その42 人の弱さと神の恵み

July 26 [Sat], 2014, 20:26
2コリント12:7-10

12:7 また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。
12:8 このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。
12:9 しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。
12:10 ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。
 
パウロには「肉体のとげ」と言うべき何かの病気があったようです。そこで彼は癒してくださるように神に何度も祈りました。しかしこのパウロの祈りに対して、神様は「私の恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである」と答えられたと、パウロは告白しています。この時パウロは何か素晴らしいことを悟ったのです。それは何かというと一言で言うなら「神の恵みは人の弱さに働く」ということです。どうしてでしょうか?

1、私たちが高ぶらないため
7節 私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。
パウロ自身が悟ったことによると、彼を苦しめ、弱くする以外の何ものでもない病は、彼が高ぶらないために与えられた苦しみだというのです。もしかしたら彼の心のどこかに、神に頼らず、自分を頼みとする高ぶりが芽生えていたのかもしれません。そこで神様は彼に大切な教訓を与えたのです。高ぶりこそが、人生の最大の落とし穴だということを。この経験を通して、伝道者パウロは、人間的にも信仰においてもさらに成長し、大牧者となったのではないでしょうか。
私が弱いときにこそ、私は強いということは、自我が砕かれて、神様の前に完全にへりくだって、自分の弱さに向かいあうときです。自分の弱さ、情けなさ、罪深さに向き合うことは、とてもつらいことですが、そのときにこそ、神様の力が、私たちの内側から流れ出ることを信じましょう。

2、私たちがキリストを必要とするため
9節 私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。
私たちは、キリストが私たちのために何をしてくださったのか、もう一度思い出す必要があります。イエス様の生涯のクライマックスは、華々しい奇跡にあったのではなく、十字架にこそ現われたのでした。弱さの象徴のような姿にこそ、全人類の罪を一身に背負うという神様の偉大な決意が現されたのです。
「こんな弱い自分にはイエス様が必要だ」と思えることこそが、本当の恵みであり、イエス様の力を受取る秘訣です。弱さを覚えるときこそ、イエス様の十字架を見上げていきましょう。

3、神の力を人のために使うため
10節 ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。
彼はその強さとは、自分のためにあるのではなく、この手紙の宛先であるコリントの教会の人たちを愛するためにあるのだと言いたかったのです。神から来る力、強さとは、人の上に立つための強さではありません。与えつくす愛の強さなのです。

人は何かを与えるために生まれました。

私たちが弱いときにこそ、私たちは強いのです。
そしてその神さまの強さを持って、周りの人を愛することをしていきましょう。

今週の暗証聖句
なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。
2コリント12:10

その41 神にはある

July 19 [Sat], 2014, 13:51
創世記22:1−18

アブラハムの人生のクライマックスの場面です。神はアブラハムに25年間待ってようやく与えられた、愛するひとり子である息子のイサクを捧げるように命じます。神が愛であるなら、何故このような命令をなさるのでしょうか。このことは何を意味しているのでしょうか。

1、神には目的がある。
12節 御使いは仰せられた。「あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今、わたしは、あなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」

神は目的なく信じて従う者に試練(苦しみ)を与えることはありません。アブラハムは神に試され、合格しました。この試験をパスすることは、彼自身だけでなく、後の人類の歴史に大きな意味があったのです。
 私たちも信じて従うときに、試練にあうことがあります。神の目的がないのであれば、それはただの苦しみであり、意味がありません。しかし神は私たち一人ひとりに最善の目的を持ってくださるのです。目的を持って導いてくださる神を信じましょう。

2、神には祝福の備えがある。
14節 そうしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。今日でも、「【主】の山の上には備えがある」と言い伝えられている。

 試験に合格したアブラハムには、息子イサクの代わりに神に捧げる雄羊が備えられていました。神の言葉に黙々と従い、自分の息子でさえも捧げようとしたその心に対して、神は応答されたのでした。神に従い、捧げようとする人間を、手ぶらで帰されるようなことはないのです。
 私たちは自分にとってイサクのように大切なものであったとしても、神様が求められるなら捧げるという覚悟を持っているでしょうか。私たちがまことの礼拝を捧げたときに、神が豊かな、無尽蔵の祝福を持って臨んでくださることを期待していきましょう。

3、神には計画がある。
18節 あなたの子孫によって、地のすべての国々は祝福を受けるようになる。あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」

アブラハムには分からなかった神の計画がありました。それはこのアブラハムの子孫からイエス・キリストという救い主が生まれ、神から離れて(罪)苦しんでいる(罪の結果)人々を救うというものでした。アブラハムのひとり子を捧げるという行為は、今から2000年前のキリストの十字架の予告であったのです。
 私たちにとって神の計画はあまりにも深く、その時には理解できないことがたくさんあります。しかし神を信じて従う者にとって、神のなさることに無駄はなく、「(苦しみも含めて)すべてが神の計画であった」と振り返ることができるのです。神の計画を信じて、委ねてゆく生き方を選び取りましょう。


今週の暗証聖句
私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。ローマ8:32

その40 迷子

July 12 [Sat], 2014, 17:32
ルカの福音書15:1−7
「おー迷子!!!」
 
15:1 さて、取税人、罪人たちがみな、イエスの話を聞こうとして、みもとに近寄って来た。
15:2 すると、パリサイ人、律法学者たちは、つぶやいてこう言った。「この人は、罪人たちを受け入れて、食事までいっしょにする。」
15:3 そこでイエスは、彼らにこのようなたとえを話された。
15:4 「あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九十九匹を野原に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。
15:5 見つけたら、大喜びでその羊をかついで、
15:6 帰って来て、友だちや近所の人たちを呼び集め、『いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んでください』と言うでしょう。
15:7 あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。


このたとえは当時の社会で「罪人」と見られていた人たちを受け入れているイエスに対して、宗教家たちが批判したことから語られたものです。イエスが羊飼いであり、この「罪人」が迷子の羊であることは明らかです。

1、すべての人が神のもの。
4節「あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの一匹をなくしたら…」
 イエスは人々に嫌われ、仲間はずれにされている人たちを自分の羊にたとえています。イエスにとってはどんな人でも自分(神)に属するものであり、大切な存在なのです。何故ならすべての人が創造主である神から命をいただいているからです。そこには他の人との比較はありません。一人ひとりが貴重な存在で、代わりはないのです。
この神とともにいるのが本来の人間の姿です。神のそばで生きてはじめて人は本当の安心と安全を持つことができます。しかし多くの人が羊飼いのように自分に気を配り、護ってくれる神から離れ、迷子になっています。この状態を罪と呼びます。神と離れ、安心と安全を失って苦しむ人間の姿が、迷子になっている羊です。「自分は神のものなのだ」ということに気づきましょう。

2、イエスは捜している。
4節「いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。」
ここに描かれている神(キリスト)の姿は、人間に探してもらう神ではなく、人間を探し回って見つけようとする神の姿です。私たちは宗教というと自分で求め、学び、知ろうとするものだというイメージがありますが、神のほうから私たちを探し、追いかけ、捉えようとしてくださっているのです。人間は神とは何かを知らなければならないのではなく、呼んでくださっている神の声に気付くことが必要です。教会に来るきっかけは様々であっても、すべてに偶然はありません。その背後には神の呼ぶ声があるのです。自分を呼んでいる神の声に気付きましょう。

3、信じるとは見つけてもらうこと。
5-6節 見つけたら、大喜びでその羊をかついで、帰って来て、友だちや近所の人たちを呼び集め、『いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んでください』と言うでしょう。
私たちすべてが神を喜ばせることができます。良い行いをするとか、特別なことをすることによってではありません。神に見つけていただくだけで良いのです。私たちを見つけるだけで、天には大きな喜びが起こるのです。キリストはこのように、人が神に見つけられて、神のもとに戻ることを「悔い改め」と呼んでいます。
私たちは神の探す声、呼ぶ声に気付いたのであれば、「はい。ここにいます。あなたのところに帰りたいです」と応えるだけで良いのです。
 キリストは私たちが帰ることができるように、十字架の御業によって神との隔てに橋をかけてくださいました。誰でも十字架を通って父なる神のもとに帰り、豊かないのちをいただくことができます。神の呼びかけに応えましょう。

今週の暗証聖句
わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。  ヨハネ10:11