その140 祈りと勝利

May 28 [Sun], 2017, 0:00
祈りと勝利 

使徒の働き1:12-14

1:12 そこで、彼らはオリーブという山からエルサレムに帰った。この山はエルサレムの近くにあって、安息日の道のりほどの距離であった。
1:13 彼らは町に入ると、泊まっている屋上の間に上がった。この人々は、ペテロとヨハネとヤコブとアンデレ、ピリポとトマス、バルトロマイとマタイ、アルパヨの子ヤコブと熱心党員シモンとヤコブの子ユダであった。
1:14 この人たちは、婦人たちやイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちとともに、みな心を合わせ、祈りに専念していた。

私たちが聖霊に満たされると勝利者となる。

鍵は聖霊。

祈って聖霊に満たされると・・・

1、自分を変えることができる。
聖霊は私たちを変えます。弟子たちは10日間の祈りの後劇的な体験をし、完全に変えられました。臆病で、弱虫だった彼らは、聖霊に満たされた後には、エルサレム中に、いや世界中に「このイエスこそ、キリストです。この方による以外に救いはないのです」と叫ぶ勇士に変えられました。
聖霊は弟子たちの周りの世界を変えたのではなく、彼ら自身を変え、そして彼らを通して、世界を変えたのです。これが神様のやり方です。神様は私たちの周りの世界、職場や家庭や、学校を直接変えてはくださいません。神様の願いは、私たちを変えて、私たちを通して、私たちの周りの世界を変えることなのです。すべては聖霊から始まります。聖霊によって変えられることを求めていき、本当の勝利をいただきましょう。

2、生きる意味をつかむことができる。
聖書が教える勝利とは、なにも金持ちになるとか、社会的成功を収めるとか、自分の野望を達成するということではありません。人生の意味、自分だけに託された神様からの使命、自分が今生きているのではなく、生かされているのだということをしっかりと知るということです。この弟子たちは、ペンテコステの日まで、まだ自分が何をするべきなのか分かっていませんでした。自分が何のために生き、どのようにして神様の栄光を表すのか、分かっていなかったのです。彼らにできたのはただひたすら祈ることでした。そして聖霊のバプテスマを受けて、彼らははっきりと人生の意味を掴み取りました。神を崇め、賛美し、神の家族と生活し、イエス・キリストを一人でも多くの人に宣べ伝えなければならないという偉大な使命を自覚して生きるようになったのです。私たちも、この苦痛と悩みに満ちた世界にあって、本当に自分を生かしているもの、自分が生きている本当の意味と使命を、聖霊によって受け取ることを求めていきましょう。

3、愛する力を持つことができる。
弟子たちは聖霊を受けたとき、「今こそ先生を十字架につけたやつらをやっつけてやる時だ」とは全く思いませんでした。むしろ彼らは、自分の愛する師を十字架につけた人たちを愛して、天国に行けるようにと福音を伝えたのです。どんなに迫害を受けて、殺されるようなめに遭っても、愛の力で、イエス・キリストを語り、証し、救いのメッセージがここにあることを示そうとしたのです。人間の力でそれをすることはできませんが、聖霊に満たされるならば、それができると約束されたのです。私たちもその愛の力を求めましょう。
聖霊に満たされるために私たちはどうするべきか、もう申し上げるまでもありませんが、祈る以外にありません。聖書は、彼らは心を合わせて、祈りに専念していたと証言しています。私たちも聖霊を求め、聖霊に満たされる信仰者となりましょう。

今週の暗証聖句
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。              1ヨハネ4:10
  • URL:http://yaplog.jp/grace_bible/archive/125