これからの英語教育の必要性

October 01 [Tue], 2013, 10:48
大学時代、英会話教室に友達と通っていました。英語学科に通っていたにも関わらず、自分で会話するとなるとうまくしゃべれないでいたので、ネイティブの先生から習って英語でお話できるようになりたかったんです。金額的には大学生の私にも結構高額に感じましたが、外国人の先生から習うことができる機会を持つことができ、自信を持てるようになりました。よく聞く話ですが、中学生の教科書レベルの英語でも通用するそうです。あとは自信を持って、恥ずかしがらずに話すこと。これが大事なようです。
英会話のリスニングは、大事なシーンできちんとフレーズが浮かんでくるかという点に係っていると思われます。フレーズのパターンをいくつか押さえるようにしていくことで、これからにも希望的な要素が生まれるようにもなっていくのでしょう。さらに、英会話に関連したフレーズをどう理解していくかにも関連していくのではないでしょうか。自分が出来そうと心から思えるようなものをきちんと最後までやり抜くようにしていくことが大事です。

わたしは、英会話に関するスキルを向上させたいと思っていました。インターネットでいろいろと調べた結果、色々英会話教材を試しましたが、そのなかでも最高の英会話教材があります。エブリデイイングリッシュといいます。エブリデイイングリッシュは、使い続けることでスキルは上がるということを書いておきたいです。ネイティブスピーカーの音声を聞き続けることによって、スピーキングの能力も自然と向上するのは、本当に良いと思います。
英語の勉強をしてて思ったのは、やっぱり英会話力がないと意味がないってこと。ただ単に英文が読めるだけじゃ意味なくて、実際に英語を使って人とコミュニケーションをとる力がないと、外国人に会ったときにもしどろもどろになっちゃう。 でも、リスニングをやるようになってから、飛躍的に英語が聞き取れてわかるようになって、会話力がアップした。今まで面倒だな思ってしり込みしていたのがもったいない。実際はもっと簡単に、英会話することができるようになることがわかって、目からうろこが落ちたね。

日本で暮らしていると、日本語以外の言語が自然に身につくことはありません。英会話スクールに通うことで、英語で話す時間を作ることができます。仕事をしながら通うことができます。休日を利用したり、会社の帰りに通うことができます。検定試験を受けることで、自分の力を知ることができます。旅行業界はもちろん、仕事で英語を身につける必要に迫られる場合もあります。海外旅行に行く場合は、行き先によって通じる言語が違います。英語は通じる国が多いので、話せると通じる喜びを得られます。
ある日2歳の息子と一緒に音楽番組を観ているといきなり息子がテレビ画面を指して「ザイロホーン」と言い出しました。はじめはなんのことやらさっぱりわからなかったのですが、どうやら英語で“木琴”の意味のよう。子供のおもちゃでボタンを押すと英語を話す絵本があり、何度も遊んでいるうちに母親の私も知らない単語を覚えていたんですね。子供の記憶力はやはりすごい。遊びと勉強の線引きがあいまいな今のうちに楽しみながら覚えていけるなら英会話教材でも買ってみようかな。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/greatgrape/index1_0.rdf