勝手にドアを開ける人 

2005年08月05日(金) 20時03分
最近、研究室のドアを勝手に開ける人が多い。

たいがい学生だが、うちの学科ではない。

ノックなし、

挨拶なし、

お詫びなし、の3無主義。

お前はガンジーか!

こともあろうに教授様の部屋に、しかも入れ替わり立ち代り。

今日から在室中は問答無用で鍵をかけることにした。

50歳酒 

2005年08月04日(木) 23時52分
僕は焼酎が余り好きじゃない。
特にジンロとか、韓国焼酎はなかなか飲めない。
味もないし、化学薬品を飲んでいるような気がする。
じっさいそうだし。

僕でもどうにか飲めるのは、50歳酒。

焼酎と、百歳酒と呼ばれる薬酒を半々で混ぜて作られる。
百歳の半分だから50歳。簡単なネーミング。

これは以外にぐんぐん飲める。
焼酎の薬品くささを消してくれるから。

しかし、結局焼酎は焼酎。
ジュース感覚で飲んでると、
次の日後頭部に激痛が走っておきれません。

というわけで現在二日酔い中

ナミ島 

2005年07月31日(日) 0時05分
この島は去年から急に知名度が上がった。

日本人に。

もちろん、あれのせいである。あれ。

日本から来た元職場の同僚おねーさんに、

「え、まだ行った事ないの?ソウル住んでるのに、なんで?」

と以外がられ、誰か来るたびに言われ続けるのもいやなので、

行ってきました。

川中島で、橋があるかと思ったら、渡し舟でした。

スピーカーからはひっきりなしに日本語の案内が流れる。

着物姿の日本人も乗っている。島でやっている音楽祭に招待されたのだろう。

舟の上には万国旗、とおもいきや、
<大>
日本の旗だけない


これが韓国!まさに韓国!

日本のお陰で儲かってる島でも、対外的には反日を取り繕わねばならない悲しさ。

年金の憂鬱 

2005年07月27日(水) 18時17分
僕は今月から専任になって、来月国民年金から私学年金に移ることになりました。
掛け金の移譲は出来ず、代わりに一時金を受け取ることになります。


電話で聞いてみたら

「日 本 人 は 駄 目、全 額 ボッシュート」

なのだそうです。移譲ももちろん駄目。

理由は、

>日本の社会保険庁のHPには、返還一時金不可

これとの「相互主義原則」に則ったからだそうです。
例の運転免許や観光ビザと同じ。
ちなみにアメリカ人はOKだそうで。

今までの総掛け金500万ウォンをちょっと越えますが、
全額韓国政府にぼっしゅーと!

時間講師 

2005年07月26日(火) 0時44分
時間講師

日本では非常勤講師という

アルバイトみたいな職であるが、将来教授を目指す人には重要な経歴になる。

しかし運か実力か、あるいは両方伴い人は、これを生涯続けていく

「専業」になる。

あろうことか、わが学科で3コマの時間講師枠に穴があいてしまった。

2学期の開講を1ヶ月先に控えている。

短大の専任になった非常勤の女の子が、後任の紹介をせず蒸発してしまったのだ。

学科長から「探して来い」という命令が下った。

ここぞとばかりに、大学(日本の)の後輩ばかりで埋めてやった。

これぞ情実人事。やられるとやだけど、やってみると実に爽快。

愛校心に満ちた気分。

だから出来レースは無くならないんだろうな

研究室で寝る 

2005年07月24日(日) 23時59分
研究室で寝た。今日が締め切りだったので。
最近、このパターンが多い。
相部屋ではあるが、もともと留学生寮の部屋を改造したものなので、快適。
トイレもシャワーもあるし、冷房もよく効く。
夜は床に茣蓙を敷いて寝る。
何よりも、片道30キロの通勤が省略されるのがいい。

しかし昨晩、あろうことか冷房が故障した。
地下のボイラー室に行くと、明日の10時まで直らないと言う。
よりによって熱帯夜

12時を過ぎていたので、校門はしまっていて、車で帰れないし終電もない。
覚悟を決めて寝た

REBECCA 

2005年07月23日(土) 20時05分
Bugsにレベッカの曲が追加されていたので、聞いてみた。

 全曲があるわけではなく、真夏の雨やLove Is Cashなどツボが抜けてはいたけど、
ラインナップは充実していた。

 とたんに高校時代の思い出が洪水のように出てきた。一つの曲が一つのできごととリンクされていたようだ。今まで知らなかった。もう15年以上前なのにね。Friendsのヒットが中2の時だけど、中学のときはいい思い出があまり無いので、リンクされているのは高校の3年間ばかり。

 いつの間にか、当時の年齢の倍を生きてしまった。「あのころに戻りたい」という感情が、はじめて深刻に自分を襲った。不可逆、不可能な欲求なだけに、考えるほど絶望的な願いだ。

同窓会でも行って見るかな…

専任になる 

2005年07月22日(金) 17時21分
講義専担から専任講師に昇格した。

3週間前に

そういう重要なことは前もって知らせろという気もするが。

私学年金の書類を書かされて初めて知った。

任期制なのには変わりなく、給料が上がるわけでもない。

かわるのは任期がちょっと延びるのと、

名刺に「専任講師」と書けることぐらいかな。

早速注文しに行ってこよ。

論文格闘中 

2005年07月21日(木) 16時32分
8月中旬締め切りの論文が、突如来週月曜日までに大幅繰り上がった。

ありえへん。

格闘してきます。

お腹が痛い 

2005年07月19日(火) 21時19分
夏休み中だからカテゴリーが「場外」ばっかり。
カテゴリー増やそうかな。選択しない場合も多いけど。

「お腹が痛い」。
僕は朝方お腹がすごく冷えるたちなので、
夏でも11時ぐらいまではお腹に爆弾抱えてます。
車乗っても冷房できません。この季節でも。

韓国では「お腹が痛い」は、別の意味もあるんです。
「良い事のあった他人が妬ましく、面白くない」といった感情です。

特に同業者、潜在的な競争相手の場合、顕著です。
それは日本人でも、人間なら多かれ少なかれあるのですが、
少なくとも日本人なら、そんな感情を表には出しません。
韓国人の場合、それを包み隠さず、隙あらばその「良い事」を「残念な事」に
変換してしまおうと、虎視眈々と狙っているのです。

韓国人はラテン的、という人がいますが、それが故に、陰湿な部分も大きいのです。

他人を引きずりおろすことで、相対的に自分が這い上がれるという「実利」を
狙っているのか?そいうと、必ずしもそうではない。
どっちかというと、他人が躓くのを見て、ホッとしたいだけのことのほうが多いと思う。

李朝時代の党争と同じ。競争原理でもないし、だからあまり発展に寄与しない。
無意味な自己満足な消耗戦。
かつて何度かこれにやられたことはあるけど、
どうにか致命的な被害を受けたことはありません。

他人に羨まれる様な成功なんかしたこと無いもんね。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:goyang
読者になる
Yapme!一覧
読者になる