安藤美姫4回転失敗 

2006年02月24日(金) 17時07分
プッチーニのオペラ「蝶々夫人」をテーマにした自由演技の冒頭。4回転サルコーに果敢に挑んだ安藤の体は半周近く回転が足りずに着氷。尻もちをつくと、観客席から「あっ!」と声が上がった。  「4回転をやって力尽きた」。その後はジャンプで転倒するなどミスを連発。演技直後は今にも泣きだしそうな表情を浮かべた。  リンクを離れた安藤は「すっきりしました」と晴れやかな笑顔を浮かべた。4回転ジャンプは、2年前の秋に転倒して以来の挑戦だった。この日の練習で1度も決められなかったが、あえて大技に挑んだ。夢の舞台で挑めることが、なによりうれしかった。  女子の大会では安藤しか成功者がいない大技は、現在の採点方式の下では、失敗すればほとんど得点にならない「両刃の剣」でもある。この2シーズンは故障による練習不足も重なり、挑戦さえできない得ない状況が続いた。  昨年末に何とか五輪代表入りを決めた後には、右足小指を骨折していたことが判明。今も薬を飲んで痛みを止めている状況だ。五輪直前での演技構成の変更も重なり、練習拠点の米国では「日本に帰る、と毎日泣いていた」と明かした。  初の五輪では満足のいく結果を出すことができなかった。しかし、大舞台で4回転に挑戦できたことは、かけがえのない経験にもなった。  ショートプログラムが行われた日、「1度目の五輪は楽しかったが、今回は違う。メダルを取りたい」と荒川から聞き、「味わってみたい気がした」と話した。来季はこのプログラムを練り上げ、4年後のバンクーバー五輪への一歩を踏み出すつもりだ 続きを読む
プレミアム
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gpzero3
読者になる
Yapme!一覧
読者になる