最近のマイブーム・スープ 

January 22 [Sat], 2011, 18:55
中華スープの素(小さじ1)+刻んだ生姜(薄切り1枚分)+乾燥わかめ(一つまみ)を御椀に入れて熱湯をin
薄口しょうゆ(小さじ2くらい)で味を調えて…即席中華スープ

生姜で体がぽっかぽかです。すぐできるので朝ごはんに重宝してます。


更新記録:
mistic moonにて狩谷圭一さまよりリクエストいただいたFFをアップしました。


久しぶりにFF書いたよー
書きたいネタはたくさんあるので消化していきたいです。


…時間を見つけて……


以上。最近しもやけがジンジンするみのるでしたー。

あけましておめでとうございます! 

January 04 [Tue], 2011, 15:51
そして、昨年は大変お世話になりました&長いこと放置、本当にすみません!!(各方向に土下座)


見たら2010年は丸々放置でしたね…

仕事の増量(8年目に突入しちゃったしねぇ)、結婚・引っ越しなどなどなど…本当に昨年はで怒涛の勢いで色々ありまして。

御誘いもたくさんいただいたのに断ることもたくさんあり、本当に申し訳ない限りでした。


環境が少々変わったこともありまして、以前のようにハイペースにはいきませんが(体力の低下ともいう)、細々ながら同人活動は続けていきたい思います!!
心の萌は今もたぎっておりますよ☆

これからも、みのるをよろしくお願いします。



更新記録:「mistic moon」にてtop変更。
みのるはペンタブを手に入れた!!
いやほんと…サンタさんに感謝です。ああホントにあちこちに頭が上がらないぃいい


コメント返信:
狩谷さま>コメント本当に本当にありがとうございますぅうう(T▽T)
リクエストまでっ!お時間を少々いただくかと思いますが、がんばって書かせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

ステージの「オペラ座の怪人」も楽しいですよ☆

変な雲発見 

July 18 [Sun], 2010, 19:10
ナイフで切ったみたいに真っ直ぐに青い筋が二本。

雲が切れてる…訳はないので光を遮るもうひとつの雲か何かがあるんだろうな。

ミスター・ナス 

June 24 [Thu], 2010, 22:03
職場の人にいただいたナスに、こんなの入ってました〓

写真ではわかりにくいけど、ヘタの部分も前髪真ん中分けに&毛先(?)は見事なカールになっていて……

名付けるなら「ピエール・ナス」!!



でも、料理する時切りにくいな〓
どうしよう。

ついに見つけたー!! 

March 28 [Sun], 2010, 15:20
看板広告で気になってたコレ!
「午後の紅茶 エスプレッソティー」

ずっと探してたんだけど見付からなかったんですが、ついに発見!

地元のアピタでww


うん、濃くて美味しかった〓

古河桃まつり 

March 21 [Sun], 2010, 17:08
茨城・古河の桃まつりに行ってきました♪

テントも吹っ飛ぶ強風だったけど、一面の桃の花は凄く綺麗でした〓


桃ワイン、桃ビールの試飲も美味しかった〜ww

おひさしぶりです 

March 20 [Sat], 2010, 10:26
…元気にしてます。

久しぶりにブログに来たらあまりの更新のなさに自分で驚きました。
急いで書き溜めてたレポアップです。
イラスト入れてから…と思ってたけど、間に合いそうもないので字ばっかりですみません。
描きあがったら入れますw


……てか、、レポばっかりだなw

キャッツ観劇レポート(2月20日) 

February 20 [Sat], 2010, 22:11
友人とキャッツに行ってきました

席はなんと…5列目下手サブセンター角席……いわゆる連れ去り席ですよ?!!

凄い。見晴らしいい。
M嬢ホントにありがとう



オーヴァーチュア・ジェリクルソング:
目の前でくるくる回転する回転席。なんだか猫目線だ♪
ふと上を見ると、金子コリコが。
目が切れ長だからかな?けっこうキリッと系に見えた。ミストだとかわええのに。

目チカは福井マンカスが来ました。何で分かったって……歩き方ですwのっしのっし


ジェニエニドッツ:
ゴキブリたちが出てくると厳しく尻尾アタックする福井マンカス。
鈴木ジェニさんに脱いだ手袋を押し付けられ“はぁ?!”とびっくりする顔が妙に可愛かったwなんというのかな…オカンに用を言いつけられたデッカイ息子みたいな顔。「俺がやんの?!」みたいな。
ジェニさんにかかればゴキもマンカスも“可愛い子供たち”のひとくくりなのか。

ゴキタップを眺めながら、「ぷふー」と指差して笑ってた松島ミスト。その後、ニヨニヨしながら踊りだし…可愛くないっ!でも、そこが憎めなくて可愛いww
マンカス・ジェニさん・ミスト、と3人で並んでタップすると、左から真剣マンカス・ニコニコジェニさん・余裕なのかニヤニヤミスト…と三匹三様の顔をしてて面白かった。
そしてゴキたちにどつかれマンカスたちが吹っ飛ばされると…福井マンカス来た!!


我々の目の前にどっかり座って暫くステージを眺めていたと思ったら飽きてきたのか、反対側のお姉さんにちょっかいを出し始め…
こっちは向かないのかなー…と思っていたら…なんとフッと振り返り私の隣の友人のバッグの紐にじゃれ出したww近い、近いよw
そしてバッグを引っ張り出して中のタオルで顔を拭き拭き……。

バッグは放りっぱなしだったけどタオルはきっちり返して帰って行きました。
……変なところで几帳面なのなww


ラムタムタガー:
ノリも頭も軽そうだ!荒川タガーww

どちらかというと、本人のやや斜め後ろのオーブンの方から“男の色気”がだだ漏れてたんですがwww
ええ、肘枕で寝そべる福井マンカス氏です。

………完璧、色気負けてるよ!自 ナ ン バ ー な の に !!

さんざ騒がれてる雌猫達からも見てないトコで『タガー?うん、顔“は”いいんだケドねぇ……』とか言われてそうww



グリザベラ:
クアァッ!とグリザを威嚇する福井マンカスの顔がホント容赦なかった。
群れを守る…とか言うより、いや、それもあるんだろうけど、それよりマンカス自身がグリザの事を嫌いなんだろなって感じ。

ちょっと“マンカスが嫌うからグリザはシカト”みたいな空気すら感じてしまいました。……ちょ、これってまさにイジメの構図なんじゃ?!ww
ヴィクが手を差し伸べると結構凄い勢いで追い返し…それを見上げる武藤マンゴの表情が「あー、ヤベ。マジ怒ってるわ。今は関わらんどこ」と言っている様。
なんというのかな、マンカスは頼れるリーダーだけど、ちょっと周りに有無も言わせない雰囲気と傾向がある…といった印象の一幕でした。



バストファさん:
ご馳走リレーでバストファさんの手が止まるとバクバク皿の中身をがっつき始める入江ギル。
隣の松島ミストに勧めたところ…匂いを散々かいで「何コレ?!!」と言わんばかりに目をまん丸に。
あー、食べないんだ、とわかるとギルはお皿を後ろへポーイ☆……って、投げたぁああ?!!

マキャ襲来でプルプルしとるバストファさんがぷりてぃ
マキャが階段上部に現れると飛び掛っていく金子コリコ。それをガシィッと背中で止める福井マンカスがメッチャかっこよかったっすvv



マンゴ&ランペル:
武藤マンゴと大口ランペル♪
てかキャスト表見てびっくりでした。

もう、マンゴは手を付かないでバク転するわランペは前転するわ…

えらくダンススキルの高いカップルでした!
それぞれの勢いがありすぎて空回りしてる所もちょっとあったけど…ジャンプもダンスも、とにかく激しかった。

大口ランペルは細くて小柄だけど何故かセクシーちょっと大人っぽい雰囲気。
武藤マンゴもいつもよりアホっぽいマンゴで…なんというか「ルパンと不二子ちゃん」みたいwww



ジェリクルボール:
高城ランパスと西村ボン姐のダンスがめっちゃ色っぽい!
それから劉スキンブルと桧山マキャの黄猫コンビが双子に見えたww
並ぶとパッと見、ホントに見分けつかないよ?!!

そして、今回はちょっと皆を眩しそうに見つめる速水グリザの表情が気になって、バブとグリザの動向に注目してみました。すると……

皆が踊っている隅に現れるグリザ
         ↓
近づいていきたいけど近づけない
         ↓    
タイヤの上でそれにふと気がつくバブ
         ↓
その時調度始まった回転に飛び込みバブはグリザの元へ、グリザは皆に追いやられ上手端へ
         ↓
バブ、グリザの近くへ着くがダンスの流れでペアで踊り、グリザ近づけず
         ↓
ダンスがひと段落するとグリザの元へ。ところがジェリロに気付かれ引き離されてしまう。



……てな、流れになってました。
ここでバブとグリザの邂逅があったのは知ってたけど、こんな長い流れになってたとは気付かなかったよ!




幸せの姿:
デュトさんが姿を現すとそろそろと集まってくる猫たち。
ふと、上手の通路に目をやると、武藤マンゴが来たー♪
すると隣の通路からやってきた桧山マキャに気付いたらしく、少し寄っていったかと思うと“ビクッ”と飛びずさってそそくさと離れていきました。
すごく猫っぽかったと同時にへたれっぷりが妙にかわいかったです。

松永タンブルと蒼井カッサのカップルは恋人というより兄妹といった印象でした
松永タンブルがなんとも丁寧にカッサを扱っていて、素敵だったー


ガス・グロールタイガー:
熊本ジェリロは、なんだかチャキチャキした印象。優しいお姉さん…というより言いたい事はスパッと言ってくれそうな感じです。
田島ガスもゆっくりゆっくり喋る様子が……爺さんっぽい。ガスの年齢が上がった気がするよ。

グロタイでは松永ミストが凄い事になってたww
片耳欠けてるわ、片目負傷してるわ…満身創痍だな。
劉スキンブルも素の爽やかスキンブルとは打って変わって世の中舐めまくってる顔つき。クリューならではですな。

田島タイガーのムハムハっぷりが何ともエロ親父というか…酔っ払ってホステスに絡むおっちゃんぽくて堪らなかったよw
でも、サイアミーズに囲まれると途端に目つきが変わって戦う男の顔に。奪ったナイフの刀身をベロリと舐めて切り掛かるわ吼えるわ…思わず「かっこええ…」と呟いてしまいました。



スキンブルシャンクス

橋元デュト爺が「スキーンブルシャーンクス♪」と歌う下でデュト爺の毛に全力でジャレまくっている五所バブ。

長 老 の 話 (歌)は 聞 こ う よ www

そこで遊ぶバブは始めて見たよ!!もう、五所バブは何かしらやってくれるね☆


歌うスキンブルの後ろで尻尾マイクで熱唱する今日も仲良し荒川タガーと入江ギル。
そこへ(マジで怖い)ヤクザな福井マンカスがやってくると……オーブンに片手をかけて“アン・ドゥ・トロァ”と言わんばかりに(真剣な顔で)バレエのレッスンを始めたし!!


現 実 逃 避 に も 程 が あ る で し ょ う www


これにはもう友人M嬢とヒーヒー笑いが止まらなくなってしまいました(同じ所みてたらしい)。
あー、腹筋痛い。



マキャビティファイト:
今更な気もするけど…桧山マキャビティ、細いっ!
よく笑い、よく暴れるマキャだったけど、なんだろう…素直に暴れてるというか、あまり不気味な感じはしない…かな。
悪者っていうかか、暴れん坊。

そして、福井マンカス。強すぎだろう。ぶっちゃけあの最初のパンチ一発でKOできたってww


ミストフェリーズ:
やっぱり松島ミストのフェッテは綺麗!

赤布に包まれてモコモコが現れると、近寄ろうとする大口ランペを止めるため…尻尾引っ張ってたよ、斉藤カーバw




メモリーACT2:
グリザが現れるとまたも立ちふさがるマンカス。
ところが、今度は退くどころか目をしっかと見据えてくるグリザに、段々と気圧されたかのようになり、最終的には下がっていました。

そこでメモリーを歌いだすグリザベラ。
なんだか、「皆、この場で自分がどんな猫かアピールしあっている。私にだって語らせて!私の話を聞いて!!」と今まで弾かれ、押されて退いていたグリザベラが、一歩を踏み出して皆の中に踏み込んでいったように思えました。
そして叫ばれる「お願い、私に触って」という願い。この叫びに思わず涙が溢れてきました。

ところが、歌い終わるとまた萎んだように諦めたようにその場を去りかけるグリザ。
そんな彼女に、ただ一匹近づいていくバブに気付いた福井マンカスの顔が、なんとういか、とても辛そうに見えてグッと来ました。

ボロボロになっても仲間を欲していたグリザベラに対して(何かしらの理由があったにせよ)群れから彼女を退けて仲間が近寄る事も禁じていた自分と、想いを汲んで歩み寄っていく幼いシラバブ。
間違っていたのはどちらか、それに気付いた瞬間の表情。マンカスの中でも凝り固まっていた何かが大きく変わっていったのを感じました。
ぶっちゃけ、“それ”に気付かなければ福井マンカスも老いた後にはグリザと同じ道を辿ったんじゃないかとも思う。(←1幕“グリザベラ”のマンゴの表情から)



カーテンコール:
遊び上手な荒川タガーと五所バブ…そんなふたりが隣り合うカーテンコール。何もしないはずはありませんでしたww
前後で入れ違って挨拶する所で、他のメンバーが前のキャストを後ろのキャストが手をヒラヒラさせて紹介する中、タガーとバブはお尻をつき合わせて“ぼいーん”♪入れ違うと今度は足と足でタッチ☆

か…可愛すぎる!!

アンコールでは荒川タガーがバブの入るところを塞いじゃって、ちょっと遅れた五所バブが“えー?!”と驚く場面も。


握手は団ディミでしたー
ちょっとギリギリだったけど、頑張ってしてくれました。
嬉しかったな。





観劇の後は少し足を伸ばして中華街散策♪
……ぶっちゃけ。昼の中華街は怖ろしい!!
明るい安心感と商品がよく見えるからか…つい財布の紐が緩むよ!!(夜の方がいかにも怪しい雰囲気だからちょっと警戒していたらしい)
アジアン雑貨・服の大好きな私としては、チャイハネ・マライカの隣接地帯は危険危険。

花ちゃんお勧めの中華菓子と、こないだ美味しかったジャスミン茶を買って、ついでにおやつの肉まんゲット
肉まんを買ったお店に小学生…かもっと小さい看板娘ちゃんが売り子してて可愛かったです。


さて、次のキャッツはいつかなぁ。
でも、クレイジーフォーユーも観たいな。あ、名古屋のオペラ座遠征も…(きりなし)

キャッツ観劇レポート(1月17日) 

January 17 [Sun], 2010, 21:49
さぁて、今年の観劇始め。猫始めです
お待ちしてましたよ、横浜キャッツ〜

ロビーに入ったとたんの鼻血キャスティングにクラリ。
だって、武藤マンカスに五所バブ、早水グリザって!!

そこから扉をくぐってステージに入った瞬間。


……懐かしい。


なんだろう。この家に帰ってきたような感覚

でも、上がさっぱりしてる(笑)
二階席がないってホントに上が広いなぁ。
二階席やJGのあるごちゃごちゃ感もゴミ捨て場っぽくて好きだったけど、空が見えるってのも「ゴミ捨て場の中に現れた不思議な空間」みたいな感じで素敵かも。

なにはともあれ、ゴミ探検へGO!



ゴミ探検:
ステージの上に五反田の時に落ちてきた靴、下手の方にゴミ列車の三輪車、そして上手側後方で五反田のゴミ列車で使ってたランプシェードを発見
ランプシェードはご利益ありそうなのでこっそり握ってきましたw
なぜか猫の顔の崎陽軒のシュウマイについてる醤油刺しとかご当地ものも結構あって面白かったです♪
そうそう、落ちてた(猫サイズ)「TOUKYO WOOKER」の最終ページでディミとボン姐が、まさかのデビュウしちゃってたww
パンダちゃんもご健在。新劇場にありえないくたびれっぷりですw五反田のプログラム写真と比べるとその差は歴然。歴代バブの猫パンチを喰らいまくってクタクタです


それでは、観劇レポ、行きます。
例によって長いです。うん、私のキャッツレポが短くなることはもうないんだろうなww



今回の席は1階11列51番。
センターブロックの通路側です。
前回の劇場からそんなに離れていないせいか、やっぱりリピーターさんが多い様子(私含め)
ふと、後ろに座ったお子さん達の会話が耳に入り「マキャビティが出るトコ、怖いから目ぇつぶってるね」「私、パンダ探してくる!」「♪♪〜♪(オーヴァーチュアを口ずさんでる)」

……すげぇ

ちっこいのにどんだけ玄人なんだ、この子ら。
私達以上にわくわくしている様子でしたが、舞台が始まるとぴたりと静かになるいい子達でした



オーヴァーチュア・ジェリクルソング:

照明が暗くなり、あの音楽とともに回りだす回転席。……ってあれ?ステージ、心なしか広くなった??気のせいかな?
橋元デュトさん(まだ“長老”ではないけど)と田島ガスの動きがやたらによくてびっくり。ハキハキ踊るジジ猫達wそっか、橋元デュトロノミー、中の人はまだ若いんだ。

キャスティングされたことをしってビックリだった初見の武藤マンカス。
ギルやカーバたちをにこやかに談笑する姿を見ると、皆から頼られるリーダー!というより、まだ群れの若造っぽい印象。
年配からも同世代からも信頼されて、ちびっこたちからも慕われる穏やかな好青年、といった感じでしょうか。
いつもニコニコしてて、ごく自然に周りに気遣ってくれるけれど…本人も気付かないストレスで(主にタガーによるw)胃に穴が開くタイプなんじゃないかと勝手に思ってしまったw

原田ヴィクは、そんなに笑顔でもなし無表情にツンでもなし…なんというかポケラっとした表情の天然ちゃん風。ふんわりヴィクもツンツンヴィクもいいけど、不思議ちゃん系ヴィクも…またいいな。と思ってしまった(鼻血)
そんなヴィクとミストの紹介(?)で、ペアで踊る金子コリコがめっちゃ嬉しそうで。可愛かった。
なんだろう、憧れのコとフォークダンスで組めた男子高生、みたいなww



ジェニエニドッツ:
すごく丁寧に歌っている武藤マンカス。
甘い声だなぁ

ジェリクルソングの時も思ったけれど、鈴木ジェニさんの歌声は元気がもらえるから凄く好きです。
役柄上、女性陣であの発声法(裏声でなくお腹から出す声で高音まで出す)してる人は、多分他にいないからジェニさんのパートになると「おぉ?!」と思いました。
3ガールズにクルクル回された後「グゥ〜〜」と大イビキで沈み込んでました。かわええ

そうそう、ゴキタップのリズムが変ってましたね。
松永カーバと虎太郎ギルがいたずらっぽくニヤリと顔を見合わせて→前の3匹を突き飛ばし!してたのがめっちゃ可愛かったです♪



タガー:
一時期控え目になってた尻尾回し復活!!それはもうブンブンと振っていました福井タガー。
それどころか、腰は回しまくるは、ヴィクの原田ヴィクの顎を尻尾の先(!)でクイッと持ち上げちゃうは…お色気倍増!…というか、むしろエロいよ兄貴。
以前はガテン系タガー…とか思っていたけれど。顔よし、声よし、体格よしでこの遊び人オーラが加わって、文句のつけようもない色男になりましたね!


ちなみに今回さらったのは小学生くらいの女の子。抱っこして席まで送り届けた帰り道では通路側のマダムに粉かけ。

ど ん だ け 守 備 範 囲 広 い ん で す か ! w w w


その後ろでは、五所バブと金子コリコが階段で追いかけっこ。めちゃかわいいよ



グリザベラ:
早水さんのグリザは食って掛かるような迫力がいい。
…武藤マンカス、迫力で負けそうです。ガンバレッ!リーダー!!と思わず応援してあげたく…

バブが飛び出していったシーンでは、バブが“叱られる”というよりバブが“皆に護られている”ように感じました。


バストファージョーンズ:

五所バブはバストファさんのムツカシイ話に早々に飽きて、前に座るジェニさんの尻尾を引っ張り出してじゃれじゃれ。
ご馳走リレーでは松永カーバの隣まで駆け込んでいって「あーん」。
口にご馳走を放り込んでもらうと、また定位置のジェリロの足元に戻って満足そうな笑顔。これにはジェリロも「もう。しょうがないわねぇ」と苦笑いしながらバブのおでこを突っつくしかなく…皆に愛されバブでした。
五所バブはホントに愛され上手というか…可愛くてたまらん!!(ハァハァ)

一方、虎太ギルはかなり運び始めから皿の一品をつまみ食いしながらご馳走リレー。真面目にお仕事しなさいww


マンゴ&ランペル:
ドジっ娘ランペに間抜けなマンゴ。
なんかもう、二匹で一匹……というか寧ろ、足りない所を互いに補い合ってもまだ足りない二匹。というかww

盗みに行ってもドジ踏んで必死に逃げて、「あー、危なかった!よく逃げられたよね!」「俺たちってば天才!」…とかハイタッチしながら盗みを忘れて帰っていきそうですw

愛沢ランペも川東マンゴもひょろっとしてて、野良猫っぽい感じがツボでした。


オールドデュトロノミー:
デュトさんの登場場所が変りましたね。
五反田シアターでは上手の端の扉からだったのが、もうひとつセンターよりの扉からの登場。

立ち位置のせいかもしれないけれど、福井タガーが他の猫達とは一歩距離を置いているように感じました。このナンバーでもだけど、劇中全体を通してそんな雰囲気だったかな。
まぁ…タガーは性格の設定上、元々そんなに群れないけど。ほら、絡むタガーはめっちゃ絡むから。
天邪鬼猫としては正しい姿なのかしら。


ジェリクルボール:
突然の破壊音。
でた!マキャビティ!!

まさかの上 か ら !!!!


……まじビビリました。


団ディミのダンスがめっちゃカッコよかった!!
もう、雌猫たちの中で段違いにシャープというか激しいというか…群舞の中のダンスでもそれぞれの性格を表現しているんだー!と感動してしまいました。


メモリーACT1:
なんというか…ACT1のメモリーではグリザベラが自分の不幸な現状しか見えてないような印象を受けました。
哀愁は漂っているけれど、独りよがりというか。
そのままでは打ち解けるどころか埋まる溝も埋まらないよな…と思ったり。




幸せの姿:

ディミを丁寧に丁寧に扱う松永カーバが素敵っ
がっついていないというか、ディミの出方を待つ余裕があるのがいい
…でも、そういえば普段の変人(猫?)ぶりに忘れかけていたけれど、仮にも“紳士猫”だったっけww

そして、改めて全体を見ると…下手から、どこか陰のある青山キャと原田ヴィクの金銀カップル、お姫様抱っこの高城ランパスと王ジェムの二人、ちょっとランペと使用が違うくないか?河東マンゴと西村ボン姐のカップル、そして中央の高倉タント・虎太ギルの王道カップルに、上手階段上の紳士松永カーバ・ツンデレ団ディミのカップル……
やっぱり…なんというか…夜の公園に見えてk(いや、夜の公園を覗いた事はないけどさ)
そんな中を横切っていく五所バブと愛沢ランペの目を思わず塞いでしまいたくなってしまった。
「子どもが見る物じゃありません!」とwww
 


ガス:
仲の良い父娘っぽい田島ガスと朴ジェリロ
朴ジェリロは「わしは大スタ〜とも…♪」の所でガスの声真似までしてて。
そこがなんとも父親をからかう娘のようで良かったです♪


グロールタイガー:
クリューズの振りが若干変ってたかな。「えいえいおー」みたいな振りが可愛かった

マンゴクリューの動きがなんだか変だな〜と思っていたら腕を吊っていたんですね。前は両手でやっていた動きも完全に片手に。
マンカスクリューも布を巻いた足を引きずっていました。これは武藤さんの演技が細かいのかデフォになったのか…どっちだろ?
これでミストは片耳、マンゴは左腕、タガーは右手、マンカスは左足…それぞれ何処かしら負傷してるって事なのかな。スキンブルは…今回は違ったけど某スキンブルが片目になってたし。


スキンブルシャンクス:
あんなに長い足でちょこまかちょこまかww妙に動きがおかしいw劉スキンボ。

寝台列車では、あぐらをかいちゃってなかなかベッドにならない福井タガー。すると五所バブは尻尾をそれはもうグイグイグイグイ引っ張ってベッドにさせ…渋々ベッドになったタガーの頭をイイコイイコして、コテン。
タガーに対してイイコイイコなんてやっちゃう度胸も、それが何となく許されちゃう雰囲気も併せ持つなんて……

五所バブ……恐ろしい子……!


その横でグテーッと全身脱力でマンゴに寝もたれかかるランペも可愛かったー
マンゴ、信頼されてんなーvと。


ガールズの尻尾列車の足の動きが少しぎこちなく…いや、変りましたね。




マキャビティ:
この度、ナイスバティーコンビだった団ディミと西村ボン姐。
体を振ると胸がぷるぷr……(鼻血)


マキャファイト:
「ぐおわぉ〜!!!」ってかっこよすぎです!青山キャ!!
黄色い時はあんなに爽やか穏やか好青年なのに!

てか、あれは猫じゃないだろうww
猫達をちぎっては投げちぎっては投げ、何発喰らってもノーダメージ。

あれ、絶対生きてるって(真顔)



ミストフェリーズ:
小さく…ない。可愛く…ない。黒くもないよ!!岩崎ミスト。
でも無表情でストイックな感じがいいな。
飄々とマジックをこなす姿は…どこか忍者っぽいっ…。



メモリーACT2:
孤独だったグリザベラの歌が、シラバブの声が重なることで絵の具を混ぜたように感情の色が変っていくのを感じました。
気持ちに共感(共鳴)してもらったことによって、素直に気持ちを吐き出せるようになったってことなんでしょうか??

てか、早水さんのグリザは、やっぱり何故か泣ける。



のっぼっれ♪&猫へのご挨拶:
ここにきて…まさかの眠気っ!
てか、橋元デュトさんの声が気持ちよすぎなんだもん!!

カーテンコール:
高倉タントが劉スキンボのベルを直してあげてるのが可愛かったー
握手は……マンカスが後方から来たのですが、間に合わずナシでした〜
通路側だったのになぁ

握手がメインではないけどさ。2階席分がなくなった分もあるだろうし、同ブロックのもう少し前の方は2、3人と握手してるんだし…もう少し配分を考えてもらえないかなぁ。とか思ってしまった。




久しぶりのキャッツ、楽しかったです。
またキャッツ熱再燃ですねwww

当分、また猫通いが始まるかもwww

謹賀新年 

January 02 [Sat], 2010, 23:33
あけましておめでとうございます。



ご無沙汰しております。「ごった煮亭」「mistic moon」管理人のみのるです。

えーと、ちゃんと生きてます。大丈夫です。
昨年はなにかとリアルの方で忙しく、更新もままならなく申し訳ありませんでした。

横浜の猫たちも元気に踊り始め、リプレイも二期に突入いたしました。
今年こそは頑張って更新していきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いします!