合法ハーブ合法ドラッグの歴史

June 03 [Fri], 2011, 15:22
合法ハーブの文化
その歴史は古く、ヨーロッパではキリスト教発祥以前から使われており、ヨーロッパのキリスト教以前の宗教との繋がりが深いと思われる。
古代エジプトではイチジク・ブドウと合せてヤグルマギクやケシの仲間が栽培された薬草園があった。
現在でも、ハーブが庭に生い茂っている家に住む人や、ハーブに造詣が深い人を指して尊敬を込めてハーブ魔女と呼ぶ事がある。
ヨーロッパ中世を襲ったペスト(黒死病)の蔓延を救ったのも、ハーブの知識とされ、例えば、セージやマジョラム、ローズマリーなどを酢に漬けておいたものを飲んだり、身体につけるとペストの感染を防ぐとされた。
現在になってからの研究によるとこれらのハーブは抗酸化性が強く、免疫力を高めることが分かっている。
中世ヨーロッパでは、ハーブなどの知識に詳しかったりハーブを魔よけ等に使う知識を持った人々が魔女狩りなどで弾圧された。合法ドラッグの通販はこのときまだ行われていなかった。
キリスト教ではない宗教性と繋がりのある人々がハーブの知識などにより人々を救い、そのことにより注目された反動として、キリスト教会が後になってこれらの知恵者を弾圧したのが魔女狩りの本当の理由だと言う説がある[要出典]。
ハーブの知識は、ローマから距離的に離れなおかつローマ教会(カトリック)の影響の少ないイギリスに残った。
現在もイギリスではハーブガーデンを始めとしたハーブの知識が多く、1980年以降は代替医療として国家政策としても積極的に使用が推進されている[要出典]。イギリスから現在のヨーロッパやアメリカにも合法ドラッグの知識が伝わった。
また、ヨーロッパのハーブの知識は、移民との接触によって北米先住民にも伝わり、北米先住民の使うハーブに、ヨーロッパを原産とするセージが含まれていることもある。
合法ハーブの歴史
7〜8年ほど前にマジックマッシュルーム、幻覚キノコによる事件や事故が多発し、一躍有名になったものである。
その後マジックマッシュルームは麻薬原料植物として規制された。
「合法」という割に危険なイメージが強いドラッグとはどういうものなのか。
合法ハーブ通販とは法律で効果が認められているという意味ではない。「麻薬及び向精神薬取締法」で規制対象になっていないということ。
また日本で未認可の薬、美容や性機能の改善薬等を指すこともある。
個人で輸入することは可能でも、それを代行したり販売することは薬事法に触れるものなど法的に難しい面を持つ。
いずれの場合にしても危険性は高く、安易に手を出せるものではないという。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:合法太郎
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/goudora/index1_0.rdf