産後バディ

November 20 [Fri], 2009, 23:31
「妊娠」 「出産」
女性にとって大きな体と環境の変化。

ママ友と話していると、
体のトラブルに悩んでる人は多いようです。

私も、大きな不調こそありませんでしたが、
マイナートラブルはありました。



右手が腱鞘炎になる

<症状>
B.B.生後3ヶ月前後、
右手の親指付け根が腱鞘炎になりました。
お皿一枚が持てないくらい痛い・・・


<原因>
首の据わっていない体の柔らかい赤ちゃんを、
抱っこする要領を得ず、
手首に加重をかけてお世話していたようです。


<対処>
旦那さんが何度か手首マッサージをしてくれましたが、
日々の生活が原因で発生する痛み。
根本原因を解消しないと、いたちごっこだよとアドバイス。

赤ちゃんの抱っこの仕方や、オムツの変え方を、
手首でなく体全体を使ってするように意識しました。
そして、首がすわったころから、お世話もしやすくなり、
1ヶ月くらいですっきり痛みがなくなりました。


姿勢がくずれる

<状態>
妊娠前まで頑張って意識して作り上げてた姿勢。
出産後、重力に添うように体も下垂しちゃって、
肋骨が狭まり下腹がぽっこり
出産前よりも体重減ったのに


<原因>
授乳・抱っこ等、産後重力に従う方向の動きが増えたこと。
そして、ハート呼吸や猿飛体操など、姿勢を保つのに大切なエクササイズを
日常の繁忙にかまけてサボってしまったこと。


抱っこしてない時      抱っこした時


<所感と対処>
妊娠前までの姿勢鍛練のおかげで、妊婦時期・分娩時・育児期
すべて腰痛知らずで過ごせました。

良い姿勢を身につけることは、一生の財産であると常々思っていましたが、
今回、出産を通して改めて姿勢と呼吸の大切さを感じました。

実は出産後、「腰やばいなぁ・・・」と思ったことが一度ありましたが、
姿勢を勉強していたときに、腰痛の方々特有の腰の反り具合を
知っていたので、逃す術が分かりました。


授乳・抱っこ時に良い姿勢を保つのはかなり困難です。
それ以外の時に、いかに頻繁に意識できるかが
今後の自分に大きく影響するぞ
只今自分にはっぱをかけ、初心に戻って姿勢作り中です。


右足に水が溜まる

<症状>
B.B.が1歳を迎えようとする頃、
立ち上がる時、右ひざに違和感を感じることがありました。

それから2週間程経過。
ふと足をみると、右ひざが腫れてます。
どうやら水が溜まっている様子。
屈伸は痛くてできない状態・・・

ひざが痛いという方、特にご年配に多いですが、
私は産まれて初めて経験しました。
ひざが不調というのは、思った以上に不便ですね


<原因>
旦那さんに尋ねてみると、足を使わない生活が原因のようです。

出産後は散歩をよくするので、かなりの距離を歩いてますが、
屈伸運動のような足のしっかり曲げ伸ばしは、ほとんどしていませんでした。
それが大事なんだそうです。

たいてい、B.B.を抱っこして大きな荷物を持ってるか、
ベビーカーを押しているので、以前やっていた階段一段のような運動は、
なかなか出来きません。


<対処>
そこで、旦那さんから、
日々できる効果的な運動として、床拭き掃除をすすめられました。
「お尻もひざもつけず、床を移動しながら拭く」掃除です。



始めはひざが痛くてなかなか移動しずらいですが、
最近楽になってきて、水はほとんど溜まらないようになってきました。

しかも、ハイハイ時期なので、床がきれいになって一石二鳥
このまま継続して、様子を見てみようと思います。

ちなみに水が溜まると、「お医者さんのとこで水を抜きに行く」
ということをよく聞きますが、
これは水が溜まる根本原因を解消してないので、
いつまでも抜き続けないといけなくなるそうです。

「体も理由があって水を溜めてるんだよ。」と。
なるほど。



妊娠線ができる

妊娠中、体重は少しずつ増えたので、
一番気になる「お尻付近」の妊娠線はでませんでした。

しか〜し
臨月頃、おへそからまっすぐ下に一本の長い線。
まるで帝王切開でもしたかのような線がくっきり出来ました

どうやらこれも妊娠線の一種のようですが、
産後一年経った今、何もせずとも、とっても薄くなりました。



髪の毛が抜ける

分娩から産後にかけて、髪の毛がズボッと抜けると
聞いていました。
そりゃぁ、あれだけの大業すれば髪の毛くらい抜けるでしょう。

でも、私の髪の毛はただでさえ猫毛でボリュームがないんです
抜けてもらうと困るんです
学生時代から友人が心配してくれてたんですから


で、結果・・・


すっごく心配していた割りに全く抜けませんでした。
つまり私の髪の毛は、少数精鋭ってわけです。
よくやった

ちなみに、ママ友達に聞くと、大多数はしっかり抜けた派のようです。
抜けてもフサフサ、うらやましい限りです。



産後の体重管理

妊娠でしっかり増えた体重。
どこまで落とせるか、妊婦の誰もが心配なところ。

私は妊婦臨月の時+9キロ
出産半年後-11キロになったので、
現在は妊娠前より-2キロの状態。



妊娠5ヶ月678910前半10後半産後2週間産後6ヶ月


我ながらいい感じにコントロールできてます。

まだ授乳中なので、結構食べても体重は増えないのですが、
卒乳のときに体重が増えないよう徐々に食事量を抑えれば
OKって感じです。

経験して思いますが、
妊娠期に蓄えたお肉を効果的に燃焼するには、
母乳をあげるのがやっぱり一番
体はほんとよく出来てます。



       ・
       ・
       ・
       ・
       ・


ということで、私の目下課題は

下半身運動
姿勢見直し

でございます。



*********************
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産ブログ

こんにちは、赤ちゃん

November 13 [Fri], 2009, 23:42
あたりはすっかり秋模様ですね

日増しに色づく木々を見て、
昨年の臨月の頃を懐かしく思い出します。




B.B.の誕生した11月2日のこと。

いつかB.B.にも話してあげたいので、
しっかり思い出しながら書き残しておこうと思います。



***************************************


2008年10月29日(水)

出産予定日4日前。
かかりつけの産婦人科へ検診に行く。

少し赤ちゃんは降りてきているみたいだけど、
子宮口の開きはまだ1cm未満。
(分娩直前=子宮口全開大で10cmになる)

「予定日より一週間くらい遅れるかもねぇ。
どんどん歩いてね。」
とお医者さん。



10月31日(金)

予定日2日前。
今日も、モリモリウォーキング

体調に変化なし。

今か今かとドキドキしてくれている両親や祖母に、
予定日が遅れる可能性が高いことを電話する。

あらぁ、そうなぁんと、早くに会いたい感じが
受話器を通して伝わってくる。



11月1日(土)

予定日前日。
よいお天気
明日は、いよいよ出産予定日。


実は、昨晩布団に入っている時に陣痛らしきものがあった。

『 らしきもの・・・ 』

そう、
初体験なんで分からない、自分の体なんだけど・・・

これ陣痛?
誰かおしえて?っていう感じ。
痛いような、気のせいのような、軽い痛み。

でも今まで経験したことのない感じだったので、
本能的にメモをとっていた。


深夜
1時08分30秒〜1時08分50秒
1時13分00秒〜1時14分08秒
1時23分54秒〜1時24分24秒
1時29分45秒〜1時30分30秒
1時35分28秒〜1時36分14秒
1時41分25秒〜1時42分07秒


う〜ん、陣痛にしては不規則。

その後寝てしまい、
朝、目が覚めるまで数回痛みが来たのを覚えているが、
睡眠が勝った模様。

起きてからも、あれは陣痛だったんやろか・・・
という曖昧な感じ。

今から考えると、前陣痛だったみたい。


そして、この日も晴天の下、もりもりウォーキング
昼から旦那さんも仕事を早くきりあげて
一緒に歩いてくれる。

昼間の前陣痛は、合計でもまだ3〜4回ほど。
やっぱり予定日より遅れそうだなぁと感じる。

明日予定されているゴスペルコンテストを聞きに、
天保山まで行こうかなぁ・・・
天保山で陣痛始まったら、車で産院までどれくらいかなぁ・・・
と、今から思うと無謀なことを考えていた

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

夕方になっても、体の様子はあまりかわらず。
夫婦でゆっくりできる最後のディナーをしようかと、
車で40分ほど走る



「まぁ、大きなおなか、いつ予定日ですか?」
とお店の方に聞かれ、「明日なんです〜」と答えると、
ギョッとびっくりされる。

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

食事中は事なきを経て、無事帰宅。
時計は21時をさしていた。


なんだかんだと片づけをし、
フットバスに入って下半身を温めはじめた途端、
やってきましたよ昨日と同じ痛み


おなかの底の方で、除夜の鐘をつくような・・・
寄せては返す波のように、くるぞぉ〜くるぞぉ〜〜って
痛みがやってきて、そしてす〜っと去っていく。

早速メモの用意


23:00
23:10
23:20
23:30
23:40

ん?びっくりするくらいきれいに10分刻み。

その後、深夜0時半まで7分刻みが継続するので、
産婦人科に電話してみる。

「初産だからねぇ・・・
産まれるまでまだかかると思うけど、どうする?
来院されても、また帰宅の可能性もあるし、
家でもうすこし待ってみる?」

な〜んて、結構のんびりしたお返事が返ってきましたが、
旦那さんのいる間に移動しておこうと思い、
シャワーを浴びてから産院へGo

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

深夜1時半、産院に到着。

内診の結果、子宮口がまだ1cm。
陣痛あり、赤ちゃんも下に降りてきてはいるが、
あと24時間くらいかかるだろうとのこと。


「どうする?
いったん家に帰る?」
と聞かれるが、これからが体力勝負

「もう泊めてください〜」
と、お願いする。


深夜2時 入院。

陣痛6〜7分間隔。
まだまだ、余裕な感じ。

特別室を頼んでいたので、
付き添い用ソファベッドのある個室に入る。
旦那さんと一緒なので安心。



深夜2時〜3時

陣痛6〜7分間隔継続。
やや強くなってきたが、まだ耐えれる。

なんせ、これから24時間がんばらなきゃですから。



深夜3時〜4時

旦那さんは、本日のゴスペルコンテスト出場に向けて仮眠。
私もこれからのB.B.出場に向けて仮眠。

・・・と思いきや、全然寝れません

いやはや、結構強い陣痛になってきましたで、これ。
私の辛抱が足りないのかな・・・
と、歯をくいしばりながら時計をみると、
もう2〜3分間隔の陣痛

これ、もう後半戦やおまへんか


なんぼどこでも寝れる私でも、これでは寝れません。
隣で旦那さん、いびきかいてます・・・



早朝4時

もう声を押し殺すのも限界で、旦那さんを起こす。

やや眠気眼ながら、びっくりして飛び起きる旦那さん。
がんばって、ずっとマッサージしてくれる。
旦那さんが整体師でよかったと感謝しながら、
呼吸法で陣痛の痛みをのがす。


早朝4時半

出血。
ナースコールで、子宮口4cm確認。

「呼吸法上手ですねぇ。
思ったよりもかなり早いので、そろそろ分娩台に
あがる準備をしましょう。」

助産師さん褒め上手です。
私、勉強になります。
にわかに周りがバタバタし始める。


ちなみに概念はソフロロジー、
呼吸はラマーズ法を参考程度に、
一番リラックスできる呼吸法を探しながら実践してみた。



早朝4時50分

急に、いきみたくなる
「いきむ」とはなんぞやと思ってましたが、
今までとは全く違う陣痛に襲われるので、
「これのことか」とすぐ分かる。


なんせふんばらずにはいられない。
これをふんばらないでやり過ごすって、
いったいどこに力を逃したらいいのん


おなかの中の赤ちゃんが、
子宮がどんどん収縮して苦しくて
どっかやわらかいところ(逃げるところ)を必死で探してるイメージがした。


この頃の陣痛は、もう目が飛び出そうな程苦しかったが、
おなかの中で頑張ってる赤ちゃんと、
一生懸命腰をさすってくれる旦那さんとの
共同作業だと思うと耐えられたし、
実は、たまらなく幸せな感じもした。
私って、どMだったのかしら・・・



早朝5時

LDRに入る。
子宮口8cm

個室からLDRまで距離はなかったものの、
歩くのは大変
陣痛の合間の数分をねらって歩く。



早朝5時20分

分娩台の上。
もうまな板の上の鯉状態。

子宮口10cm
途中で破水。
「いきんでOK」のお許しがでる。


今までいきんではだめだったので、
一瞬、気が楽に。
でも、ここまで超スピードで進んだ
私にとってはここからが体力勝負だった。


陣痛1回(1〜2分)の間、
ゆ〜っくりなが〜い息をしながら
子宮口をつきあげる方向に、ぐ〜んといきむ。

これ、なかなか難しい・・・
しかも結構体力要ります。


何回いきんだんだろう・・・?
時間にすると1時間半近く、
回数にするときっと30回くらいか。

意識朦朧として、目をあける力がなくなってきた頃、
女医さんに体をたたかれ
「もういきまなくていいよー、リラックスリラックス









その声の数秒後・・・









おんぎゃあ〜おんぎゃあ〜



11月2日 6時43分

とっても大きな泣き声とともに、
B.B.と念願のご対面をすることができました。

ずぼっと出てきた瞬間、
「あついてない。女の子だ
と思ったのを覚えてます。


そして、感極まって涙するのかと思いきや、とても冷静。
もちろんものすごく嬉しいのですが、これだけのことをしながら、
目の前で泣いてるBabyが自分から出てきた実感が
あまりないというのが本音でした。


ちなみに、旦那さんは大喜びで両親にすぐ電話をしましたが、
あまりの喜びに性別を確認せず電話しちゃったそうです。


へその緒を切る旦那さん。



そして、すぐカンガルーケア。

赤ちゃんって、産まれた直後にひとしきり泣いた後、
静かになるんですね。
小さい体温が、たまらなくいとおしい。

唇がぷくっと腫れてたので、
「あれっ いかりや長さんみたい 大丈夫かしら・・・」
と心の中で驚いたのを覚えてます。



後産(胎盤を出す)や、会陰縫合(会陰切開を少ししました)を行った後、
初の3人ショット

まだ分娩台の上です。



そして、初授乳。

出産という一大イベントが終了しましたが、
これがママのスタート合図。
ゆっくりしてる暇はないのです〜

私の場合、入院中ずっと旦那さんも一緒に宿泊してくれたので、
自分の体を癒しながらも、
完全母子同室を頑張ることができました。

そして、母親になった実感は、ふつふつじわじわ湧いてきて
3ヶ月くらい月日を要しました。



妊娠から1年と10ヶ月を振り返って、
妊娠〜出産〜育児
大変なことは多いですが、
女性に生まれてきてよかったなぁというのが
今の気持ちです。


B.B.も、何十年か後に
同じ経験をするのかな。



*********************

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産ブログ

本日、退院してきました。

November 06 [Thu], 2008, 17:47


本日、産院より退院しました。
お祝いのメッセージたくさんいただきまして、
本当にありがとうございます


諸先輩方にアドバイスをいただいた通り、
産後はとても目が疲れやすく、
なかなかお返事できずにいてます。
ごめんなさい。





いままでおなかがハレルヤだったのが一転して、
今はおちちがハレルヤ〜

出産2日目からお乳は溢れんばかりの出ようで、
JUNKO乳業、24時間フル稼働です





では、そろそろ目が疲れる前に終了します。

親バカですが、写真みてやってください



分娩直後の一枚。 おっきい声で泣いてくれました



パパに沐浴してもらってます。



ちょっと、周りの様子がわかるようになってきたかな?




*******************************
  
ゴスペルブログ村  マタニティブログ村

無事、身ふたつになりました!

November 02 [Sun], 2008, 14:01


おかげさまで、今朝6時43分に
3045グラムの女の子を出産しました。

いろいろご声援いただいた皆さま
本当にありがとうございます。

主人とベビーと共に陣痛をこえながら、今まで出産経験されたみなさんに
ただただあっぱれ!と思う気持ちいっぱいの中で、
ついに我が子と対面することができました。

少し落ち着いたら
書き込み再開しますので
また見てくださいませ。

まずはご報告まで。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:JUNKO
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる

三十路半ばにして
待望の長女を授かり出産

育児をしながら
大阪で5つのゴスペルクワイヤー
のディレクターを務める。
そんなJUNKOの奮闘日記

E-mail:
utameguri@gmail.com