面白かったけど、「実際のブラックスワン」にどう対処すればいいのか…

February 20 [Mon], 2012, 19:21
レバン出身の凄腕トレで哲学者のナシームタレブのブラックスワン不確実性とリスクの本質を読みました。
半年ほど前に、人気エッセイスト、マルコムグラッドウェルのタレブに関するブローイングアップ吹っ飛びの経済学ナシームタレブが壊滅的損失の不可避性ブラックスワンを投資戦略に転換させるまでというエッセイを読み、すごく面白かったので、本人の主著を読んでみたのです。
ブラックスワンは直訳すると黒い白鳥。
確率的にはほぼゼロであるにもかかわらず、いったんそれが発生すると壊滅的なメージを被る想定外の厄災のメタファーです。
911とかリーマンショックとか東日本大震災とかこの人、リーマンショックに象徴される米国の住宅バブルの大崩壊とそれに伴う金融危機で大儲けしています。
あのときに倒れたAIGなどのストックオプションを延々と買い続けて、大崩壊の際に高値で売り抜けたのです。
別の言い方をすれば、永遠に右肩上がりに見えた米市場の崩壊が不可避的に起きると確信して、少しずつ損を出しながらも、崩壊に賭けていたわけ。
この本が出版されたのはリーマンショック前の06年。
常に損を出しながらも出血に耐えて崩壊に賭けるのには、ものすごく強固な思想的な確信がなければできないことです。
それが書かれているであろうと思って読んでみました。
内容は、サブタイトル通り、不確実性に関する考察ですが、小難しい数式などは出てきません。
従来の確率笂搆v経済学を片っ端から否定していくサマはなかなか痛快でした。
とはいうものの。
これから降臨するかもしれないブラックスワン、たとえば日本の国債市場の093877壊滅とそれに伴う経済システムの崩壊とか、首都圏の大震災とかにどう対応すればいいのか、と我が身に置き換えて考えてみると、あまりいい考えが浮かんでこないww面白い本ではありましたが
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gqhyrt97pn
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gqhyrt97pn/index1_0.rdf