瀬戸内生活工芸祭2012 11/24

December 03 [Mon], 2012, 18:36
工芸祭2日目、玉藻公園会場。
午前中は、会場の近くでのお稽古事に、ムスメとだんなさまが出かけていたので、現地集合。
しかも、天丼だんなさまのリクエストの行列で待ち合わせという、何とも不思議な始まり屋台でそれぞれ食べたいもの私ハヤシライスムスメサンドウィッチコロッケを買って、遠くの大道芸を見つつ、レズ 動画のんびりランチ。
ココからが、想定外の動き。
作家さんのブースを2箇所程みたところで、ムスメが言った。
ごはんの近くにあった、袋作るのやりたいっ。
これやったら、絶対、途中でやってーって言うよなぁ。
これやったら、確実に回れないよなぁ。
と思いつつムスメを見たら、すごい勢いで怒っていたのでコワーイ、諦めて、保多織のバッグを作らせるコトにしました。
夏休みに、ワークショップでちょっと縫い物をやってたし。
聞いたら、40分くらいの製作時間とのコトだったので、5歳児だったら、まぁ、手伝いながら、倍くらいの時間かとも思ったしぃー。
ところが。
寒空の下、オトナに混じってチクチクチクチクチクチクチクチク縫い続けるコト、なんと3時間スタッフの方が全員の針に糸を通していてくれたので、母が手伝ったコトと言えばあ、意外にも裁ちばさみの扱いに四苦八苦だったので、そこだけ手伝いました。
誰かが出来上がるたびに、みんなで拍手。
なんだかそういうの、いいなぁって思いました。
もちろん、ムスメもできあがった時には拍手をしてもらって、たくさん褒めてもらいました。
終わる頃には、終了の放送が流れ、母の工芸祭玉藻公園はえぇ、天丼の行列目指して、駆け抜けていった時に、チラチラ見ただけで、終わっちゃいました。
しかも、最後の方、寒さで震えが止まらなくなって、もうメかと思った。
でも、ムスメの根性や手先の器用さを再確認できたコトは、大きな収穫。
それに、一緒に袋を作っていた人たちと話をしたのも楽しかったし。
なんだかんだと、いい2日間でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gqf9e4qf4o
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gqf9e4qf4o/index1_0.rdf