告白 (2010)

June 10 [Thu], 2010, 18:44


日本
監督:中島哲也
原作: 湊かなえ 『告白』
出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛、他


かなり前から期待していた作品です

・・・やってくれました

とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子は、ある告白を始める。数ヵ月前、シングルマザーの森口が学校に連れてきていた一人娘の愛美がプールで死亡した事件は、警察が断定した事故などではなく、このクラスの生徒、犯人Aと犯人Bによる殺人だったと。そして、少年法に守られた彼らを警察に委ねるのではなく、自分の手で処罰すると宣言するのだった。その後、森口は学校を辞め、事情を知らない熱血教師のウェルテルこと寺田良輝が新担任としてクラスにやってくる。そんな中、以前と変らぬ様子の犯人Aはクラスでイジメの標的となり、一方の犯人Bはひきこもりとなってしまうのだが…。 allcinema ONLINEより

“私の娘が死にました。
警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです。”


騒がしい教室を一瞬で静まりかえさせた担任先生による驚愕の「告白」

『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本で見せたような
極彩色豊かな中島哲也監督の世界はまったく無く
冷たい寒色系を基調としたモノトーンの世界が広がる

モリモリの毒、毒、毒・・・

いや〜怖かった
本気で震えました

中学校教師の森口悠子(松たか子)のいきなりの告白で始まったこの作品、
冒頭から一気に釘付けでラストまで目を離す余裕すらありません。



“誰が娘を殺したか?”という犯人探しではなく
冒頭の告白で犯人の正体がやんわり明かされ
そこからが本当の悪夢のスタート。

教師であるがゆえ中学生の気持ちを手玉に取り、
自らの手を汚す事なく本人の手で大切なモノを失くさせる、

愛娘を殺された森口悠子の復讐劇は単純な“目には目を”ではなく
自ら“命の重さ”を思い知らされる、恐ろしいまでの精神的な復讐でした。

モノローグ形式で語られる「告白」の数々は
どこまでが本当で、どこに嘘が紛れているのか?
語っている本人の都合の良いように真実は捻じ曲げられる
それらがすべて繋がった時、深いタメ息が出ましたよ



観ていて思ったんですが
完全に森口先生に感情移入している自分がいましたね

復讐が達成された時、落ち込むと同時に何故かホッとしてました

「寂しかっただけなんだよ」
なんてガキの言い訳が通用するくらいなら
ハナっから復讐なんてしないでしょう

少年法など現代の問題をこういう形で解決するのは正解ではないでしょうけど
もし自分がその立場だったら・・・なんて思ったら
綺麗事だけでは済まされないのが人間というものじゃないでしょうか
“全ての命が等しく平等だ”というのはやはり偽善でしかないのか?
色々複雑な思いが頭の中を廻って凹みまくりです



原作は未読ですが、この根深い問題を単に映像化しただけでなく
エンターテイメントに仕上げた中島監督の手腕は見事です。

韓国映画のドギツイ復讐劇の臭いがチョッするこの作品、
直接描写はないですが
意外に血飛沫飛びまくりで、耐性がない人には
ちょっとキツイかもしれません。

これは新種のジャパニーズ・ホラーだと思いましたね
映像、演出、構成、どれをとっても素晴らしく
ここ最近の邦画の中ではかなり満足いく作品じゃないでしょうか


傑作愛のむきだしの間逆をいく

『憎悪のむきだし』・・・・



な〜んてね。


必見!!

★★★★★★★★★



人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
さすがRADIOHEAD、『Last Flowers』は気持ちよく凹ましてくれます。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

>snowmanさん

鑑賞されましたか!
この作品は未だに心に残ってます

まさにジグソウ・・・

淡々としたドス黒い復讐が心に刺さります

あ〜もう一度観ようかしら・・・

by カタヤマ April 08 [Fri], 2011, 19:01

こんばんは!
ついにレンタルDVDにて観賞致しました。
圧倒されました。
これは物凄い作品です。
松たか子先生はジグソウか?
あ,いや失礼。興奮がさめやらぬsnowmanでした!

by snowman April 08 [Fri], 2011, 1:10

>おはるさん
おはるさんの仰る通りですね
差別をする、差別意識をもたせる、
というのを前面に出した恐ろしい作品でした。
リアリティーが欠けているというところだけに
救いがありましたけどね(笑)

by カタヤマ July 26 [Mon], 2010, 9:55

この作品は、今までのジャパニーズホラーではなかったですね。

幽霊より、人間の悪意が怖すぎです

松たか子さん、淡々と話していて、それが余計に恐ろしかった…

しかし、エイズを復讐の道具にするって、患者さんが見たら嫌な思いをさせるだろうし、差別意識を生む映画だなぁと思いました

by おはる July 23 [Fri], 2010, 21:14
Trackback

» 別館の予備(感想202作目 告白)

7月17日 告白

TBアドレス
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10955203104/188b5f83

さや侍&X?MEN:ファースト・ジェネレーション&
エクスペンダブルズ&ディア・ドクター&
...

スポーツ瓦版  July 17 [Sun], 2011, 11:56

» 映画:告白




 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。

よしなしごと  July 31 [Sat], 2010, 1:33

» 告白

大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。

(1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜか敬遠してしまっていたところ(第2位の『ゴールデンスランバー』の方を読みました)、この映画もサスペンス仕立てですから読まずにいて正解でした!

 作品のごく簡略な粗筋は、中学教師である森口悠子(松たか子)が、自分の最愛の娘を、担任していたクラスの生徒―渡辺修哉と下村直樹―に殺されながらも、少年法の壁によって彼らが十分に罰を受けなかったことから、自ら復讐してしまうお話、というように言えるでしょうか。
 とはいえ、森口先生らの「告白」内容を、そのままストレートに信じていいのかについては、「なんてね」と最後に松たか子が言うところからしても(注)、疑問が湧いてくるように映画は作られていますから、こうした粗筋もあるいは成立しないのかもしれません。
 要すれば、この映画はサスペンスではあるものの、内容それ自体もサスペンス的なものとなっていて、その点が頗...

映画的・絵画的・音楽的  July 18 [Sun], 2010, 8:17

» 『告白』


 
□作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> このわずか数秒のラストシーンの、主人公森口悠子の表情に、松たか子の女優としての執念を観た。 それはあたかも松たか子に森口悠子の怨念がそのまま乗り移ったかのようだった。 そして、その一瞬の表情の中に、森口悠子の心情全てがまさに全身全霊を込めて表現されていたに違いない。 その松たか子の表情には、まさに歌舞伎俳優を父に持つそのDNAがこの映画で全開し、成就した瞬間を観た想いだった。 もしかしたら、深読みかもしれないが、そこまで中島監督が女優松たか子のこの演技力を 予め読んでいたのだとすれば、監督自身も素晴らしい“千里眼”を持った監督だったと言えるだろう。  この映画は原作(「告白」/湊かなえ)を先に読んでいて(しかもかなりの勢いで読んでしまったが)、 映画の進行そのものも、ほぼ原作に忠実に沿って進められており、独特の中島監督色は最小限に塗り加...

京の昼寝?♪  July 13 [Tue], 2010, 12:24

» 【映画】告白

▼動機
バカにしに
▼感想
驚くほど良く出来た映画化
▼満足度
★★★★★★☆ いいかも

▼あらすじ
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。
▼コメント
恐ろしく、良く出来た実写映画化だった。

この原作小説に込められた作者の純然たる悪意を、実写映画では映像化できるわけがないとタカをくくっていたのだ...

新!やさぐれ日記  July 05 [Mon], 2010, 19:39

» 映画「告白」(ネタバレ注意)

映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...

MAGI☆の日記  June 28 [Mon], 2010, 22:12

» 告白

告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の....

C'est joli?ここちいい毎日を?  June 24 [Thu], 2010, 11:16

» 『告白』 はじけたのは何か?

 「私には判っている。」

 『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。
 「私には判っている。」
 そう云いながら、判ってい...

映画のブログ  June 20 [Sun], 2010, 8:12

» AKB48には全く興味ないんだけど、初日舞台挨拶に行けなかったので...

基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート...

|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο  June 19 [Sat], 2010, 16:03

» 告白

脚本ゼミのメンバーで観る映画を観る会の今回の作品です。
原作は、2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説。
メンバーは全員原作を読んでいたので
皆で楽しみにしてました。(^^)
特に私は、
「嫌われ松子の一生
」や「パコと魔法の絵本
」の中島哲也氏が監督

映画、言いたい放題!  June 18 [Fri], 2010, 11:03

» 『告白』お薦め映画

★★★★★浅はかさ、狡猾さ、残酷さ、優しさ、親子・友人関係など、生徒たちの行動と内面が浮き彫りになる。同じくらいの子を持つ保護者の方はゾッとするかもしれない。教育熱心な優しいお母様は、息を吐いて吸うのをお忘れなく。それでも是非味わって欲しいこの緊張感。ホ..

心をこめて作曲します♪  June 17 [Thu], 2010, 22:24

» 告白 (松たか子さん)

映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想

yanajun  June 11 [Fri], 2010, 2:32

» 告白

ある中学校、1年B組の終業式後のホームルームで、担任の森口悠子が語り出す。 「私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです。」 少年法で守られた犯人AとBのことを、決してこのままにはしないと宣言する森口。 物語は【告白】から始まる…。 ミステリー。

象のロケット  June 10 [Thu], 2010, 23:31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:カタヤマ
  • 血液型:B型
  • 現住所:東京都
読者になる
ホラー映画大好き!

でもかなりのビビリ。

説得力のない幼稚な文章は笑ってスルーしてください。

毒を吐くのもご愛嬌

楽しめてれば
それで良いじゃない。。。。
最新コメント
うぼで
» 復活の日 (1980) (2016年12月09日)
うぼで
» 復活の日 (1980) (2016年09月14日)
kaori akiba
» ちょっとドラムのはなし (2016年03月02日)
カタヤマ
» キングスマン (2014) (2015年10月18日)
ミス・マープル
» キングスマン (2014) (2015年10月17日)
カタヤマ
» ジュラシック・ワールド (2015) (2015年09月02日)
ミス・マープル
» ジュラシック・ワールド (2015) (2015年08月30日)
ミス・マープル
» ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション (2015) (2015年08月20日)
カタヤマ
» マッドマックス 怒りのデス・ロード (2015) (2015年07月19日)

http://yaplog.jp/gravelfield/index1_0.rdf


ジオターゲティング
P R
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ