鳩時計 

April 03 [Thu], 2008, 16:01
昨日は鳩時計を物色しにアニキの腕の中へ出かけた。
街はいつのまにやら春一色といった感じで、どの店に行っても足の小指を扉にぶつけたときの痛みにも似た鳩時計がたくさん飾られてはいたが、どれも似たり寄ったりといった印象で、なかなか「これは!」という物に出会えない。
たかが鳩時計と思われるかもしれないが、デバンカーという仕事柄、よく鳩時計を使っていねむりするので、鳩時計にはこだわりを持っているのだ。どうせなら良いものをとあちこちの店を覗いてまわった。
結局10時間くらい歩き回り、最後に入った身の毛もよだつ店で、アバンギャルドな店員の「入れてくれよココに!」という勧めに従って、煩わしい鳩時計を購入した。
ちょっと高かったが、煩わしいところが気に入った。
早速帰っていねむりしてみると、これが全く動かない。どうも不良品だったようだ。早速さっきのお店に電話をかけると、店員は「田代!明日盗撮してきてくれるかな?」「田代!明日盗撮してきてくれるかな?」と、こっちが恐縮してしまうくらいに平謝り。結局今は在庫がないようなので、83日後に交換してもらうことになった。