カードローンに関する知識について

November 25 [Tue], 2014, 19:57
カードローンの特徴などには、金利が低い事などに定評がある、銀行系などのカードローンなどと、

比較的にどなたでも審査を通りやすい、消費者金融業者などが実施している、代表的な2種類ものカードローンなどがございます。

消費者金融業者が行っている、カードローンとは、銀行系のものよりも、明らかに金利が高く設定されている特徴などがありますが、

その反面として、銀行系のカードローンを受ける為には、審査に掛かってしまう時間などが、とても長くなるなどのデメリットなどがございます。

銀行系のカードローンの審査などでは、雑誌やインターネットのサイトなどに、掲載されている広告などで、審査に要する日数などに、

何日掛かるとの文章などが、大きくピックアップされて掲げられている、非常にインパクトなどがある広告などを、頻繁に見掛ける事などが多いかと思われます。

この数字とは、銀行系に属する金融業者などが予め想定している、最も審査が短く、特に問題などなくて、スムーズに終了した場合などでの、

大体の目安として掲げられている、大まかな日にちにでもあるので、その事などを充分に認識しておく事などが、肝心なのかとも言えます。

それぞれの金融会社などでは、申請した人自身に、何らかの信用問題などや、過去に利用した金融業者との間に、トラブルを起こしてしまっている記録などが、はっきりと見付かって、確認する事が出来た場合では、審査に要する期間などが、非常に長くなってしまう場合などがあり、家族にバレにくい カードローン

申請した本人のキャッシングや、カードローンなどの取引内容などに、重大な過失などが発覚してしまった場合では、まずカードローンサービスを提供してもらえない、確率の割合の方などが、かなり大きくなってしまう事などがあるようです。





専業主婦の友だちが毎月お金を借りにくる

November 16 [Sun], 2014, 13:45
私には専業主婦の友だちがいます。
彼女は月の半ばになると、申し訳なさそうにして私の家にやって来ます。

彼女の表情から、私も用件の見当が付きます。

「本当に言いにくいことなんだけど……」
そう、やっぱり借金の話です。
彼女は毎月、私にお金を借りに来るのです。
私も心得たもので、引き出しから封筒を出して彼女に渡します。
彼女は両手でありがたそうに受け取って、バッグにしまいます。
しばらく居心地が悪そうにしている彼女ですが、
私が話を振ると乗ってきて、
お金のやりとりがあったことが嘘のように談笑します。
そして彼女は十五分ほど話して、すっと帰って行くのです。
薄情に見えますが、彼女には早く家に帰らねばならない理由があります。

彼女が借金を返しに来るのは、翌月のはじめ。
ちょうど旦那さんの給料日の直後です。

どうして彼女が借金をしなければならないのか。
それは旦那さんに貯金が一切ないからです。
正確に言うと、貯金はしていたのですが、
旦那さんが隠れてしていた借金の返済に消えました。


彼女は現在、姑の介護をしていて仕事に出られません。
いずれは働きたいそうです。

旦那さんのお給料の範囲内で、姑のオムツ代から子どもの給食費まで賄っていますが、
ちょうど月の半ばに足らなくなるそうです。

旦那さんの借金事件のことを聞くと、
彼女のことが不憫に思え、30万円 借りる
私はお金を貸してしまいます。


今度彼女が来たら、言ってあげようと思います。
「無理に毎月返しに来なくていい。余裕が出てきたら返してよ。」
って。



お金を借りるときには金利に注意

November 04 [Tue], 2014, 12:36
日本人はお金を借りることに抵抗がある人が多いですが、生活をしてれば急にまとまったお金が必要になることだってあります。
お金を借りるというと、不安に思われることもあるかもしれませんが実際のところ正しくキャッシングさえすれば毎月の支払いに追われることはまずありません。
まず、お金を借りるのですから金利がかかります。
お金を借りた際にかかるお金のレンタル料だと思ってもらえばOKです。ビデオなどのレンタルと同じで、返すまでに時間がかかればその分お金がかさんでしまいます。
お金を返済するときには借りた金額だけでなく、そのお金「元金」にかかる金利も支払わなければなりません。
返済を楽にしたいのなら、自分にぴったりのキャッシング会社を選ぶべきです。会社によって金利が違うので大きな金額を借りれば借りるほど金利の差は大きくなります。
また、返済にかかる時間がながければ長いほど、2014年 カードローン おすすめ金利が増えていきます。
たとえば金利15パーセントで100万円を1年かけて返済する場合は115万円を支払わなければなりません。なので、できるなら返済にかける時間は短いほうがいいでしょう。
会社によっては余裕がある月は返済額を多くすることもできるのでおススメです。
ただ、お金を借りるときにどれだけ金利がかかるかはしっかりと計算しておきましょう。法律ではお金を借りた際に返済しなければいけない金額は20パーセント以内と定められているので、その指定金利額を超えるような会社からは借り入れしないようにしましょう。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SRV33
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
金利差
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/goooriiinn/index1_0.rdf