その16 心の値打ち

January 13 [Sat], 2007, 17:12
人は自分の道はみな正しいと思う。しかし主は人の心の値うちをはかられる。箴言21:2

最近とみに、自分の怒り、自分の都合、自分の利益、自分の正義・・・を理由に、人を傷つけたり、殺してしまったりするニュースを目にする。

きっと彼らなりに「正しさ」も感じているのではないかと思う。

しかし神様は大切なのはその人の「心の値打ち」だと言われる。「自分」ではなく「相手」を思いやる心こそが、本当に値打ちのあるものなのだという意味ではないか。

自分の思いを行動に移す前に、自分の心に値打ちがあるかどうか、考える必要がある。