ビバ!昭和

July 01 [Sat], 2017, 16:55
今日は、小学校のふれあい教室の日で、
娘は午前中にお琴に行ってから
そのままお昼までお友達と遊び、
午後は将棋教室にまた小学校へ。


土曜日に学校があったら、
こんな感じで、
学校行って、午後からたっぷり
友達と遊んだりクラブしたり。
自分の子供時代が懐かしいなぁ、なんて。


おかげで私は家に待機になるのですが、
今年から月に2回、
自分の時間がもてるようになりました。



さて、と言っても
自分のわずかな自由時間。



あっという間に過ぎ去るので



荒れた家の掃除と、
洗濯など日々の家事、
山積みの作業を前に
何をチョイスするのか
かなり頭悩ませますが、



できる範囲でざっと片付けて、
あとは主人が最近買ってきてくれたジブリの
この映画に2時間あてました。





なんて贅沢な時間。。。



で、



すごくよかったです。



最近映画館で観たモアナもよかったし、
来日公演のペンタトニックスのライブも
かなりよかったけど、



ちょっとこれは、、、
今の自分にとってなのかもしれませんが、
ケタ違いによかったです。



昭和からずっと自分と闘い続けた
70代の男達の魂が伝わってきて
泣けるシーンなのかどうなのか分からないけど
泣けました。



昭和は苦い経験もある分、
改めてすごい方々を輩出してるなぁと。


これに続く私たちは
これほどの底力と持続力を
持つことは無理なんじゃないかと思いつつ、



次世代に対して、ほんの少しでも
この映画に望みを託して
作られたんだろうなぁと
自分をしっかり振り返る機会を
くれる映画でした。



とってもおすすめです。



***********************************

大阪でゴスペル教室をお探しの方、
各クワイヤーにて無料体験レッスン随時受け付け中。

サンクス・エイジング・ゴスペルカンパニー
ホームページはこちらをクリック



**************************

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産

雪満喫のお正月

January 05 [Mon], 2015, 8:08


今年のお正月、よーさん
雪ふりましたねぇ。





なんだか重装備の娘。
お正月後半は、実家に帰省していました。

(これは出発地点の大阪の写真)




実家の最寄駅でおりると、雪たっぷり。
さっそく駅構内で雪合戦する娘。

(こちらは帰省先、滋賀県の写真)




帰省して待っていたものは、
雪だるまではなく










なんとっ









パンダだった





アップはこんな感じ。
目は炭、他は墨汁を使ったそうです。





こちらは干支の未さん。


写真だと見にくいのですが、
足を細くしないと未にみえないとかで、
雪山を固めて彫って作ったそうです。

両方、父が孫に見せるために
前日5時間かけて作ってくれたとか。


腰痛いのに、ありがとうお父さん。




雪遊びに火がついた娘。




お庭で





かまくらを作りました。





夜はろうそくを灯すと、
ろうそくの光りがとっても幻想的。





応接間で晩ご飯をいただきながら、





お庭のかまくらを眺めました。





最終日は、雪かきをするついでに、





大きな雪だんごづくり。





大きなつららも発見





丘でソリすべりも堪能し、
路上でもしっかり氷ですべってこけて(娘が)、
寒波を堪能しました。


さて、月曜日。
お仕事初め、頑張りましょう〜




父、ミシンに挑む!

March 30 [Fri], 2012, 0:40


1泊2日で実家に帰省。


いつもは車ですが、今回は電車でGO
4つ乗ったら、我がふるさと
滋賀県甲賀市です。





4つ目の電車は、日本一乗車賃が高い私鉄
近江鉄道です。

先が見えませんが、もちろん1両編成。





切符は、いまだに硬い紙で出来ていて、
人が対応してくれる窓口です。

電車ごっこさながらで、楽しいでしょ〜?




みえにくいですが、対向車と乗ってる電車は
色が違います。


え・・・?急行とかじゃないですよ。
単線の普通電車しか走ってないんだから。

全部払い下げのおさがり電車なので、
揃ってないんです。


今日はどんな電車かなぁ・・・?
と電車が来るまで楽しみなんですよね。





実家の最寄り駅の改札。
しっぶいでしょ〜?

もうこの窓口は開いてることはないみたいです。
近江鉄道は車掌さんが、切符の受け取りしてくれるので。

私が高校生の時は、まだ窓口も開いてたんですが。
お昼の3時まででしたけど・・・





実家から車で5分のところに、
いちご園が出来てました〜。

今年はいちご狩りにはまっております。

3年前までは休耕田だったところを、
イチゴ狩りとトマト、メロンのハウス栽培に
されたようです。





イチゴ狩りは、大体12月〜6月頃まで
できるとよく記載されてますが、
1月が一番美味しいらしいですよ〜

たしかに、1月に岡山で食べた時の方が
甘かったなぁ。

それにしても、いちごは利尿作用がすごいですぞ





気持ちよい気候の中で、帰宅すると・・・





応接間のソファに、こんな素敵なカバーが
かかっておりました。

父のサラリーマン時代のネクタイをほどいて、
パッチワークのようにつなぎあわせ、
娘の好きなパンダの自作アップリケを
施したそうです・・・父が。





竹は、立体感が出るように綿をいれて、
ちくちくと縫ったとか。

お父さん、やるね〜




*************************
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産

竹三昧

July 05 [Tue], 2011, 15:43


実家に、ちょこっと帰省していました。





そうしたら、父が流しそうめん用に
竹を加工して、待っていてくれました。



(画像をクリックすると、動画が見れますよん


う〜ん、楽しくて食べ過ぎてしまいます。

せっかくだから、いろいろ流してみようと、
『茶そば』と『もずく』と『ミニトマト』も流してみました。

茶そばは重たく、
もずくは流れていくうちに分散しまくり、
ミニトマトはごろごろと迫力満点で転がっていきました(笑)



・・・流しそうめん・・・ なるほど。





副産物に、竹のお弁当箱まで作ってもらいました。
節を両端に使うので、とても細長くなりましたが、
B.B.は大喜びです





竹って、とても綺麗なんですが、
緑色は褪せるし、カビは生えやすいし、
乾燥して割れるしで、
保持するのが難しい。

とりあえず、発色をよくするため
米ぬかで磨いてみま〜す。


・・・後日談・・・

竹を処理するのは、どうやら米ぬかではないそうです。
調べてみると油抜きというのが、主流のようで、
私は20分ほど沸騰したお湯でゆでました。

その後、おがくずでこするようですが、
残念ながら持ち合わせてなかったので、
ついた灰汁を柔らか目のたわしでこすりおとしました。

もっと、いい方法がいろいろとあると思いますが、
なんだか奥が深そうなんで、このへんで終了〜



*********************

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産

2歳のバースデイ その弐

November 07 [Sun], 2010, 6:53


お誕生日第2段




夕方からは、おうちに帰って、
コロッケ&手巻き寿司パーティです



で、すんごい久しぶりにケーキを手作り。
ママとおばあちゃまとの合作です。





さぁ、何に見えるでしょう・・・?

だっこでゴスペルのメンバーさんが、
こいのぼりのケーキをキウイとイチゴで
作ったという言葉をヒントに作ってみたのですが、

まんぼう・・・????

まぁまぁ、心がこもっていればいいじゃないっすか





その分、材料は、こだわりですよっ。

無農薬の国産小麦粉100%
奄美大島の粗糖
アルミニウムフリーのベーキングパウダー
タカナシの生乳生クリーム
有機バナナ(中に入ってる)
有機ドライカレント(目になってる)
キウイだけは普通にスーパーで売ってたものですが。

砂糖は出来る限り控えめで。


2歳になって、いろいろとお菓子とか
美味しそうな食べ物に興味を持ち出しています。
もう今までのように目の前にあると、ごまかしは効かないようです。


食べて喜ぶと、ついあげたくなりますが、
あまりにも糖分の多い最近の生活。
ちょっと異常な気がします。
これだけ糖分を過剰摂取できる時代は
今までになかったのではないでしょうか。


そして、最近確信しましたが、
世の中の子供達がお菓子好きになるきっかけは、
ママや周りの人が甘いもの好きで、
やめられない、もしくはやめようという気はない
ことに大きく影響されているなと思います。


B.B.は、おなかが空いて「お菓子欲しい」と
ねだることはまだありませんが、
大人や子供が食べているお菓子をみて、
「あれ食べてみたい、欲しい」と言うようになりました。


私も大の焼き菓子好きなんですが、
まずは自分から。
「ママ、当面甘いもの食べないようにするね。」







で、お誕生日と言えばプレゼント




今年のお誕生日は、手作りにしようと思い、
フェルトでおままごとセットを作りました。





おにぎりのノリを巻けるようにしてみたり、
バナナをめくれるようにしてみたり、
お魚の身をとったら骨になるようにしてみたり、
目ざしを刺せるようにしてみたり、

日ごろの手の使い方をみて、
何をしたら喜ぶ動きなのかなぁ・・・
と想像しながら作るのはとっても楽しかったです。


B.B.のお気に入りは、
みかんちゃんとおにぎり









そして、おじいちゃまからは大作が












じゃじゃーん 

システムキッチンだ






キッチンの扉をあけると、こんな感じ。
こちら一作目。





家にある野菜ジューサーと全く同じものまであります。
こちら二作目。





冷蔵庫は、さらにレベルアップして、
たまごや製氷機あり。
こちら三作目。


驚きは、蝶つがいの金具を一切使わず、
木だけで作ってあります。


宮大工みたいやな・・・





幸せやねぇ、B.B.





まだまだ、レベルアップしそうな模様。
楽しみです。



*********************

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 マタニティーブログ 自然出産へ
ゴスペルブログ村 自然出産ブログ

プロ級の趣味

April 26 [Sun], 2009, 7:15


昨年、父は長年勤めていた銀行を退職しました。

今まで生きてきた人生の約4分の3を仕事に費やしてくれたことになります。

本当におつかれさま。そしてありがとうございます。




生活の大半を占めていた仕事の時間。

退職してから、ぽっかり空いた時間をどうすごすのかなぁ・・・。

アクティブな父ではあるのですが、やっぱり少し心配に。




ちなみに、これまでの趣味は、ゴルフ、スキー、ピアノと歌。

私の記憶を辿る限り、家事や日用大工はまったくやらず。(出来ず?)


そんな父が、退職後のめり込んだのは・・・




造園




庭にどれだけ雑草が生えようと、

木々の枝がどれだけ伸びようと、

全く気にも留めなかった父。

そんな父が剪定の講習を1週間受講し、

庭に手を入れだして6ヶ月。



こんなん出来ました



















我が父ながら、この出来栄えには、ほうっと溜息がでました。



材料は、自分で森や竹林に入ってとってきたものや、

家にあった廃材を上手に利用。

材木は一つずつ丁寧にカットし、釘で打って作ってあります。





以前の庭の写真を撮っていなかったことを後悔しました。

結構広い庭なんですが、日当たり悪く、ブロック塀に囲まれ

家の裏に面していて、薄暗い。

むき出しのコンクリート床と、放っておかれた芝生や木々。

空いてるスペースに大量の洗濯物が干されている。





以前はそんな庭でした。





そんな日当たりの悪さに目をつけた父。

苔が生育しやすい環境だと考え、

日本庭園にすることを思いついたんだそうです。




(夜はライトアップをして、ウッドデッキの上の囲炉裏で日本酒を堪能)



この庭には、テーマがあるとのこと。

父が生れ育った、思い出のいっぱいつまった

ふるさと 『 滋賀 』

白い玉石の琵琶湖の中央に浮かぶ竹生(ちくぶ)島。

琵琶湖に波波と水を湛える野洲川。

その傍らに愛嬌をふりまく信楽のたぬきたち・・・云々



楽しい話はいつまでも尽きません。

この庭、テーマにそってさらに改良されていくそうです。







ひとつのことを創造する。

思い入れをもって創造する。

それが人に伝わり感動が広がる。






そのためには、テーマはとっても大切なことだと思います。

ただいまBrush Up! 2010に向けてテーマをみなで考えています。

とりあえずテーマをつけることと、思い入れをもってつけることでは、

ライブの感動も大きくかわってくることでしょう。

さぁ、みなで練りましょう。練りましょう。



*******************************
  
ゴスペルブログ村  マタニティブログ

追求して60年

January 11 [Sun], 2009, 3:02


生後2ヶ月をすぎて、B.B.は一歩一歩
いろんな活動ができるようになってきているようです。

(あくびの瞬間。こんな指の動きもできるようになりました







今週はほとんどの会社が仕事初めの週だったかと思います。


旦那さんのお店もそうでした。


昨年より、仕事始めの日は日頃あまり経験できないようなことをしに
お弟子さんとお出かけします


昨年は、初笑いに大阪天満の『繁昌亭』へ。


今年は、まだ月齢の低いB.B.と共にどこにいけるか・・・と悩み、
人が少なく近場の能勢方面へ・・・





で、行ってまいりました




今がシーズン真っ盛り、酒蔵へ




こちらは、猪名川町にある川辺酒造さん
幸運なことに蔵の中を見学させていただきました

(齢2ヶ月で麹菌を堪能するB.B.  
下戸な母は末恐ろしいよ




大手酒造メーカーはこぞってコンピューター化が進む中、
こちらの酒蔵では昔ながらの道具と杜氏さんの経験と腕で
酒造りが行われています。

これは【槽(ふね)】 昔ながらの圧搾機です。
これで搾って、お酒と酒かすに分かれるんですね。




そしてそして
こちらが、うちの旦那さん超おすすめのにごり『源氏の夢』(左)
私は授乳中で飲めませんが、今年もい〜感じの出来だそうです。



この道60年になる、但馬杜氏の武田さん

近年の急激な温暖化は、杜氏泣かせでは?とお伺いしたところ・・・
どんな条件でも美味しいお酒をつくるのが杜氏の腕の見せ所だと
満面の笑みでおっしゃいました。


日頃生活している中でついつい、

時間がないから・・・
もう年齢が若くないから・・・
環境が悪かったから・・・

理由をつけてしまうことはよくあります。
でも、考えてみると制限のない生活なんて現代にはなく、
制限を言い訳にするのか、越えるべき良きハードルにするのかで
成し得ることが大きくかわってくるのだと思います。



*******************************
  
ゴスペルブログ村  マタニティブログ村


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:JUNKO
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる

三十路半ばにして
待望の長女を授かり出産

育児をしながら
大阪で5つのゴスペルクワイヤー
のディレクターを務める。
そんなJUNKOの奮闘日記

E-mail:
utameguri@gmail.com