その27 苦しみの中で

March 29 [Sat], 2008, 10:52
苦しみのうちに、私が主に呼ばわると、主は私に答えられた。詩篇120:1

「自分はこんなに苦しいのに誰も分かってくれない」

そんな孤独、あるいは怒りを感じることがある。

苦しいことがつらいのではなく、苦しんでいることを誰も見てくれていないと感じることがつらい。

聖書の教える神は、「苦しいときは呼びなさい」と言われる神だ。
私たちの悩み、苦しみ、孤独、問題、どんなことでも、神にぶつけることができるのだ。

そして、神はその私たちの声に答えてくださるという。

目に見える状況がどうであれ、心の目を神に向けてみよう。

世界中で一人ぼっちに思えるときも、目に見えない神が、じっと私たちの声に耳を傾けておられるのだ。