せとっぴだけどたけし

August 14 [Mon], 2017, 23:31
このごろよく見る太陽光発電システムつきの住宅では、家を売る際に太陽光パネルをどうするかが問題になります。簡単にいうと、パネルもエアコンなどの設備同様、はずして持っていくことも可能です。しかし専門業者を手配する必要がありますし、移転再設置にはお金もかかるわけで、迷った末にそのままにしておかれる人が少なくありません。いざ手放すにも手続きが厄介なのがソーラーパネルですが、これから移転する先に設置できる余裕がないということもあるわけで、そうなると家と共に残していくほかありません。一軒家を売るのに際しては、自分で全てを行うケース以外は不動産屋への仲介手数料が発生します。この手数料は、売買価格の3.24%に64800円を加えたものが上限額と決まっているため、もし売買価格の予測が立っているのであればだいたいの金額の算出が可能です。

でも、不動産業者が直接買い取ることになった場合、この仲介手数料は請求されません。

所有権移転登記に伴う費用は買主が負担するのが原則です。



ちょっとした豆知識ですけれども、大切な不動産の査定を依頼する不動産業者がまともな会社かどうか推測する手段のひとつに免許番号があります。免許番号が名刺に記載されていない場合は、認可のない違法な業者かもしれません。


国土交通大臣や都道府県知事の名の次にあるカッコつきの数字が更新回数を示し、長年営業しているところほど数字は大きくなります。とはいえ数字が小さくても、業務拡大で営業所が増えたり、地方から東京へ本社を移転した場合などもありますし、数字イコール営業年数と断定するものではありませんから、注意が必要です。

家を売却すると決めても早く売れれば良いのですが、長期戦になることもないではありません。珍しいことではありませんが、3ヶ月で買い手がつかないときは、値下げに踏み切るか、別の不動産会社と媒介契約を結ぶなどの手段も考えられます。媒介契約は3種類ありますが、いずれも法律で期間は3ヶ月と規定されており、契約満了後は更新する人もいれば、しない人もいます。


資産を換金できる点が、不動産売却での一番の利点です。それに、その物件で加入していた保険料、住宅ローン保証料は、残期間分が返ってきます。ただし、このお金は物件の取引終了と同時になんの手続きもなしには返してもらえず、自分で手続きをします。物件の売買取引が成立した場合、必ず、契約会社に連絡してください。なるべく納得のいく取引ができるよう、これから家を売ろうというのであれば、気をつけておかないことが幾つかあります。そのひとつが、似たような物件の流通価格を調査しておき、相場を把握した上で、不動産業者(複数であることが大事)に査定を依頼することです。



相場に不案内だと、査定で出された額が高いのか安いのかのモノサシを持たないで大きな取引をすることになります。
知っていればあの値段では売らなかったのにという思いをしたくなければ、最初の一歩は相場を知ることと心得てください。
住宅を売却する際は、売買契約をして住宅を引き渡すまでに、必要書類や登記手続き等で数ヶ月かかると見たほうが良いでしょう。


とにかく早く売却して現金を得たいのでしたら、直接不動産会社に売却することも可能です。買手イコール不動産会社なので早いです。



会社にもよりますが市価より安い値段になるので、素早い現金化が正しい手段なのかは、十分検討を重ねなければいけませんが、期間内にすみやかに不動産を売却可能という意味では有効な方法かもしれません。

土地の相場価格、類似物件の販売実績などの条件から、不動産の査定額は決定されます。


一通りの査定以外にも、その不動産会社だけの詳細なチェックポイントが変わるので、結果的に査定額が異なります。

業者は、どうしてその査定額になったのかという根拠を答えなければならないと宅地建物取引業法によって義務付けられています。何か気になることがあれば忘れずに確認してください。購入者が決まり家を売買するとなれば登記を変更するのですが、売主側の現住所(住民票上の住所)と売却物件の住所とが転居などの事情により異なる場合は、印鑑証明書(新住所地発行)と住民票が必要ですが、氏の変更や転居の回数によっては別途書類が必要です。契約日が迫ると忙しくなるので早めに用意しておいた方がいいですが、どちらも有効期限が設定されている書類ですから、必要なときに失効していたらたいへんです。

3ヶ月の有効期限が過ぎていたら急いで書類を再取得してください。いままで住んできた自宅を売る理由はさまざまでしょうが、勇気がなければできることではありません。それでも、やっと下した決断で深い後悔に沈むか、未来のために価値あるものにするかは自分の考え方次第でしょう。転居は物件の引渡し前に終わっているはずですが、その前には家財類を整理して、時間制限つきでどんどん始末する必要があります。身の回りの物を整理整頓すると、気分がすっきりしてくるものです。
家を売却することで得られるメリットはいわゆる断捨離も同時にできてしまうことでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる