【 更新情報 】

スポンサード リンク

ご祝儀袋の書き方 夫婦連名の場合

祝儀袋の書き方は、上段に「御祝」(結婚式なら「御結婚御祝」など)、下段に自分の名前、と覚えてしまえば、別に難しいものではありません。
ただちょっと悩んでしまうのが、夫婦や友人など「連名」のケースではないでしょうか。

まず是か否かでいうと、連名でご祝儀を送るのはアリです。
例えば夫婦で結婚式に主席する場合などは、ご祝儀もふたり分になりますが、ご祝儀袋はまとめていいんです。

夫婦連名の書き方は、中央に姓を書き、その下に夫(右)・妻(左)の名前をバランスよく並べて書きます。
金額は4万円でも6万円でも縁起が悪いので、間をとった5万円が妥当。

また友人同士3名で贈りたいという場合には、年長者順もしくは五十音順で、中央から左側に向けて書いていきます。
通常、ご祝儀袋の表に連名で書くのは3名まで。4名以上の場合は見苦しくなるので、中央に代表者の氏名を書き、その左側に「他一同」と添えればOKです。

全員の名前は、別紙に書いて中包みに同封すると良いでしょう。

ご祝儀袋の書き方 金額と中袋

祝儀袋を用意するときには、書き方やマナーなど、いくつかの決まりがあります。
そもそもご祝儀袋に包む金額ですが、友人や同僚の場合は2〜3万円が目安。

以前は偶数は割り切れるので縁起が悪いとされていましたが、最近は「ペア=夫婦」に通じることから「2」はアリになってきているようですね。
2万円を包む場合、気になるようなら、1万円札1枚+5千円札2枚にして、枚数が奇数になるようにしても良いようです。

さてご祝儀袋の書き方ですが、表書きの上段には結婚式なら「御結婚御祝」、ほかに「寿」「御祝」などと書きます。下段は、自分(贈る側)の名前を書いてください。
中袋には、金額(タテ書きの場合は旧字)と住所氏名を記入します。

なかには何も記入していない人もいるようですが、あとで新郎新婦が整理する際に、中のお金を抜いてしまうと贈り主や金額がわからなくなってしまうおそれがあります。

また住所が書かれていると、お返しリストの管理の際にとても役に立ちますので、相手に面倒をかけないためにも中袋にはきちんと記入しましょう。

はじめてだと戸惑うかもしれませんが、慣れてみれば決して難しいものではありません。
書き方ばかりを気にして堅苦しく考えるのではなく、しきたりを楽しむくらいの気持ちでいきましょうね。

結婚式のご祝儀袋の書き方

祝儀袋の書き方って、簡単なようでいて「あれっ?これはどうするんだっけ?」と思うことが多々あります。
そもそも書き方以前に、きちんと覚えておきたいマナーが色々あるので、結婚式の場合を例にちょっとまとめてみました。

まずお祝い金の額は、友人や同僚なら2〜3万円が相場。新札を用意しましょう。
ご祝儀袋だけ豪華になりすぎないように、金額に見合ったものを選んでくださいね。

さていよいよ書き方ですが、表書きには、上段に「寿」「御結婚御祝」など(たいていは、ご祝儀袋を買うとあらかじめ印刷されています)、下段に贈る人(つまり自分)の名前を筆、筆ペン、サインペンなどで書きます。

中袋には、金額と贈る人の住所・氏名を記入してください。金額がタテ書きの場合は、「金壱萬円」といった具合に旧漢字で書きます。
本来は、結婚式前の吉日に持参していたそうですが、今は結婚式当日に受付で渡すのが普通になってますよね。当日は、袱紗に包んで持参するのがマナーです。

ご祝儀袋を買ったときのセロハン袋にも、ふさわしい金額や書き方などおおまかなところは書いてありますので、参考にしてくださいね。
P R
カテゴリアーカイブ