遅・・・ 

August 22 [Tue], 2006, 20:08
更新遅れました。

最近いろいろあって、このブログにカキコ出来ませんでした(泣)

この夏は、本当にいろいろあってしんどかった。


勉強に追われて、神経がヤバかった。本当に、、、塾の先生が、スパルタかけてくれるのは良いんですが、進むスピードが本当について行けなくって・・・。本当に泣きそうでした。


・・・・ついて来いよ


・・・・遅れたら知らんぞ



・・・・そんなこと言わないでよ・・・・・。
私,先生が思っているほど頭が良くないのに・・・・。


私、馬鹿だよ。

数学の問題だって、分からなかったらすぐ答えに頼るぐらいだょ。




気づいてよ・・・・


ねぇ、先生。

確かに今年でお別れなのは寂しいけど、気づいてよ・・・・・


私のこと・・・。


「今の段階で、これだけやっていたら医学部も行けるぞ」


・・・・この単元の内容、全然解っていないのに?


・・・・どうしてこんなコトを言うの?





。。。でもね、私、先生のことが大好きなんだよ。


・・・・・そんな先生が。


いつも私を楽しませてくれる先生が。


・・・・でもね、


もうちょっと私のこと


解ってほしいな。


私の全てを。








だからね、私、先生につりあうようなヒトに頑張ってなるよ。



先生みたいに頭がよくはならないけど、それに近づくぐらい、努力するよ。



愛しています・・・・・。




先生。

残酷物語。 

August 05 [Sat], 2006, 23:25
昨日、ヤモリがお風呂場の天井に固まっていた。

私は、このヤモリは、前に見たことがあった。

そう。排水溝の隅っこに。たたずんでいた。

私は、そのことをすっかり忘れていた。

そして、のんきにお風呂なんかに入っていた。

そして、ふと思う。




「今まで、どうやって生きてきたのだろう・・・。食べ物なんか全然ないのに」



・・・自然の生命力はすごいと思った。

私は、虫が嫌いな方なので、お風呂場のいすの下に閉じこめておいた。



「見なかったことにしよう。」と・・・・。


そして、今日の朝ヤモリがどうなったのかが気になって、見に行った。

すると、ヤモリは、排水溝のそばではいつくばって死んでいた。




なぜ、昨日まで生きていたヤモリが死んでしまったのか?

まぁ、食料もないから当然かなぁ?と思いつつ・・・・


そうすると、お母さんが、「ヤモリにお湯をかけていたら死んでしまった。たぶん、相当弱っていたのとちゃうか?」

・・・「ヤモリにお湯かけた」って・・・。


なんか、かわいそうというか、哀れというか・・・・・。



まぁ、人間もそんな感じなのかなぁ・・・・。


natural 

August 01 [Tue], 2006, 21:49
私の故郷は「田舎」だ。

・・・最近少なくなった、「田舎」

私は、稲の穂が風に揺れている音が好き。

その、田んぼに水を張っているところに反射した空が好き。

そういう、心が静まる風景を最近じっくりと見たことがなかった。

最近。。。。いろいろありすぎた。

人間関係、勉強、圧力・・・・どれもシンドイ。

私を、とことん追い詰める。

息が苦しかった。

でも、最近、休暇ができて、自分のコトについていろいろ考えることができた。

将来は、誰にも分からない。自分で作っていくものだ。

未来を切り開く。

空。 

July 31 [Mon], 2006, 20:15
今日は、空に海を移したような青い空。

飛び込み台から見上げた空はもっとすごいんだろうな・・・と思いつつ、「校長の話はただの雑音」であった。




澄み渡った青い空、白い飛び込み台、そして。。。。私はその飛び込み台から群青色の怪物の中にとびこむ。
最初は怖いけれども、やってみると、水が私を包んでくれて支えてくれる。





・・・・そういうことを想像(こういうのは「想像」というと思う。少なくとも「妄想」ではなさそうだ)していた。

体育館では、熱気と暑さと湿気で、倒れる人が数人。汗をたらたらかいている人はほとんど。
なのに、大人は、上の人に従おうとしている。「アガナウチカラ」を持てずに。。。


それは、間違っていることだと知っていても。

単に、それは、

勇気がないだけ。

そして、私も勇気がない。

最初は、「勇気」を持っていたかもしれないが、年とともに消え失せかけている。





時々、漫画の中で出てくる「勇者」に私と置き換えてみる。
でも、所詮「漫画」だ、、、本当なわけがない。
本当に起こったらおもしろいだろうな。と思っていたりする私。


現実逃避してしまう。


これが私の癖になっている。

この世の中は

何か「得体の知れないもの」が漂っているように思う。



それから抜け出して、
勇気を持つ人が

現れるのを

私は密かに

待っている



・・・・・ずっと、待っている。

そういう人が、この濁った世の中を変えてくれるのを。


初。 

July 30 [Sun], 2006, 21:56
こんにちは、初めましてgraffiti-wallです。
実は、ほかにもブログサイトを作っているのですが、もう一つ作ってみようと思いました。

というのは、こっちが私の「裏」面を、もう一つのは私の「表」面を表したかったんです。

そして、こちらにはいろいろ、私の心の中を書いてみたいと思います。

つたない文章になりそうですが、よろしくお願いしますね。


もしも。。。もしも、私の表面を見たいという人は
http://algebra.blog41.fc2.com/まで。


でも、あまり見てほしくないです。
P R
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像男だけど潮ぴゅっぴゅしたよwww
» 遅・・・ (2009年06月16日)
アイコン画像すかし
» 遅・・・ (2008年10月19日)
アイコン画像コンプ
» 遅・・・ (2008年10月05日)
アイコン画像新妻Y
» 遅・・・ (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» 遅・・・ (2008年09月26日)
アイコン画像ちちち
» 遅・・・ (2008年09月25日)
アイコン画像
» 空。 (2006年07月31日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:graffiti-wall
読者になる
Yapme!一覧
読者になる