本格インド料理

July 28 [Wed], 2010, 14:57

インド料理「PANAS」。

本格インドカレーのために訪れてみました。

店舗は国分寺や茗荷谷など、東京のあちこちにあるようですが、今回行ったのはJR立川駅から徒歩10分ほどのお店です。

店内はかなりこぢんまりとして、カウンター席が5席、テーブルが4卓ほど。

インドの神様の絵が壁にかけられ、エキゾチックな雰囲気の隠れたグルメスポットです。

休日の夕方でしたが、早い時間だったので先にいたお客は1人でした。

頼んだのはほうれん草カレー「サグパニール」。

中にカッテージチーズが入った緑色のカレーです。

カレーの前に「パパド」という薄い辛いおせんべいのようなものを入れたかごが出されます。

キッチンには3人のインド人がいて、パパドを食べている間にナンを焼いてくれるというわけ。

間をもたせる一品なんですね。

さて小ぶりの鍋に入ったカレーとナンが来るのですが、目を引かれるのはナンの大きさ!

縦40センチ、幅20センチぐらいあり、これだけでもお腹いっぱいになりそう。

サグパニールは、しっかり辛いけれどまろやかで、普段食べているカレーとはまったく違い、香辛料の尖った感じがありません。

カッテージチーズと一緒にスプーンですくって味わうと、チーズのふっくらした甘みが引き立ちます。

辛いメニューばかりなだけはあり、店員がこまめに水を足しに来てくれるのが好印象でした。

なんだか居心地のいいこのお店、リピーターが多いのもナットクです。

2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
P R