【 更新情報 】

スポンサード リンク

お金と不祝儀袋

ご霊前などお香典のし袋に入れるお札は基本的には新札を使わないというのが、通常一般的に習慣として古くから言われています。実際のところはこだわらないというのが昨今の風潮かも知れません。

但し遺族の中には必ず年配者はいるものです。特別なことがない限りこれらは旧習に従っておいたほうが良いと思われます。ということから新札しか持ち合わせがない場合でも少し折り目をつけるなどしてご霊前を準備しておくと良いでしょう。反対にあまりにしわしわのお札でご霊前を用意するというのも考えものですから常識的に行なってください。


宗教でもキリスト教式の場合にはご霊前の他お花料などの表書きとなります。のし袋でユリの花や十字架などの絵が描かれた不祝儀袋はキリスト教式用のものとなります。一方、神式ではご霊前、お玉串料、御榊料の表書きで、無地の熨斗袋を使い、白黒または双銀の水引きなどを使います。

ご霊前を供える前に会葬者の名前を熨斗袋の下段に氏名を書きます。夫婦の場合には連名でも夫の名前だけでも構いません。縁の深さによって判断をします。夫の代理で出席する場合には 内という言葉を書き添えておきます。会社上司の代理の場合には代としてご霊前を書きます。

ご霊前の目安の一例

実際のご霊前お香典の金額の目安はというと、様々なところで調査したりして提示しているところもありますから、関係性によって金額の目安を記します。

20歳代のあなたのご霊前目安(単位:円)

勤務先の上司      5,000
その家族       3,000〜5,000
勤務先の社員や同僚  5,000
その家族       3,000〜5,000
祖父母        10,000
両親          30,000〜100,000
兄弟・姉妹       30,000〜50,000
おじ・おば       10,000
友人・知人        5,000
隣近所          3,000〜5,000

40歳代のあなたのご霊前目安(単位:円)

勤務先の上司     10,000〜
その家族        5,000〜10,000
勤務先の社員や同僚   10,000〜
その家族        3,000〜10,000
祖父母         30,000〜50,000
両親          50,000〜100,000
兄弟・姉妹       50,000
おじ・おば      10,000〜30,000
友人・知人       5,000〜10,000
隣近所         3,000〜10,000
仲人         10,000〜

ご霊前金額相場

ご霊前つまりお香典の相場とうものは存在するのか、多くの方が悩むところのようです。基本的にはお香典ご霊前の金額相場については特に定められたものはありません。

ただ地域や風習しきたりによって長い間かけてつくられてきた習慣的なものと現代の経済的なお金の価値等があいまって目安としているご霊前金額はあるようです。

ご霊前お香典の金額は、もちろん亡くなった人とのおつき合いの深さや、贈り側の年齢及び経済的なところによって異なります。一方では地域的にも兄弟関係、親子関係など親戚血縁者同士の目安というものは存在しているものもありそうです。

特に古くから歴史を積み上げてきた地方や一族等々、金額については社会的な常識として残っていると言うことはありそうです。

親戚の中でも孫がご霊前お香典を出すか否か、扶養されているされていないという違いなど実態にあわせて考えるしかないようなところもあります。このことも実態にあわせて金額を決めていくしかないようです。

香典はご霊前四十九日まで

お香典は通常では、お通夜または葬式、告別式のいずれかに持参するのが基本です。市販もされている不祝儀袋つまりのし袋で、ご霊前と表書きされているのをお店などでよく見かけます。

熨斗袋というのは、厳密に言うと宗教によってもその形式は異なるそうです。本来宗教にあわせた表書きを記すのが本来の姿でもあります。

蓮の花の絵が入っているのし袋を見かけたこともあると思いますが、本来これは仏教でしか通用しません。しかしご霊前という表書きであれば問題がないそうです。ご霊前はお香典だけではなくお供え物、例えばお酒とかお菓子等のお供物でも使用することができます。

つまり本来の意味は亡くなった人の霊の前に捧げるという意味があるようです。ご霊前という表書きを使用できるのは原則的には四十九日法要までで、それ以降は霊から仏様になっているというっことでご霊前ではなくご仏前という事になります。

熨斗書き方のご霊前

ご霊前というのはお通夜葬儀や告別式でお香典を持参する時に使う不祝儀袋の熨斗袋の表書きです。もちろん法要法事の際にもご霊前は使用します。

ご霊前という表書きは宗教宗派は問わないそうで,突然の訃報で喪家の宗教がわからない場合にはこのご霊前を使えば安心です。基本的なご霊前に関する常識やそのマナーについて知っておくと安心です。

亡くなった人の霊前に捧げるのがご霊前ですけれども、それは表書きであり基本的にはお香典です。お香典とは香典、文字通り死者に対して香の物を供える、香りをお送りするということのようです。

それは死者ですから、食することができないという意味もあるようです。一方では葬儀を出すにあたってその費用の一部を負担するという互恵の意味もあります。ご霊前 お香典によって線香や抹香 お花代をまかなってもらうということにもつながっています。
P R
カテゴリアーカイブ