その149 主の祈りD

October 15 [Sun], 2017, 10:30
主の祈りD

マタイの福音書6章9−16節

6:9 だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。
6:10 御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。
6:11 私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。
6:12 私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。
6:13 私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕

「私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。」

私たちが人から何かされた悪いことを赦すことと、私たち自身が知っていて、あるいは知らないでしてしまう悪いことが、神様に赦されるということに、密接な関係があるのだと、この主の祈りは教えています。

赦すとは…

1、自分を自由にすること。
18章のたとえ話を通して、人を赦さないことは、牢屋に入って自分自身を縛り付けることになるのだとイエス・キリストは忠告しています。人にされた悪を何年も忘れることができず、恨みに思い、憎しみを持ち、生き続けることが、人間にはできます。しかしそれは自分自身を苦しめ続けることにもなるのです。
自分を傷つけた人を赦して、その牢屋から出ていきましょう。そうしない限り、私たちは一生自由になることはできません。赦すということがどんなに大きな解放をもたらすかを、体験するものとなりましょう。

2、恵みを受け取ること。
幸福は自然に来るものではなく、自分から選び取るものです。人生は選択の連続です。しかし悪魔はまるで私たちには選択の余地がないように騙すのです。私たちは聖書に基づいて、恵み、つまり赦すことを選び取らなければなりません。赦すということは、相手を見ることをやめて、神様のほうに視線を向けることです。神様を見て、神様がどんなに大きな、恵み深い方なのか考えて、神様からの恵みを受け取ることを信じましょう。
赦しには、私たちが恵みを受け取る鍵があります。選択は私たちの手の中にあります。恵みを選び取りましょう。

3、勝利すること。
赦すことは敗北ではありません。勝利することです。イエス・キリストは勝利するためにこの世に来られました。悪魔の仕業を打ち壊し、罪に定められた人間を解放し、神との交わりを回復させ、永遠の命の希望を与えてくださいました。ではイエス・キリストの勝利はどこで決定したのでしょうか。十字架の上のこの言葉で決定されたのです。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。ルカ23:36」人間関係という最も難しい問題、悪魔が背後で働き、互いに不信感を持ち、互いに憎み合い、互いに傷つけあい、互いに殺しあう、そしてそのような負の連鎖が国同士の間にまで構築されていく、そのような悲惨で絶望的な世界を、どのようにひっくり返して、勝利していくかという最も偉大な答を表しているのです。
私たちは、日常生活の中で、何を武器にしているでしょうか。知識で勝とうとしているのでしょうか。お金で勝とうとしているのでしょうか。力で勝とうとしているのでしょうか。十字架の赦しによって、勝利を得る者となりましょう。

今週の暗証聖句
しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。    ローマ8:37

その148 主の祈りC

October 01 [Sun], 2017, 10:30
主の祈りC
「日ごとの糧を今日もお与えください」

マタイの福音書6章9−16節
6:9 だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。
6:10 御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。
6:11 私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。
6:12 私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。
6:13 私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕

人間の幸福は…
1、必要が満たされることにある。
日用の糧というのは、毎日食べる食べ物のことです。しかしこれは、もう少し大きく捉えて、私たちが生きるために必要なものと考えたほうが良いでしょう。私たちに必要なものを与えてくださいという祈りです。言い換えるならば、必要以上に求めるところに人生の不幸があるということです。食べ物だけではなく、持っているものすべて、特にお金に関して、必要以上に求めることが落とし穴になる。「足ることを知る」ということが、幸福の秘訣なのだと聖書は教えているのです。
今日本で「勝ち組」と言えばずばり大きなお金を稼いでいる人ですが、聖書が教える「勝ち組」は、「満ち足りる心」を持つ人のことです。衣食があれば満足できるような心、今日生を受けていることに感謝できる心、そんな心を持っている人こそが、本当の幸福の秘訣を知っている人なのだと教えているのです。


2、神様を信頼することにある。
私たちは、時に不安になります。明日何が起こるか分からないからです。「今日食べられても、明日食べられなくなるかもしれない。」「今日健康でも、明日病気になるかもしれない。」「今日幸福でも、明日不幸になるかもしれない」、と思い煩って、今日の幸福さえも、台無しにしてしまうのが、人間の弱さです。イエス・キリストはこの主の祈りを教えられた山の上の説教で、何度も、思い煩うことをしないで、神様を信頼しなさいと言われています。
明日のことは、誰も分かりません。悩んだからと言って、私たちは自分の寿命を少しでも延ばせるわけでもありません。大切なことは、毎日を、神様を思い出して、神様に感謝して、喜んで生きていくとき、私たちは、ただ生きているのではなく、神様に生かされているという自分を知り、充実した毎日を幸せに生きていくことができるということです。この主の祈りを毎日、祈ることによって、日々養ってくださる神様を喜び、思い煩わないで、人生を楽しむようにしていきましょう。

3、自分だけではなく、他の人たちの必要も満たされるように祈る。
イエス様がこの主の祈りを通して教えている人間の幸福は、自分だけではなく、周りの人の必要も満たされるように祈るということです。ここで「私の食べ物を」、ではなく「私たちの食べ物を」と祈っていることに注目しましょう。私たちの人生においては、「自分だけが幸せになる」ということはありえません。皆が誰かの恩恵を受けており、また自分も誰かの役に立つようにならなければ、本当の生きがいを得ることはできないのです。
周りの人たち、信仰の家族の必要も満たされるように願いましょう。また、まだイエス様を知らない人たちが、本当の必要である、イエス様を知って、永遠の命を得ることができるように、これからも熱心に求めていきましょう。

今週の暗証聖句
いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。             
1テサロニケ5:16−18