期待とプレッシャー 

2006年05月21日(日) 23時12分
どうやら期待ってのは少なからずもたれている。
それを隠すことなくぶつけてくれる。
中々にハード。
でも,それ以上にプレッシャーってあるもんで。
どっちかってーと,そっちの方に敏感かもしれない。
期待してくれるんはありがたい。
元々決まってたこととはいえ,それが肩にかかるわけだから。
しかしながら,いい環境を与えてもらってる。
ここでやらなきゃ,いつまでもできんさね。
気合い入れないと。

でも,それでも疑問に思うこってのもある。
ま,それもずべて受け止めて,結局のところ・・・
Anyway,やるしかない!!

巡礼の旅 vol.6 

2006年05月06日(土) 2時08分
さて,そんなこんなでナポリを散策。
まずは市場みたいなとこに足を伸ばす。
とりあえずイタリアといやー,ピザだろと露店で購入。
これがね,でかいんだ。
安いんだけど。
でも,,,冷えててあんまおいしくなかった・・・。
とゆーわけで,もう一店まわり,あったかいヤツをほおばる☆
これはまた格別にうまかった!
イタリアって感じをマンキツ☆

その後,電車に乗ってポンペイへ。
ここは火山の噴火によって壊滅した町の遺跡があることろ。
これがねー,でかいのなんのって。
軽く迷子になれる広さ。
台所やら何やら遺跡って感じの数々。
でも,噴火のすさまじさだけはしっかりと分かる感じ。
とりあえずコロシアムの立ち入ってはいけないとこに進入しときましたw
この遺跡だけで軽く数キロは歩きましたね。

満足して,今度は市街へ。
城みたいな遺跡まで延々と歩く。
見た後は腹が減ったので,ガイドブックにのってるかなりの歴史のあるレストランへ。
とりあえず行ってみるとまだ開店時間ではなく,外で待ちぼうけ。
寒かったー。
しかし!!ここは待つ価値があった☆
パスタ,メインともに抜群の味!
世話になった店の人にチップをあからさまに要求されたのにはビビッたが,
あげてもいいやって思えるくらいうまかった。
前田いわく,ここのペスカトーレがこの旅で一番うまいパスタだとか。
オレが食べたカルボナーラもまた然り☆
メインの魚もグッドで大満足。

で,帰り歩きながら,大通りから一本外れた路地を眺める。
これが,やばい・・・。
明かりがないうえに,車が路上に横付け。
つまりは警察も入れない。
ちょっと行ってみようとか言ってたけど,きっぱり断念。
あれは入ったら確実にポアされるわ。
で,歩きすぎて足痛くなったので(20キロ以上は歩いた),地下鉄へ。
これがまたひどい。
一駅ごとに悪ガキどもが警報鳴らして停車・・・。
駅員マジギレしつつも放置。
もはや無法地帯でした。。。
そんなこんなで疲れてホテルへ帰り,寝心地のよいベッドで安眠。
こーしてナポリでの1日は終わりました。
なんてゆーか,イタリアの下町をマンキツしつつも変な恐怖を味わった街がナポリ☆
でも,イタリアで一番飯がうまかったのもここなんでぜひ行ってみてほしい。
ただまー,治安はよろしくないので計画的にw

次回はローマ編を!!

巡礼の旅 vol.5 

2006年05月05日(金) 2時28分
すげー久々に巡礼の度記録を再開☆
もはや記憶があいまいになってるっつー噂がありますが,
たまたま横に一緒にいった輩どもがいるので確認しつつ記録を。

さて,前回の続きはモンペリエですか。
モンペリエ,実は滞在時間1時間ちょい。
何したって,マックで飯食って,ちょっくら丘まで歩いたのみ。
思い出もクソもありませぬ。
んで,そのまま鈍行でニースへ。
ニースってゆーと,高級感あふれるイメージあったんだけども吹っ飛びました。
駅前も何か普通ってゆーか治安悪そーだったし。
で,レストランで飯を食おうとしたら黒人の少年グループが入ってきて,
レストランの従業員とマジゲンカ。
フラ語でまくし立ててたんで何言ってんのかは謎だったけども,
とりあえず人種差別的なもんを感じましたわ。
気持ちのいいもんではなかった。
後味悪いまま,夜行列車でナポリへ。

ナポリは着いて,気の向くまま歩いて3星ホテルに泊まることに。
安かったからね。
で,出かける前にホテルの人に危ない地域を聞くことに。
とゆーのも,来る途中に会うヤツ会うヤツみんな怪しい。
これは危ないとゆーことでね。
すると,何とここが危ない地域だと・・・。
もっとオブラードに包めよ!
ちょっと気になっただろーが!!
しかも,その後「お前ら危ないトコ行きたいのか!?」と。
アホか!
行きたいわけねーだろ!
行きたくないから聞いてんだっつーの。。。
そんなこんなでナポリの出だしは変な感じでした。。。

次回はナポリ〜ローマ編をば。

GW前 

2006年05月01日(月) 6時34分
さー,GW前ラストの仕事。
今日は何があることやら。
とりあえず朝早。
がんばっていきますか。

グリーからはずしたとはいえ,意味があるわけじゃーない。
ただね,たまには本音もね。
取り繕うわけじゃないけど,書きたいしね。
かかかw

やっと開通☆ 

2006年04月24日(月) 21時50分
今日やっとネットが開通したぁぁ!!
この半月不便この上なかったー。
こんなにネットって便利なんだと再確認させられましたなー。
まぁ,なきゃないでゆったりしてたんだけど。

さてさて,明日は一日中聞き手。
寝ないよう,早く寝よう・・・。

アドレス変更 

2006年04月23日(日) 17時08分
昨日携帯のアドレスを変えた。
それがどーしたって話なんだけど。
かれこれ6年以上使ってたアドレスを変えるのは勇気が必要でね。
高校3年の時から慣れしたんだたった8文字のアドレス。
ボーダフォン(当時はJフォン)時代は迷惑メールなかったからよかったけど、
ドコモに変えたら、変えたその日から迷惑メールの嵐。
すかさずドメイン指定により今日までやってきた。
けど、もはやメーリスが携帯に来ないのはつらいってことで泣く泣く変更。
それでもあっぱあの8文字ははずさずに考えた。
何かねぇ、はずしたら記憶飛びそうな気がしてね。
思い出詰まってますからw

そして、これ読んでる人で昨日メールを返信してくれたドコモユーザーの方!
返信したんにレスポンスねーだろと思ってる方、申し訳ありません。
何とドコモは迷惑メール対策として、1日200通以上メールした場合、大量メール送信者と判定し、その日はドコモユーザーにメールできなくするんすよ。
なめた対策とりやがったせーで、返信ができませぬ。
ドコモユーザー以外とはやりとりできるんすけどね。
明日返しますんで、ご容赦を。

で、ここで思いついた顧客視点。
アドレス変更した際に、アドレス帳にあるアドレスに一斉送信できたらどんなに楽か!
この昨日搭載したら売れると思うんだけどなー。
そしてドコモ、わけわからん対策しやがって。
いつか潰してやるw

どーもどーも 

2006年04月22日(土) 23時46分
家にまだネットがつながってないため、かなり久々の更新。。。
巡礼の旅vol.5はちょっと先だなー。
忘れてねーか心配だw

社会人になった。
朝が早い。
自分の時間が減る。
色々あるけど、まだマシなんだろな、研修中は。
あとちょっとで研修も終わり。
現場見る限り、早くあそこ行きたい気もするけどね。
ま、がんばりますか。

とりあえず酒の量が増えた。
体重増加に気をつけようw

巡礼の旅 vol.4 

2006年03月28日(火) 18時03分
さて、3月ももう終わり、いよいよ社会人まで秒読み態勢に入ってきましたね。
卒業式、追いコンなど色々とオールで楽しんで、引越しも終わり一段落。
これらについてはいまさら書くことねぇなぁと思うのでスルーw
巡礼の旅の続きを忘れないうちに書いとこうと。

さてさて、サンセバスチャンから寝台列車に乗ってバルセロナへと移動。
ここでスケが体調を崩す。
寝台列車が寒かったんが原因くさい、が、それにしてもひどい下痢病だったw
1日10数回行ってたしw(笑い事ではない)
そんなため、サグラダファミリアには前田と二人で向かうことに。
意外に道は簡単で歩いて到着。
サグラダファミリアはやっぱでけー。
観光客でいっぱいでした。
このサグラダファミリア、完成まで200年かかるといわれてたけども、最近は急ピッチですすめているため、あと20年くらいで完成するとか。
今ここで断言しよう。
完成しません!
だって、中入って上見上げたら、作業員談笑しながらタバコ吸ってやがんの。
地下にはガウディの歴史だとか、完成予想図やらパーツの縮小版とかが陳列。
こんなもん作ってる暇があれば、本物に着手せんかい。
でもま、建物自体はやっぱすげーもんでした。
その後もう一個のガウディの建築物を見て、ホテルへ戻りスケを合流して海岸へ。
みなとみらいのパクリバージョンみたいなのを見て飯。
正直、今までの都市と違って観光地!って感じであんまり興味は駆り立てられなかったってのも本音。
まぁ、ここで食ったパエリヤは絶品でした☆
そして朝早くにバルセロナを出発しましたとさ。
次回はモンペリエ〜ニース〜ナポリ編をば。

巡礼の旅 vol.3 

2006年03月20日(月) 17時59分
さてさて、3人になってからまず訪れたのはサン・セバスチャン。
レアル・ソシエダのホームにして、バスク地方ってやつです。
ちなみにコンポステラからここまで夜行バスで12時間。
移動が長いっつーの。
着いたのが6時前でまだ街は完全におねんね。
明るくはなってきたのでロッカーに荷物を入れてちょっとずつ歩き始めました。
まずはビスケー湾の片側にあるバスクの城跡に。
この地方はスペインからの独立を望んでる地方で、スペイン語も通じるけど、現地の人はバスク語を主に使ってるみたい。
基本的にスペ語とは違う部分が多いらしく、スケでも標識に書いてあることがわからないくらい。
まぁ、そーゆー抗争の中で使われてた城跡に行ったわけです。
登ってバスクの旗見て、上にそびえるキリスト像(通称切れてないっすよ像)を眺める。
なぜ切れてないかってゆーと、そーゆーポーズとってるんだもん。
小力はこれのパクリだったと判明w
その後は湾を横断してもう片側の展望台へ。
そこにはスケ思い出の遊園地があった、が、完全に閉鎖w
思い出も何もあったもんじゃなかったけど進入して撮影しまくり。
そっから眺める景色はビスケー湾が一望できて圧巻でした。
ビスケー湾往復してるだけで10キロ以上歩いてますから。
その後、腹が減ったのでバルでサンセバスチャン名物ピンチョを食す。
このピンチョってのはつまみみたいなもんで、パンのスライスの上にいろんなもんがのってるんです。
これがうまいのなんのって。
で、みんな腹が減りまくってたので合計で22ピンチョ食う。
ちなみに一般的にはつまみであるがゆえに1人2,3ピンチョしか食わないらしい。
店の人驚きの数を食ってやりました。

その後はソシエダのホームグランド行って、見るべきとこを制覇したのでショッピング。
手荷物を少なくするために衣服をほとんど持ってきてなかったので、買うことに。
日本では高いらしいが、こっちでは激安のZARAにて一式買う。
でも2万弱。
ルンペンから小汚いくらいにイメチェン。
前田君の変わりっぷりは見る価値ありっすよ。
んで、晩飯はピンチョのはじご。
さすがに昼はやりすぎたってことで、店をはしごしつつ、ピンチョを食いましたとさ。
そこでスケいわくスペイン一の美女を発見し盗撮w
そして夜行列車でバルセロナへを向かう。
今回はここまで。
次回はバルセロナ編をば。

巡礼の旅 vol.2 

2006年03月17日(金) 16時20分
サンティアゴ・コンポステラ。
ここはキリスト教3大聖地のひとつで、すさまじいカテドラルがあった。
ホントみたらわかるけど、圧巻の一言。
そのうち写真のっけます。
いきなり衝撃的なもんを見て興奮。
これがまず最初の衝撃でした。
んで、生ハム食ってまた衝撃。
うめぇんだ、これが。
そして、やはりスケのスペ語に圧巻。
やっぱいいなぁ語学操れるんは。
でも実は、これに助けられるんはこれ以降だったりもしたかも。
そしてやすひろとはこの1日でお別れ。
次の日も同地をめぐりまくって、コンポステラマニアになった。
どんだけ同じ道やら行き来したか。
でも完全に把握できないよーな街並みがある意味素敵。
夜にはバルで酒飲みつつ、バルサチェルシー戦見れて上機嫌。
久々にいい気分で酔っ払ったw
そして、次の日も軽く回って、昼飯。
この昼飯が旅の中でも1,2を争う強敵が出ました。
その名は「カブ」。
そうおなじみ野菜のカブです。
すさまじい量のね。
ホント、5人がかりで苦しむんですから。
ラスボス級。
ま、カブはまたそのうち詳しく・・・(意味あり)。
で、タムソン・美香と別れて、過酷な巡礼の旅がはじまったわけです。
とりあえず今日はめんどくさいのでここまで。
こっから総移動距離およそ10000キロ(はあると思う)の旅がはじまったのでした。
続きはいつになるやらわからんけど、そのうち書きます。
P R
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像deha
» 期待とプレッシャー (2006年06月11日)
アイコン画像みつ
» GW前 (2006年05月05日)
アイコン画像よしこ
» GW前 (2006年05月03日)
アイコン画像みつ
» アドレス変更 (2006年04月24日)
アイコン画像キャップ
» アドレス変更 (2006年04月23日)
アイコン画像みつ
» 巡礼の旅 vol.3 (2006年03月28日)
アイコン画像あず
» 巡礼の旅 vol.3 (2006年03月22日)
アイコン画像みつ
» 一握の砂 (2006年02月26日)
アイコン画像あずさ
» 一握の砂 (2006年02月23日)
アイコン画像副班
» 一握の砂 (2006年02月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grandsky
読者になる
Yapme!一覧
読者になる