GPSで浮気の証拠を集める方法や気をつけるポイントは? 

October 04 [Sun], 2015, 20:08
パートナーの行動がどうも怪しいと思ったら、
GPSを使って行動範囲を知ることで、
浮気の証拠を集めることができます。

浮気の証拠をGPSで集めるには、
GPSロガー、リアルタイムGPS、スマホアプリの3つの方法があります。

GPSロガー



小型の装置を車などに取り付けて、
移動した場所を記録することができます。

行動範囲をその場で見ることはできませんが、
証拠としては記録があれば十分です。

値段的にもお手頃で、分かりにくいので一番おすすめです。

i-gotU GT-600

リアルタイムGPS



その名の通り、
専用の装置によって、
今まさにいる場所をリアルタイムに知ることができます。

一見GPSロガーより役立ちそうですが、
浮気の証拠集めには向いていません。

まず、リアルタイムGPSの専用の機器は業務用なので、
4-5万と高価で素人には扱いが難しいことです。

代わりに子供の居場所を監視するための、
ソフトバンクのみまもり携帯などを使う方法もありますが、
記録は残らないのと、
そもそもパートナーが常に携帯するとは限りません。
電池が持たないという問題もあります。

スマホアプリ



スマホアプリの中には、
GPS機能を使って、行動範囲を知ることができるものがあります。

ただし、パートナーに知られずインストールしなくてはならないのと、
バッテリーを節約するためにGPS機能をOFFにされていると役立ちません。

GPSロガーを利用するのが確実でしょう。

浮気をしている可能性が濃厚になったらまず専門家に相談を



GPSロガーなどを使って浮気をしている可能性が高いことが分かっても、
すぐにパートナーを問い詰めることはしないようにしましょう。

GPSでは行動した範囲は分かりますが、
その場に浮気相手が一緒居たことは証明できません。

証拠として不十分だと、しらを切られても反論できません。

後々慰謝料を請求する場合にも、
浮気相手とホテルか出てくる写真など、
物的証拠が必要になります。

本格的に証拠を集めるには、
探偵事務所を使うのが一般的です。

信頼できる探偵事務所を
自分で探すのは時間も手間も掛かりますので、
相談内容に合った探偵事務所を紹介してくれるサイトを利用することをお勧めします。

相談だけでも、匿名で無料でできます。
一人で悩んでいるよりも、
その道のプロに相談すると、より早く解決します。

匿名OK!安心の探偵選びなら、タントくん