F1イタリアGP予選 

September 10 [Sun], 2006, 2:24
やっぱりモンツァは速いですね。このサーキットはスピード感が感じられて好きです。

http://www.f1racing.net/ja/raceresults.php?racepartID=864(イタリアGP予選結果)

ライコネンがPP。第2パート(ニュータイヤ・空タン)と第3パート(ニュータイヤ・決勝燃料)のタイム差を考えると軽いのかな?デ・ラ・ロサは少し積んでるかも。
ミハエルは妥当な位置かな。場所が場所だし、最後かもしれないし、PP獲って欲しかったけど。まあ、対アロンソでは満足できる位置。マッサも同様。去年が悲惨だっただけに、今年はまず去就に関わらず結果を出してほしい。
ハイドフェルドは殊勲の3番手。燃料的には上2台とほぼ同じでは。クビサも7番手。第1・2パートも好調だったし、BMWは実力での表彰台も十分狙えるのでは。
アロンソはバーストでマシンの一部を壊して何とか5番手。頑張ったと思います。(マッサのブロックで審議中?)フィジケラは10番手。明らかに第2パートとタイムに差があるので、もしかして1ストップ?ここは決勝に期待。
ホンダは予選頑張ったと思います。金曜ほとんど走れなかった状況を考えれば。ここの不安は決勝でエンジンが最後まで持つのか。パフォーマンスは悪くないが。
トヨタはいまいち。原因不明らしい。コメントも芳しくない。単にパフォーマンス不足では?
レッドブル勢もいまいち。クリエンはスピンしたけど、多分しなくてもそれほど変わらなかったのではと思う。クルサードのコメントでは「マシンの空力効率が悪くここでは不利」なのだそうだ。
MF1もいまいち。最近は大分良くなってきてたのだが。ここではチーム売却のほうが話題になってる始末。
SAF1も今ひとつ。成長してはいるのだが、やはり他も速くなってる。マシン熟成不足もあるのでは。山本のタイヤバーストはデブリーが原因らしいが、事前テスト時もバーストしておりやや不安。

追記。http://www.f1racing.net/en/news.php?newsID=129456
アロンソペナルティの裁定が出ましたね。第3パートのベスト3ラップ抹消。10番手に降格。予選見た限りは個人的にはアウトだと思いましたが、微妙な感じでしたね。裁定的にはどっちとも取れる行為だったと思います。が、かなりこれで厳しくなったかも。

ダリオの代役にフォイト4世・IRL 

September 10 [Sun], 2006, 1:48
http://www.indyjapan.com/news/hl/0609/060906_01.html

IRLネタの最初がこの件なのはどうかって感じですが。

これ読んだとき、このチームの責任者(マイケル・アンドレッティ?)の正気を疑いましたよ。
はっきり言ってこの人走らせるぐらいなら、マイケル自分で走ったほうがいいと思います。

2003年にこの人がデビューしてから、2005年最終戦までに(2005年末にチーム離脱)何回クラッシュして、何回ほかの人にぶつけて、何台車壊したのか分かりません。それぐらいクラッシュの多いドライバーです。この人の在籍したフォイトレーシングは小さいチームで、チーム力も弱いので、ある程度は遅いのは仕方ない(まあ、本当に速いドライバーはそんな場面でもある程度は光るものですが。)面もあるんですが、特に速さもを示してもいないのにクラッシュが多いのは問題です。今年はIRLは死亡事故も起こってますし、1年ぶりでしかも危険なドライバーを走らせるのはどうかとおもいます。

まじめな話、マイケルは今年のindy500でもあわやの3位(最後のSCが無ければ優勝だった可能性も高い)に入り、AGR勢では5台中マルコに次ぐ2番手の成績で、まだまだ現役でやれることを示しましたし、チームへの適合などを考えても、ここはマイケルが走るか代役立てないかのどちらかにすべきだとおもいます。

F1トルコGP決勝 

August 29 [Tue], 2006, 12:54
http://www.f1racing.net/ja/raceresults.php?racepartID=798(F1トルコGP決勝)

フェリッペ・マッサ初優勝。ミハエルはアロンソを抜けず2位。ポイント差を12に広げられる。

フェラーリは、マッサは予選から一貫して完璧な走りを見せ続けた。初優勝がポールトゥウィン。これで来期もマッサ起用で堅いだろう。シーズン中盤以降レースに安定感が出てきているし、ミハエルのセカンドの仕事も、1年目にしてはかなりこなせていると思う。シーズン序盤に比べると明らかに成長がみられる。ミハエルの去就に関係なく、来年も走るのではないだろうか。
一方、ミハエルはミスが多すぎたように思う。予選第3パートでのオーバーラン。決勝での8コーナーでのコースアウト。どちらかがなければ・・・とどうしても思ってしまう。1回目のピットでの入れ替えの有無関係なく。FL出してるから、速さはあった。2位はとれたはず。
恒例のピットでの入れ替えが今回なかった件は、チームオーダーでリザルト抹消になるリスクを負う訳にはいかなかったのだろう。マッサのピットを1周遅らせればよかったのだが、それをすれば誰が見ても不自然な状況になるのは明らかだった。そもそもミハエルがミスしなければ、それをしなくても1・2フィニッシュできる可能性はかなりあったわけだし。

ルノーは、金曜日の時点ではどうなることかと思ったが、アロンソは、予選はフェラーリのすぐ後ろの3番手につき、決勝はSCを生かしてミハエルの前でフィニッシュすることに成功。大健闘といえる。
アロンソはコース上でミハエルに抜かれなかった。バトルでマシンのトラクションが良いことを生かしていた。ストレート前の高速の8コーナーでミハエルに後ろに付かせなかったことはかなり大きかった。
一方、フィジケラは1周目の混乱を引き起こす原因になってしまった。あそこでぶつけられてリタイヤにならなかったことは幸運だったが。結局6位。コンストラクターズを考えるとかなり痛いミスになってしまったと思う。それにしても、ルノーに来てからあまりにもミスが多すぎる。



F1プールリーグ雑感。 

August 04 [Fri], 2006, 18:05
ドイツGP後の一週間で、プールリーグがついに大きな動きを見せはじめました。自分の中での整理のためにも、ここでちょっとまとめてみたいと思います。

◎・・確定 ○・・有力 ▲・・状況次第 △・・噂 ×・・交渉決裂、あるいは放出・離脱確定(評価は一般的な基準に近いとは思いますが、私の独断、偏見です。同じ記号でも差は大きいと思います)

フェラーリ・・・ミハエル・・○(選択権はミハエルでしょう。引退しなければほぼ確実に残留かと。)

        マッサ・・・・▲(ミハエル残留ならほぼ確実だと思うんですが。ミハエル・ライコネンの噂はあるけど。でも、ミハエル引退でも残留可能性ゼロってことはないと思います。ライコネンのセカンドとか。)

        ライコネン・・▲(ミハエル引退ならここだと思います。いろんな噂がありますが。でも、そうでないなら疑問。)



ルノー・・・・フィジケラ・・◎(先日発表がありましたね。)

       ライコネン・・▲(ミハエルやアロンソのチームメイトがいやならここしかないですね。個人的にはミハエル引退なければここだと思います。)

     コバライネン・・・▲(ブリアトーレ配下ってことを考えればまあ有力だとは思います。でも、来年フィジコ・コバライネンでチャンピオン狙える??ゴーンのせいで1年でも失敗するとルノーのF1参戦が疑問になるし・・・)

       ウェバー・・・▲(コバライネンと同様の考え方で。ウィリアムズ残留したほうが良かったと思うんだけど。。。まあ、あれはウェバーの判断ではなかったのかも。)

      アロンソ・・・・×(来期マクラーレンへ。)


マクラーレン アロンソ・・◎(既に発表されてますね。)
       
       ハミルトン・・○(普通に考えれば彼しかいないでしょう。さすがに来年もデラロサはないでしょうし。ライコネン残留しない限りは彼だと思います。残留可能性も薄そうですし。今まで金つぎ込んでますしね。GP2チャンプはちゃんととろうね。)

      ライコネン・・・▲(選択権は彼が持ってるようです。が、ずいぶん不満もってそうですしね。。。あれだけ壊れれば無理ないか。。。アロンソがチームメイトなのも得だとは思えないし。)

       ウェバー・・△(噂程度に。)








F1ドイツGP決勝、その他小ネタ。 

August 02 [Wed], 2006, 21:50
http://www.f1racing.net/ja/raceresults.php?racepartID=796(ドイツGP決勝結果)
http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=125852(ミッドランド失格について)

戦前の大方の予想通りの、フェラーリ圧勝。ミハエルの勝利のみならずマッサも2位フィニッシュで、フェラーリの強さが際立つ結果に。BS勢は1周目リタイヤのロズベルグを除けば、全般的にレースペースは良かった。トヨタはラルフは何かめちゃくちゃだったが、ヤルノはほぼ最後尾から、5位も見えた7位フィニッシュ。ウィリアムズもウェバーは見せ場たっぷりで、無事なら5位は十分あった。BS上位3チームのみならず、ミッドランドのアルバースもトロロッソのスピードを煽ってた。フェラーリだけしか十分な結果にはなっていないが、タイヤ的にはBS優位だったように思う。

マクラーレンはライコネンはかなり変則的(ミスがらみだったようだが・・・)な3ストップ。1回目のピットはなんと9周目。予選の後のライコネンも確かにそんなに笑顔じゃなかったもんね。。。その上ピットミスもあって、どうなるかと思ったが結果は久しぶりの表彰台。レースペース自体はMI勢トップで、比較的良かった。デラロサはもうちょっと慣れが必要かもね。予選の接触はありえない。。。

ルノーはもうぼろぼろ。マスダンパーってそんなに効果あったの??明らかにオーバーステアな感じで2台とも中段に沈んだ。トヨタのドタバタと、デラロサ・ウェバー・ロズベルグ・クルサードのリタイヤがなければ下手すると入賞も危うかった。アロンソの5位は幸運とフィジケラの好仕事によるもの。まあ、チャンピオンになるにはセカンドの助けも必要だけどさ・・・。あそこまで露骨だと萎える。。。

BMWはホームなのに金曜日からどこにいるのって感じだった。結果はダブルリタイヤだけど、それ以前に遅かった。立て続けに空力部品の禁止を喰らったのが響いたのか。それにしても遅すぎだが。
先週末はmixiのトップ写真Nickにして応援してたのに。。。(笑)

F1ドイツGP予選、GP2ドイツGP第1レース決勝 

July 30 [Sun], 2006, 3:09
お久しぶりです。テスト終わったのでまた更新します☆

http://www.f1racing.net/ja/raceresults.php?racepartID=852(F1予選結果)

ライコネンが今年初ポール。軽いのかな??でもマクラーレンがそんなことしてくるなんて珍しいかも。でもこのチャレンジは悪くない気がします。今までもレースペースは悪くなかったので、予選がこの結果ならチャンス十分でしょう。

フェラーリ2台は相変わらず好調。ミハエルはポールとりたかったと思うけど、まあアロンソの順位考えればこれでも十分かと。マッサも頑張ってると思います。

で、ルノー。何かやばそうな雰囲気ですが。。。マスダンパー禁止の影響は結構あったのかな。ライコネンのタイムいいので、タイヤでもない気がします。(ライコネン軽いのかもしれないけど、今年のマクラーレンはそもそも予選が遅いので。)フリーからよくなかったので、ホンダ勢との争いになっちゃうかな。。。

ホンダはまあまあよさそう。まあ、このチームの課題はどちらかといえば決勝なのでなんとも言えませんが。トヨタは何かちぐはぐ・・・。ヤルノは相変わらず不運ですが、ラルフはいくらデラ・ロサに非がありそうとはいえ、何やってんだか。まあ、結果自体はそこそこでしたが。

BMWは散々。。。意外とあのウイングの影響あったのかね?ニック頑張っておくれ。レッドブルはデビッドは頑張ったと思います。第三予選は勝負にいってなさそう。またしこたま積み込んだのかな?

トロはスピード君はやっちまいました。無事でよかったですが、決勝は最後尾から。琢磨抜くのはペースに差があっても大変そう。ミッドランドは平凡なパフォーマンス。危うく2台とも琢磨に食われるとこだったし。モンテイロはもうちょっと頑張らないと首が寒くなりそうな気も。差つけられすぎ。SAは大分良くなった気がしますが、とりあえずレースペースを見てみたいです。モンテイロを抑えられるようなら、いい感じだと思いますが。(琢磨、絡むなよ・・・。)とりあえず、今週は無事に完走して欲しいです。

ごめんなさい。。。。 

July 21 [Fri], 2006, 2:24
いきなり更新止めてすみませんでしたm(_ _)m

テストあるので多分来週いっぱいまでは更新できそうにないと思います。
現状単位取れるか瀬戸際なので・・・。
申し訳ありません。。。。

BMWの変なウイング、ドイツから山本左近。(F1) 

July 13 [Thu], 2006, 23:20
テストしてみるだけだろとか思ってたのに。。。

http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=123828

個人的にはこのウイング、ドラッグ(簡単に言えば空気抵抗)増えるだけじゃないの?って思うんだけど、実戦で使うからにはなんか効果があったんじゃないでしょうか。先週のへレスでのタイムはBMWまあまあよかったんですが。でも、テストの時だってこれつけてはあまり走ってなかったし。ドライバーからはよく分からないとしかコメント出てませんが。。。
とはいえ、これかっこ悪いし、万が一外れたらドライバー危ないしってことで、すぐに禁止される気もしますが。。。]ウイングのときみたいに。

モントーヤ、NASCAR移籍へ(F1) 

July 10 [Mon], 2006, 20:29
(7月11日、この件に対する追記を加えました。)

朝はジダンの頭突きとこのニュースで、一発で目が覚めました。

http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=123692

モントーヤは2001年にウィリアムズからF1デビューしているが、それ以前から既に、CARTチャンピオンとインディ500ウィナーという素晴らしい実績を持っているドライバーである。そして、その時の所属チームがこの記事にあるチップ・ガナッシ・レーシングである。チーム力としては文句のない一流チームであり(今年もIRLでチャンピオン争いをしている。)、古巣でもあることから、アメリカに戻るのであれば、これ以上のチームはないと思う。

NASCARというカテゴリーは、F1とは全く異質なものである。車・コース・ルールなどなど。あらゆる点で全く異なるといっていい。しかしながら、人気という点においては、はっきりいってアメリカにおけるF1とは比較にならないほど高い。レースのレベルも、彼の移籍するネクステルカップは、このカテゴリーの最高峰であり、非常に高い。モントーヤがいきなり行ったからといって、チャンピオン争いがいきなりできるかといったら正直疑問である。(これはモントーヤの実力を疑っているわけではない。)このカテゴリーへの移籍は、都落ちや出戻りなどというものではなく、新しい彼の挑戦というべきであろう。モントーヤは、前述した素晴らしい実績を持つドライバーであり、アメリカでは非常に高い人気を持っているドライバーであることは疑いようがない。間違いなく、NASCARにおいてはあらゆる人々に歓迎されるであろう。

そして彼は、F1モナコ、インディ500と、世界3大レースのうち、すでに2つを勝っている。残りの1つ、ルマン24時間への挑戦も、今後期待したいものである。








Sebastien Vettel (F1) 

July 08 [Sat], 2006, 15:18
http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=123551
http://www.f1racing.net/ja/testresults.php?testID=579
http://www.crash.net/news_view~t~WS--Vettel-gets-nod-for-Carlin-seat-~cid~7~id~133316.htm


7月5日のへレステストで、今回はBMWから、2度目のF1ドライブのチャンスを得たSebastien Vettel。
2004年のドイツFBMWのチャンプであり、去年はユーロF3に参戦しルーキーランクトップの総合5位。F3世界一決定戦のマカオF3でも総合3位。BMW期待の若手である。
今年もユーロF3に参戦し、現在ランキングはトップから13ポイント差の3位である。

7月5日のヘレステストでは、タイムこそ最下位だったが、同じチームのサードドライバーで来年レギュラー昇格が噂されている、ロバートクビカとベストタイムでは1秒差以内だった。2回目(1回目は別のチームからで、しかも25周しかしていない)のF1ということを考えれば、悪くないパフォーマンスだったのではないだろうか。

今回は単発のテストということで、これから即F1テストドライバー昇格ということはないと思うが、来年クビカがレギュラーに昇格した場合は、今のクビカの地位にVettelが入る可能性はある。また、クビカの昇格がなかったとしても、ほかのカテゴリーにも参戦しつつ、2ndテストドライバーということもありえる。