睡眠とマットレスの関係

December 07 [Wed], 2016, 9:11
睡眠科学は、ほんの100年ほど前に黎明を迎え、ドィツの精神科医ハンス.ベルガーの脳波の発見により発展し、この20〜30年間に急速に進歩しています。その結果、科学的に次のようなことがわかり始めました。@人は、活動するために疲れた脳や体を休ませ、心身のストレスを解消するために眠る。Aまた、脳に入ってきたさまざまな情報を整理して、記憶としてとどめておくために眠る。Bさらに、睡眠が不足すると免疫力が低下して重大な病気を引き起こす。睡眠のメカニズムや人体,脳に対する睡眠の役割を解き明かすと共に、深夜勤務のシフトワーカー、資格試験に挑むビジネスマン、受験に追われる学生のための睡眠術や、不眠に悩む人のための睡眠環境を解説しています。現代は24時間社会と言われるように、なかなか眠れず、日常生活に支障を来す人が多くなっています。睡眠障害を訴え入院する人は、以前に比べ、2〜3倍増という状況です。そんな睡眠障害の人が最後に使うのがやはりマットレスです。睡眠障害の人が自分に合ったマットレスを見つけられれば睡眠環境が一気に改善します。そうすれば、朝までゆっくり眠れるようになり、健康は回復されるのです。そのためにはまず人気のマットレスを選ぶことから始めるべきでしょう。インターネット通販などで売れている人気のマットレスを買えば、多くの人が睡眠障害を改善できるはずです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:google
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/google128/index1_0.rdf