GPS発信機の料金の違い、費用の考え方

August 14 [Sun], 2016, 17:48
探偵に調査を依頼するという大掛かりなことをしなくても、自身でGPSレンタルを利用して安価で済ますことが出来ます。
GPSをレンタルすることができるレンタル会社は多々ありますが、レンタル会社によってレンタル料金は変わります。

手軽なGPSだと30日レンタルでたったの1万円代で借りることが可能となります。しかしながら、30日レンタルでの一般的なGPSの料金相場は30日間であれば大体3〜4万円程度となっています。

どうして各レンタル会社やGPSの種類ごとで、これだけ料金が変わってくるのでしょうか。

やはり安く済ませたいと思うかもしれませんが、料金だけに注目して決める場合には注意して考えなおす必要があります。

機能があまり良くないものはもちろん料金も安いのです。

レンタルした後に気づくのですが精度がものすごく悪くて現在位置が把握できなかったり大きな音が鳴ったりすることも実際ありえます。

電池がどれだけ持つかは金額に比例すると思ったほうが良いでしょう。実際に低コストなGPSの場合の電池持ちの平均は最大3日程度でしょう。

そんなGPSを利用した場合は、電池が切れる度に車から回収をして充電する為、30日間レンタルしたとしても実際に使用することができた日数は数日程度という悲しい結果になることが利用する前から分かるのではないでしょうか。

他には、電池の切れる間隔が早い為一番調べたかった日に今どこに居るかを調べることが出来なかったなんてことが事態も起こるでしょう。

簡易的に居場所を知りたい、たまに探したいという場合には安価なGPSでも充分対応できるのではないでしょうか。

しかし、浮気しているかを調べたい等のちゃんとした目的をお持ちの場合は費用が安いGPSは選択肢から外すべきです。

期待した結果が得られずにレンタル期間が終了してしまうことが非常に高いのです。

安価なGPSを使用して調査をしたは良いが、思った通りの結果が得ることなく再びレンタルし直す…という方も大勢いるのです。

他にも豆知識として、レンタルする日数は自由に選ぶことができますがレンタル期間は長いものの方が1日辺りの料金はお安くなっています。

レンタル期間が終了してもレンタルの延長料金を支払えばそのまま使用が出来るようになりますが、最初から長い日数で注文する方が断然お得になります。ですので、使いたい期間より充分に余裕のあるレンタル期間を決めることをお勧めします
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/gpsnext/index1_0.rdf