自然流産へ

January 18 [Wed], 2012, 15:42
昨年12月に稽留流産の診断をうけていましたが、
先週金曜日の夜から、翌日のお昼にかけて
進行流産に移行し、自然流産となりました。

火曜日の診察で、
まだおなかに結構残留物があり、

・睡眠をしっかりとること
・あまり歩かないこと

と言い渡されました。



レッスン等でいろいろとご迷惑をおかけしています。
もうしばらく安静が必要のようですので、
すいませんが宜しくお願いいたします。



*************************
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産

稽留流産

January 10 [Tue], 2012, 5:37
書こうかどうしようかずっと迷っていましたが、
いろんな方のブログを参考情報にいただいたので、
(逆に情報が多すぎて動揺したりもしますが・・・)
私も書いておこうと思います。

ちょっと具体的なことも書くので、
苦手な方はとばしてください。



******************************


私は昨年11月に授かった赤ちゃんを
約7週で稽留流産しました。
で、その赤ちゃんはまだおなかの中にいます。


流産にはいろいろとパターンがあります。


●完全流産
出血や痛みで始まり、それがきつくなって、
最後には赤ちゃんの組織が全部流れでる。
人にもよるが、かなりの痛みと出血を伴う。
流産後、手術せず薬の処方のみでいける場合が多い。

●不全流産
出血や痛みとともに赤ちゃんの組織が流れでるが、
一部子宮に残ってしまう状態。
手術が必要で、状態によっては麻酔をかけず、
術中はかなりの痛みを伴うらしい。

●稽留流産
なんらかの原因で、おなかにいる赤ちゃんの心拍が止まるが
子宮にとどまったままの状態。
出血・痛みを伴わないことが多く、自覚症状がないので、
妊婦検診の際に告知される場合がほとんど。
手術が必要になる。


私は、第一子の前後に、完全流産を2度経験しています。
一度目はきつい下腹痛と、初めての経験でかなりの恐怖感がありました。
二度目はなぜか痛みはほとんど感じなかったのを記憶しています。


今回の流産は、3回目の妊婦検診で
どれくらい成長しているかな・・・と
楽しみにしていたエコー診察のとき、
稽留流産と診断され、何のことか理解できずに
診察台の上でぼーっとした記憶があります。

それ以降も、診察以外は自覚症状がないので、
もしかしてエコーが調子悪かったのでは?
赤ちゃん、寝てた?
などと、淡い期待をかすかに持つ自分と、
期待が裏切られたときに感じる悲しみを避けるため、
そんなはずはない!と打ち消す自分が入れ替わり立ちかわりでした。


おなかの大きな方たちがずらっと並ぶ産婦人科で、
目的を失った自分が診察を待つ悲しさを
3度の流産で味わいましたが、
不妊・流産・死産で辛い思いをしている女性は
私が想像していたよりほんとうに多く、
いろんな方のはげましで精神的には落ち着いていました。


稽留流産になると、手術の話しがお医者様より出ます。
なんとも女性の気持ちを考えてないネーミングなのですが、
掻爬(そうは)手術といい、全身麻酔をかけて、
子宮内に残っている組織を爬きだす手術だそうです。

ただ、稽留流産は、通常放っておくとどこかのタイミングで、
不全流産か完全流産がおこります。

以前は初期流産はしばらく放っておいて自然に出てくるのを待つ治療が
よくされていたようなのですが、最近は手術をすすめる
お医者様がほとんどのようです。



それぞれの考えられるリスクは以下。


<掻爬手術を行う場合>

●手術は全身麻酔を使って日帰りもしくは1泊2日。
●麻酔を使う前に、子宮口を開けるラミナリアというものを挿入するのが結構な痛みを伴う。
妊娠週数や出産経験の有無で挿入本数も変わり、痛みを感じる度合いもずいぶん変わるようである。
●子宮内は妊娠しているため通常より随分柔らかくなっており、爬きだす際に、傷がつくなど負担がかかる。
場合によってはその傷から癒着がおこり、不妊症になることもある。
●非常にまれであるが、爬きだす際に子宮をつきやぶったり、その上の腸を傷つけることもある。その場合は開腹手術をして縫合する。掻爬手術を申し込む時に同意書を書く。
●エコーを見ながらでしか手術できないため、術後の診察で残留物が残っていれば再手術となる。


<自然流産を待つ場合>

●おなかに赤ちゃんが留まったままなので、つわりなど妊婦症状が残ったままで体調がすっきりしない。
●どのタイミングで大量出血するかわからない。
●大量出血とかなりの痛みを伴うことが多い。
●まれに危険な状態に陥ることがある。
●感染症にかかる可能性がある。
●流れ出た後3日くらい安静にする必要がある。
●不完全に流れ出た場合は、結局手術が必要になる可能性あり。



こうやって並べると、さぁ、どっちを選択するか・・・
むずかしいです。


稽留流産された方は、みなさん迷われるようですが、
今の産婦人科の流れは掻爬手術を行う方向なので、
結局ほとんどの方がお医者様のすすめどおり手術をされるようです。


私も一度、手術の同意書を書き、予約をしました。
が、主人といろいろと話し合い、
お医者様が了承してくださるのなら、
自然に出てくるのを待とうと決めました。
自分の体の力を信じようと。
眠ってしまっているところがあれば、自らで復活させてあげなきゃと。


で、ただいま稽留流産の診断より、1ヶ月経過。
心拍がとまってからはおそらく1ヶ月半が経過しています。
なかなかのんびりな感じです。

私達の予想では、年末年始の長いお休みの間には出てくるだろうと思い、
両親がサポートしてくれる傍で、
ウォーキングしたり、
水シャワーしたり、
主人におなかを触ってもらったりと、
コンディションをあげてきてはいるのですが。。。


で、3日前から茶褐色のおりもにかわってきました。
今まで全く血の色系は出ていなかったので、
そろそろなのかな・・・と心しています。




*************************
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産

流産

December 20 [Tue], 2011, 10:36
来年の夏には、4人家族で賑やかだなぁ・・・
と思い描いていましたが、

3回目の妊婦検診で、
前回見えた心拍が止まっていることがわかりました。


胎児7週目くらいで成長がとまっているので、
もう命がとまってから一ヶ月近くになります。


私にまだ未練があるのか、
居心地がいいのか、
赤ちゃんはまだ私のおなかに留まっています。


体はまだ妊婦と勘違いしていて、つわりは残っていますが、
貧血は随分楽になりました。


ゴスペルの生徒さんやママ友、知人の暖かい気持ちや、
主人や両親の支え、
そして娘の笑顔のおかげで、
気持ちも随分落ち着いています。


ご心配、本当にありがとうございます。




*************************
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産

October 09 [Sat], 2010, 17:45


おなかに授かった2つ目の命。

昨晩、小さなお星さまになりました。


応援してくださったみなさん、
助けてくださったみなさん、
ありがとうございます。


ちょっと静養したら、
また、元気な姿
お見せしますね。



*********************

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産ブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:JUNKO
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる

三十路半ばにして
待望の長女を授かり出産

育児をしながら
大阪で5つのゴスペルクワイヤー
のディレクターを務める。
そんなJUNKOの奮闘日記

E-mail:
utameguri@gmail.com