今年の年末はどことなく淋しい。

December 18 [Thu], 2008, 19:59
米国発の金融危機が世界恐慌に繋がって、不良債権処理を済ませそれなりの好況を維持していた日本までが抜き差しならぬ状況に陥ってしまった。
外需依存の経済体質に更にシフトしていた為、ドルの暴落は痛打であった。
90円を切る水準の円高は十四年ぶり、どの企業もこのレートでは採算はとれない。
ソニー、本田、トヨタなどは殊に北米依存の最たる企業群だから尚更に被害も甚大である。
竹中、小泉改革のテイゼは経済のグローバル化に尽きると思うが、米国の国益に沿った形での経済態勢の改革でしかなかった為に、米国経済の躓きは毛呂に自国経済に跳ね返ることになってしまった。
この先、数年間は不況の基調は変わらないというから、日本も米国の顔色を伺い乍らの政策から、本当の意味でのグローバル化を視野に入れた政策へとダイナミックな舵取りを要求されるだろう。
内需主導の経済体質への変換などと囃子立てるが、高齢化社会に浸かった日本が果たして内需に頼ることで将来展望が開けるのか甚だに疑問ではある。【続】
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gptwmd
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
齢を重ねると見えないものが見えてきたり、そのように見えていたものが別の彩りで見えてきたりします。そんな徒然ないものを拾い集めてみたいと思っています。
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/gptwmd/index1_0.rdf