【 更新情報 】

スポンサードリンク

サンヨーゴリラの盗難対策

サンヨーのゴリラに関して、唯一にして最大のデメリットをここでお伝えしておかなければなりません。これはミニゴリラでも同じです。ポータブルの宿命というべきところなんですが、盗難の恐れがある、ということです。サンヨーのゴリラ、ミニゴリラは非常に人気が高い商品のため、中古パーツ店に持っていくと結構高い値段で売れるんです。実際に私の友人が2人、ゴリラを盗まれました。手口としては、パチンコ屋の立体駐車場にクルマを止めておいたところ、運転席側の窓ガラスをハンマーのようなもので叩き割られ、一式ごっそり盗まれた、というものです。しかもトランクにはゴリラを買った時の空き箱がそっくりそのまま残っていたので、それまで持って行かれました。確かに売る時は箱があった方が新品状態に近いのでかなり高く売れるんですよね。もう1人はマンションの外の駐車場に止めているクルマから同じく運転席の窓ガラスを割られて盗まれました。警察の話しだと、ポータブルの車載機器を専門に狙っている集団がいる、という話しでした。対策としては、クルマを離れる時はゴリラを取り外しておく、というのがベストですが、手間を考えるとそれは現実的じゃないですよね。防犯装置をクルマに取り付けるのが1番だと思います。振動を感知するとサイレンが鳴るようなやつですね。それはコストがかかるからちょっと・・・という人は、見た目だけ防犯装置のように見えるもの(ソーラーパワーで赤いLEDが点滅するようなもの)がカー用品店に売ってますので、そういうものだけでも抑止効果はあると思います。大切なゴリラを取られないように十分対策をしておきましょう。

サンヨーのゴリラを新品で買うなら

サンヨーのゴリラを「新品で」どこで買うのが1番安いのか、と考えた時、1番安いのはオートバックスやオートウエーブ、ドライバーズスタンドといったカー用品店の台数制限のセールかな、と思います。先日はミニゴリラが10台限りで29800円という値段で販売されていました。狙っている人はひたすら新聞広告をチェックするのがいいと思います。カー用品店の広告は大体土曜日の朝刊に入ると思いますが、台数制限つきの商品、特にカーナビやオーディオなどは早く行かないと無くなってしまいます。開店前にお店に行くくらいでないとダメです。中でもとりわけサンヨーのゴリラやミニゴリラは人気がありますので、値段によってはあっという間に無くなります。通常販売時に購入するなら、ダメ元で値引き交渉してみましょう。他店でもっと安い値段でゴリラが売られていた場合、その値段まで落としてくれる可能性は結構高いです。しかしこれは型落ちのゴリラに限ります。最新型のゴリラは黙ってても売れますので、店側も強気で、中々値下げをしませんからね。あと意外な穴場が、カー用品を扱っているディスカウントストアです。トンキホーテやミスターマックスといったお店がそれに当たります。これらのお店ではカー用品の数はそれほど多く扱ってはいませんが、たまにカー用品店顔負けの値引きを行っている場合があります。ここは結構狙い目になりますので、自宅のそばにこういうお店がある方は目を光らせておいて下さい。

サンヨーゴリラを中古パーツ店で購入する

カーナビを後付けでご購入される方は、新品のカーナビだけではなくぜひ中古のカーナビの購入も検討して頂きたいと思います。最近はちょっとした大きさの都市であれば中古パーツ店があると思います。中古というとあまりいいイメージを持たない方もいらっしゃると思いますが、きれいに磨いてありますし、故障しているものは店頭に出ませんので(ジャンク品は別)新品を買うのとに比べて違和感なく購入する事が出来ると思います。魅力的なのはやはりその価格で、例えば先ほどご紹介したサンヨーのゴリラであれば、1年〜2年前のモデルがフルセットで2万円程度の値段で購入出来ます。中古パーツ店にはカーナビだけではなくカーオーディオなどもありますので、みんなまとめて揃えてしまうのも1つの手でしょう。中古パーツ店では買い取りも行っていますので、手持ちの古いパーツを全て売り払ってカーナビを購入して帰る、という事も出来ます。実は私は中古で買った車についていたインダッシュのカーナビを売って、安いカーオーディオとサンヨーのミニゴリラを購入しました。インダッシュのカーナビを売ったお金でお釣りがきました。必要なものを最小限の出費でそろえてしまう、これが楽しいカーライフを過ごすコツかもしれません。

オンダッシュかインダッシュか

オンダッシュか、インダッシュかはそれぞれ好きな方をご購入されればいいと思いますが、私はオンダッシュをオススメします。オンダッシュであれば大抵の商品がポータブルですので、複数の車で1台のカーナビを使う事が可能です。普段は自分の車につけておき、両親がドライブに行くときは外して両親の車につけてあげる、なんて事が可能です。もちろん車を乗り換える時もカーナビを簡単に載せ換える事が出来ます。カーナビに求めるものは挙げていったらキリがありませんが、「目的地までナビゲートして欲しい」という基本性能だけであれば1番安い3万円台のオンダッシュのカーナビで十分です。この価格帯で1番オススメなのはサンヨーのゴリラです。ゴリラはミニゴリラやデカゴリラなど実に様々なラインナップがありますが、自分の予算に合わせて選べばいいと思います。個人的にはワンセグ対応のものをオススメしますけどね。ゴリラ以外であればソニーのNVシリーズか、パナソニックのCNシリーズの安いものがいいですね。ソニーもパナソニックも4万〜5万くらいの値段で購入出来ます。まとめますと、オンダッシュでサンヨー、ソニー、パナソニックの3万〜5万の商品を選んでおけば無難、という事ですね。ちなみにインダッシュとオンダッシュの大きな差の1つに「視線移動の大きさ」があります。インダッシュよりオンダッシュの方が視線移動は小さく、安全に運転出来ると思います。インダッシュはどうしても視点が下に下がりがちです。

サンヨーゴリラで快適なカーライフを

カーナビは今や車についていて当たり前のアイテムになりましたね。エアバックやABSがついていない車でも、カーナビだけは後で買ってつける、なんていう若い人もかなり多いようです。中古車を買う場合であっても、カーナビつきの車はすぐに売れてしまう傾向にあり、価格も数万円たかくなっています。安全装備と快適装備のどちらを優先するか、中々悩ましい問題ではあるのですが、カーナビがあると実に快適にドライブが出来るのもまた事実です。カーナビがついていない車を買った場合には後からつける、という形になります。こういった場合に果たしてどのカーナビを買えばいいのか、悩んでしまいますよね。まず「オンダッシュ」か「インダッシュ」かを決めなくてはなりません。オンダッシュとは、ダッシュボードの上にカーナビをのせるタイプです。インダッシュとはダッシュボードにはめ込むタイプになります。インダッシュの場合はあまりに古い車の場合は入らないものもあるので注意が必要です。性能的にはどちらが高性能、と一概には言えませんが、一般的にはインダッシュの方が高性能のものが多いように思います。逆にオンダッシュは非常に安い値段で購入出来るものが多いですね。s
P R