【 更新情報 】


祝儀袋中袋の書き方 マナー

祝儀袋の中袋の書き方ってマナーがあるの?と考える方は多いのではないでしょうか?それより祝儀袋の中袋にお金を入れ忘れたっていう話はよく聞くことで^^ あるんですよね、結婚式に招待されて、祝儀袋を出したはいいが、お金を入れたつもりが入れていなかった。もらった方も祝儀袋にお金が入っていなかったよとはい言いにくいしですね^^;

こんなことをなくすためにも祝儀袋の中袋の書き方を意識しておけばお金の入れ忘れにも役立つかもしれませんよね^^。お金の入れ忘れ、まさかねぇ、そんなーと思っているあなた!ひょっとしたらこれまでの結婚式でお金の入れ忘れがあったかもしれませんよ^^;

さて、祝儀袋の中袋の書き方ですが、まず名前を書く前に金額を書き入れるようにしましょう。で、すぐにお金を入れるのです。中袋の表側に金額を書き込みます。さらに表側の真ん中に縦書きで漢数字で書きます。例えば5万円の祝儀を包むのであれば、「金五萬円」と書けばいい訳ですよね。

住所氏名は祝儀袋中袋の裏側に郵便番号も添えて書きます。これは祝儀をもらった方がお礼上などを書く上で非常に助かりますから。結婚式のご祝儀袋の整理って大変ですよね。ですから、金額や名前、住所、郵便番号が書いてあると整理がしやすいのです。祝儀袋の中袋の書き方に限らず、祝儀袋か着方全般のマナーといってよいでしょう。あっ、私もお金を入れ忘れた経験が^^;

祝儀袋の書き方とマナーって?

祝儀袋の書き方は分かっているようで、いざとなるとあれこれ迷うものです。祝儀袋の書き方は地方によって違う場合もあり、特に遠方で祝儀がある時は、使用する祝儀袋の形態や書き方をあらかじめ調べておきたいものです。祝儀袋の書き方は、近年いろいろな形態があり、昔と違い表書きも印刷されて販売されているものが多く便利になっていますね。

祝儀袋は今ではコンビニでも簡単に入手できます。中には祝儀袋の横に、「祝儀袋の書き方」という本を置いているところもあると聞きましたが、なるほど着眼点がいいなと思いませんか?祝儀袋は昔より一字一字お祝いの気持ちを込めて書くものとされていましたが、既に印刷されているものが多い今、すべての項目を自筆することは少なくなったようですね。

祝儀袋の書き方で注意したいのが、万年筆やボールペンで書かないということです。これは相手方に大変失礼になります。祝儀袋を書くときは、下手でもいいので、心をこめて筆ペンやサインペン、筆を使い、かい書書きで濃い墨を使うのがマナーといわれています。

お悔やみの場合は、深い悲しみを表すために薄い墨を使うのが一般的です。祝儀袋に入れるお札は一般的に新札が良いとされています。せっかくのお祝いに入れるお金なので前もって新札を準備しておくのがいいですね。

結婚式祝儀袋の書き方って?

結婚式祝儀袋の書き方ですが、表書きは結婚式に一番似合い、また一番格式が高いといわれる「寿」が最適でしょう。「寿」はどんな結婚式でも披露宴でもピッタリ来ますね。寿の他の結婚式祝儀袋の書き方には、「祝御結婚」や「御結婚お祝い」などという語句もありますね。結婚する人との関係で「寿」と書いたり、「御結婚お祝い」や「祝御結婚」と書いたりするようです。

とくに友人が結婚する場合はちょっとくだけて「ご結婚のお祝い」でも構いません。相手を祝福する気持ちを込めて書きましょう。結婚式祝儀袋の書き方のコツは濃い墨の毛筆や筆ペンでバランスよくはっきり書くことです。万年筆やボールペンで書くのはやめましょう。お金を入れる中袋の書き方で注意したいのは、表に金額を書き、住所・氏名は袋裏の左側に書きます。

金額の書き方は漢数字で五万円とか五萬円という風に書くのが一般的ですね。結婚式の祝儀袋でついついお金を入れ忘れたという笑えないことがよくありますが、お札を入れてから金額を書き込むようにするといいですね。結婚式祝儀袋書き方でちょっと戸惑うのが連名で書くときではないでしょうか。

連名で書く場合は、祝儀袋の右側に目上の人の名前を書き、目下になる方の名前が左側になります。連名は常識的に3人までとされています。さらに夫婦の場合は夫婦連名で書くのが結婚式祝儀袋の書き方ではマナーとされいます。夫婦で結婚式に出席する場合でも、夫だけの名前を書くことが多いのではないでしょうか。ちょっとしたマナーですね。

出産祝い祝儀袋の書き方って?

出産祝い祝儀袋の書き方はお祝い袋の表側に「御安産御祝い」とか「御出産御祝い」と書き、名前はその下に書きます。単に「お祝い」と書く出産祝い祝儀袋の書き方もあります。出産祝いではいくら贈るか迷うことが多いと思いますが、一般的に5千円から1万円が相場といわれます。近年は1万円から2万円が目安と言われる人もいるようですが、贈る相手の関係で少しは金額の差が出てくるのもやむを得ないところですね。


出産祝いは出産してから1週間から1ヶ月以内に贈るのがマナーとされています。出産祝い祝儀袋に限らず祝儀袋に書く字の大きさは表書きの字より贈り主の名前を少し小さくフルネームで書くのが一般的ですが、これはご存じない方が多いのでは?往々にして表書きと同じ大きさの字で名前を書きがちですね。

会社名を入れるときの会社名は少し小さい字で名前の右上に書きます。出産祝い祝儀袋の書き方で、会社内の複数人で贈る場合は、代表者の左側に「外一同」と書き、全員の名前を書いた紙は祝儀袋の中に入れます。中紙に名前を書くときも一番目上の人の名を右に書きます。

祝儀袋の書き方でこれも迷うのは、目的の表が気が5文字以上の場合ですが、このときは、右上に小さく目的を書き込みます。祝儀袋に名刺を貼る場合は左下に貼ります。でも名刺を貼るのはできるだけ避けたいですね。

七五三祝儀袋の書き方って?

七五三の祝儀袋書き方は「七五三御祝い」や「祝七五三」、単に「御祝い」という風に書くのが一般的です。七五三の祝い金は3千円から1万円が相場といわれていますが、親戚関係だと1万円が一般的な相場のようです。七五三祝儀袋の書き方で迷うのは、神社に贈る祝儀袋の書き方ではないでしょうか。


神社に贈る祝儀袋も市販されていますが、表書きには「初穂料」と書き、その下に子供の名前を書きますが、七五三で神社に初穂料を包む祝儀袋は紅白の花結びの水引で、のし付きのかけ紙を一般的に使います。祝儀袋の書き方は「初穂料」のほか、「玉串料」、「御初穂」と書いても構いません。

七五三はいつするかと思う方も多いのではないでしょうか?七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳になった11月15日に神社に参拝するのです。七五三は日本特有の儀式ですが、3歳は男女とも同じで、髪を伸ばして結いなおす儀式で「髪置き(かみおき)」、男の子の5歳は、初めて袴をつける儀式で「袴着(はかまぎ)」、女の子の7歳はつけ紐をとって、本式の帯を初めて締める儀式で「帯解(おびとき)」と呼ばれており、これが七五三の儀式の始まりなんですね。

実際に七五三参りするときに、儀式のいわれをご存知の方は少ないのではないでしょうか。私が若いころはそうでしたから・・・(笑)

祝儀袋 どんなのを選ぶ?

祝儀袋を使うのにはいくつかのマナーがあります。特に御祝いに使うので、良かれと思ったことでも相手は不愉快に思うことだってあります。気を使いますよね。祝儀袋は白の包み紙に金銀、または赤白の水引があるものが正式なものですが、近年はいろいろなカラーのものも市販されています。祝儀を贈る相手との関係や祝儀の軽重で使い分けをするのがコツです。

また、地方によって水引の色も黄色だったりすることもあり、祝儀を贈る人がいる地域の慣習をあらかじめ調べておくのも一法です。祝儀袋は「あわび結び」や「結びきり」という風に水引の結び方によって分けられます。祝儀袋はどんなものを選ぶか、これは迷いますね。祝儀袋の値段もいろいろありますが、祝儀を包む金額によって選ぶこともされているようです。

一般的には祝儀として包む金額の100分の1くらいの値段が祝儀袋の値段という見方もあります。つまり、包む金額とのバランスということでしょうか。御祝儀が1万円くらいまでだったら、200円から300円の祝儀袋、御祝儀が1万円から3万円くらいだったら、300円から500円くらいの祝儀袋、御祝儀が3万円から5万円くらいだったら、500円から1000円くらいの祝儀袋、5万円以上の御祝儀なら1000円から2000円くらいの祝儀袋となりますが、1000円もする祝儀袋はまだ見たことがない人も多いのでは?