード)
4番 宮城(ファースト)
5番 斉藤(レフト)
6番 金子(キャッチャー)
7番 佐々木(ショート)
8番 宮本(センター)
9番 太田(ピッチャー)


[1回表]
千葉がツーベースヒットを打つ。このツーベースヒットが球団創立初ヒット。次のバッター龍の送りバントにより1アウト3塁の大チャンス。しかし、後が続かず無得点で終了。


[3回裏]
関本のヒット、赤星のヒットと盗塁によりワンアウト2、3塁のピンチ。バッター平野をセカンドゴロに打ち取るもその間に関本生還。先制点を許す。


[4回表]
先頭バッターの宮城がソロホームランを打って同点。このホームランが球団創立初打点&初ホームラン。


[5回裏]
もたしても関本と赤星のヒットによりワンアウト1、3塁の大ピンチ。バッター平野のライトフライ、その間に関本がホームへ向うが龍の送球によりホームでタッチアウト。ピンチを乗り切る。


[6回裏]
勝利の方程式山下登板。3者を打ち取る。


[7回裏]
勝利の方程式柳登板。矢野にツーベースヒットを打たれるが関本、代打桧山を打ち取る。


[9回表]
先頭バッター金子のヒット、続く佐々木のツーベースヒットでノーアウト2、3塁の大チャンス。宮本のタイムリーヒットで勝ち越し。そして、代打の田村がゲッツーになるがその間に佐々木生還。1点追加。


[9回裏]
守護神小野が3者を抑えてゲームセット。

勝利投手:柳
ホールド:山下
セーブ:小野


千葉:5打数1安打
龍:3打数2安打1犠打
元木:4打数1安打
宮城:4打数1本塁打1打点
斉藤:4打数無安打
金子:4打数3安打
佐々木4打数1安打
宮本:4打数2安打1打点
龍:1打数無安打
田村1打数無安打


[監督の言葉。]
今日の試合は今後の戦いの中でも意味のある試合だった。初戦で勝利の方程式を使っての勝利は今後の試合の中で気が楽になれるだろう。この調子で連勝をしていきたい。

セ・リーグ明日開幕。 

March 27 [Fri], 2009, 16:23
いよいよ明日セ・リーグの開幕です。
球団創立初試合で勝利出来るか。皆さん応援よろしくお願いします。

野球新時代 

March 25 [Wed], 2009, 22:47

今年から日本プロ野球界が少し変わります。

まず、去年までは巨人、中日、阪神、横浜、広島、ヤクルトの6球団で優勝を争っていましたが、巨人と横浜が戦力の大幅な改造を目的に異例の球団合併が行われました。その為、『読売ジャイアントベイスターズ』という新球団が発足されました。
それに当たり当初は5球団で優勝争いをする予定でしたが、新球団として『三経フェニックス』が参戦を発表し、実行委員会から承認を得た為に6球団で優勝争いが行われる様になりました。
その為、今年からセ・リーグはジャイアント(元の巨人)、中日、阪神、三経、広島、ヤクルトの6球団で優勝争いを行われます。

それに加え、球団での金銭的格差が原因となった事件があり、それを重く見た実行委員会は「差別無き人選の自由」としてセ・リーグ、パ・リーグ計12球団の野球に関する金額を全て同額にする事を発表しました。
これに付き選手達の年俸、国内外からのスカウト選手の契約金、ドラフト選手の契約金等の戦力に関わる金銭は全て指定の額内で収める事になります。このルールを破った場合には球団除名という重い罰が決まっております。

以上が今年から変わる事です。新しい環境になり野球新時代となった今年、見事優勝するのは何処のチームなのか?乞うご期待!
                   日本野球実行委員会。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:greatpawapuro
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像僕はどうしようもない人間です。
» 三経フェニックスメンバー (2009年03月23日)
Yapme!一覧
読者になる