家族の協力や理解を得る 

September 15 [Thu], 2011, 13:51
補聴器は音を増幅するための機器であるから、補聴器を通して聞く音は生の音に比べてさらに歪んで聞こえます。


そのうえ、周囲の雑音も増幅されるので、老人は補聴器を使っても雑音しか聞こえないと、使用を嫌がることが多いから、慣れるように指導する。


また、家族の協力や理解を得られるようにします。


補聴器使用のための訓練が必要であり、装用訓練として、はじあは補聴器のボリュームを小さくして、一日数時間、静かな所で自分の声や介護者の声を聞くところから始めます。


そしてだんだんに使用時間を増やし、かつ数人と話ができるように慣れてもらいます。


これは、看護師 求人に応募して職員として働く方にとって重要な役目でもあります。

補聴器の使用と援助補聴器 

September 01 [Thu], 2011, 13:50
補聴器の使用と援助補聴器にはさまざまのものがあるので、その選択は専門医の診断による選択、またはいくっかの老人用補聴器をつけてみて、必要な人との会話が最も聞きとりやすいものを選ぶのがよい。


単に安いからと購入したものや、老人の祝いに贈られたものなどを安易に使用することは好ましくありません。


老人の難聴は、ほとんど感音性難聴であり、音が小さく聞こえるだけではなく、音が歪んで聞こえるものです。


補聴器は音量を大きくするだけで、語音を明瞭にすることができないため、老人性難聴に対して効果は少ないが、適切な補聴器を選択する必要があります。


以上の事もよく学び、介護 求人に応募しましょう!

読話 

August 17 [Wed], 2011, 13:49
介護 求人に応募するにあたって、次のような事も学ぶ必要があります。


視覚に障害のない老人では、読話に心がけます。


読話とは、話し手の顔(とくに口もと)や表情、全身の動きによって言葉の理解に役立てようとする手段であって、言葉が歪んで聞こえる老人性難聴者には最も必要な手段です。


この場合、老人は視覚障害があることも考慮して、真正面に対面し、75cm程度に近づき、口もとがはっきり見えるようにして、話しかけるのが最も効果的であるといわれます。


また、表情豊かなコミュニケーションを心掛けることによって、はっきり聞こえるだけでなく、老人と話し手の心も通い、良好な結果が得られます。

注意を換起しておいてから話しかける 

August 04 [Thu], 2011, 13:48
難聴のある老人に突然に声をかけると、全く返事がなく、聞こえないのだと思ってさらに大きな声を出して、相手を驚かせることがあります。


話しかけるときは、肩をたたくなり、耳もとで名前を呼ぶなりして、注意を換起しておいてから話しかけるように心ま卦ける。


ゆっくり話したいこと、また詳しく聞きたいことがあるときは、静かで落ち着ける場所を選びます。


また、ときどきは静かなところでゆっくり話し合う機会をつくり、日ごろ老人が思い込んでいること、誤解していることをよく聞いて、訂正してあげたり、日ごろ聞きただしたいこと、疑問などをわかりやすく話してあげたりすることで、人に対する信頼感が増すことになります。


こういった能力は、介護 求人に応募してからでも十分に備わると思われます。

はっきりと、ゆっくりと話す 

July 19 [Tue], 2011, 13:48
一般に、かん高い声が聞きとりにくくなるので、注意が必要です。


難聴のある老人のいるところでは、たとえ本人と関係のない事柄でも、小声で話したり、ひそひそ話をしたりしないことが大切です。


常に会話は適当に大きな声で、はっきりと、ゆっくりと話す必要があります。


人の話を半分理解したままそれを聞きたださずに思い込んでしまい、被害意識を抱くことは老年者ではとくに多くなります。


本人と関係のない話、また、本人に聞かせたくない事柄は、別の部屋で話すように心掛けることです。


これは、介護福祉士 求人に応募する方に関わらず、利用者の家族にもあてはまることです。

難聴のある老人のケア 

July 01 [Fri], 2011, 13:47
聞こえないことにあきらめてしまって、耳あかがたまったままに放置している老人も多く、耳あかをとったらよく聞こえたと喜ばれることもあります。


外耳の状態もよく観察すると、指や耳かきで外耳を傷つけている場合があります。


また、洗面や入浴のとき、耳だけ洗い忘れることが多いので、清潔を保持しておくことは大切です。


難聴のある老人のケアにあたっては、まずどの程度の声(大きさ、高さ)、また、どの方向からが最も聞こえやすいかを見いだすことによって、コミュニケーションがとりやすくなります。


これから介護 求人に応募する方も、こういった事を現場で見学するといいと思います^^

保健指導とコミュニケーション 

June 20 [Mon], 2011, 13:46
聴覚障害に対する保健指導とコミュニケーションのあり方について。介護 求人応募者の人に役立つ情報です。


聴力の低下は正常な老化としても認められるものの、日常生活に支障となるような聴覚障害が認められたり、年齢のせいだとあきらめずに、専門医に相談し、治療を受けるよう指導します。


老人性難聴は医学的に治すことはむずかしいが、その他の難聴の原因を治療することができます。


しかしながら、治療できない場合も多く、全くもと通りになることは少ない。


そうすると、老年者の中には治療に不満を抱いて転々と病院を変える人もいるが、この場合はよく説明すると同時に、聴覚障害による苦痛をよく聞き、また少しでも改善できるように本人および家族などのまわりの人への指導が必要です。

言語音の了解度 

June 02 [Thu], 2011, 13:46
こんにちは。今日は前回の続きからです。


★言語音の了解度が低下するため、はっきり相手の言っていることが聞きとれず、そのために聞き返すことが多くなると、相手もまた老人のほうも、対話や聞き返しが面倒になってきます。


そうすると老人のほうは、よくわからなくても推測で適当に返事をしてしまったり、相手のほうも途中で対話を中断してしまうとそれによって重要な情報が伝えられなかったり、間違って伝えられたりする。


とくに、痴呆が加わった場合は危険です。


★聞こえないことを意識して対人関係では緊張し続けるために、大勢の人の中にいると精神的に疲れる老人も多い。


そのために、引っ込み思案になり、一人でいることを好むようになりやすい。


このように、聴力障害は老人の健康生活を直接障害するものです。


しかしながら、日常生活行動は聴力障害だけでは重度視力障害ほど障害されないものです。


これらの事を踏まえて介護 求人に応募することをオススメします。

前回の続き 

May 18 [Wed], 2011, 13:45
こんにちは。前回の続きです。介護 転職者の方にもお役立て頂ける事かと思います。


★話しかけても知らない顔をしたり、返答が不正確になったりする。


★テレビやラジオの音量を上げて聞いたり、大きな声で話す。


★聞こえない部分を自分の想像で補って、間違った解釈で話すことがあります。


★対話に誤解が生じやすく、自分をないがしろにされたとか、あるいは自分の意見を入れてもらえなかったと孤独感や猜疑心や被害感を抱きやすい。


そのために怒りの感情が生じると、ますます聞き違いが多くなります。


★他人を無視した行動をとりやすく、共同生活に困難を生じることがあります。


★耳鳴りがあると人の話し声は聞こえるが、話の内容が聞きとりにくいために、人が話をするのをうるさく感じる。


聴力障害 

May 05 [Thu], 2011, 13:44
こんにちは。本日も介護 求人者の方に有力な情報をお伝えします。


聴力障害とは、加齢に伴って聴覚の神経系統が次第に変性し、聴力が低下することをいいます。


人によっては40歳ごろから低下が始まり、50歳ごろになると急激に低下する。


また、低い周波数よりも、高い周波数の音が聞こえにくい。


聴力が低下しているうえに、注意力、判断力の低下、反応性の低下、運動能力の低下があると、生活場面において次のようないろいろな不都合が生じるので、注意を要する。


★踏切や横断歩道での警報、合図、車の音などが聞こえず、危険にさらされることがあります。