センセイの鞄

November 01 [Fri], 2013, 14:44
この単行本を買ったのは先月

3冊纏め買いした時の1冊でした

最初に読んでいた本が長編(しかも時代モノ)だったので

「センセイの鞄」を読み始めたのは3日前のこと

3日前から私は恋をしています

正確には2日前からでしょうか

恋い慕う気持ちが芽生えたのはそう・・・

2日前からです

親子ほども年の離れた「ツキコさん」と「センセイ」の

短い恋のお話です

現実にはありそうもないストーリーですが

私はこの「センセイ」に恋をしました

でも「ツキコ」さんが嫌いなわけじゃありません

むしろ自分の中では好ましい女性の一人です

「センセイ」が好きになった女性が

「ツキコ」さんで良かったとさえ思います

「ツキコ」さんだから「センセイ」は好きになったのです

不器用な二人のやり取りは

心和む時間の繰り返しでした

いつどんな風に二人の心に

「そういう気持ち」が芽生えていったのか・・・

読んでいてとても穏やかだなと感じていました

そして「センセイ」の亡くなった元奥さんも

凄く魅力的な女性で

「センセイ」が元奥さんの呪縛から解き放たれて

心が「ツキコさん」に向かっていく様子は

とても真面目で紳士的で

ああ私は「センセイ」が好きになった

と思った瞬間でした

しんと静まり返った秋の夜

恋しながら本を読むのはステキですね

TV映画になっているみたいですが

レビューを見て、キャストを見て

絶対コレは見ない!

と心に誓ったのでした・・・

決心は固いか仮性ほうけい格安だからね〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モモン
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/goog456/index1_0.rdf