ボディ・チェンジ (ストーリー・パート1) 

August 14 [Sat], 2010, 13:15
なんとかしなければ・・・・・ マホは頭の中でガンガン焦っていた。

このままじゃ、もう 私の人生終わってしまう。

マホは 実年齢56才というのっぴきならない老齢予備軍に入っていたというのに、
気持ち年齢は あの時のあの年、そう、まだ 38才のままだった。

 最後の給与明細を握り締めては鏡を見る、今日は朝から何度もその繰り返しだった。

 お金さえあればなんとかなる、よくそういう人がいるが、それは違う!と思っていた。
 お金を生み出す知恵なり、運なり、能力なくしては ある とは言えないと思っていた。
 だが、今の自分、何の資格能力もなく、若さも美貌も元気もない。
 そう、目の前の鏡に映るのは よく知ってはいるが、妙に老けたもう一人?の自分。

 もう、こんな年になっていたのか。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:gooseminn
読者になる
宇宙暦3億年?地球暦300年?も生きてる妖怪。年齢は50代で、精神年齢はかなり低め。
外見上は 年齢不詳らしい。。

感性派。 甘党。 ゆるキャラ好み。 

ブログの作り方まだマスターしていないので、不十分ブログこの上なく、お許しを。
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる